【ほむら】「あれから10年か…」

提供: SS-Wiki
移動: 案内検索
【ほむら】「あれから10年か…」
二次創作SS
原作 魔法少女まどか☆マギカ
ジャンル 現行スレ
地の文 あり
検索ワード スレタイ
備考 NIP
まとめ VIPService

【ほむら】「あれから10年か…」SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)板にあるSSスレッド。 スレ立ては2011/11/27(最終回放送後)なのでネタバレなどを気にする人は留意してください。


目次

[編集] 前説

     誰かが言った―――『希望』と『絶望』は互いにバランスを取り合い、差し引きゼロであると

       『希望』を求めるだけ『絶望』は生まれる―――どちらかが勝る事などありはしない


      かつて―――願った『希望』の代償として生まれる『絶望』に苦しみ続ける少女達がいた

         しかし―――1人の少女の『希望』の力によって―――それらは打ち消される

          世界は創り変えられた―――少女自らが彼女達の『希望』となることで

  彼女達が自分の願った奇跡によって『絶望』しないように―――『希望』を『絶望』で終わらせないように

           この世界では―――少女達が『絶望』に飲み込まれることはない


               それでも―――世界には『絶望』が生まれ続ける

         誰かが『希望』を抱く分だけ―――同じくらい何処かで『絶望』が生まれる

               光を照らせば―――そこに影が生まれるように――――――


               『希望』と『絶望』―――どちらかが勝ることなどない

               どちらかが打ち消されることなど―――ありはしない

[編集] ☆あらすじ★

『鹿目まどか』という存在が世界から消えて10年。暁美ほむらは未だに戦い続けていた。
10年前と変わらぬ姿のまま、彼女が護ろうとした世界を守るために――


ある朝、少年は誰かに叩き起こされる。その声は、知らない筈の懐かしい声。
そんな中、少年は徐に呟く。子供の頃から、頭から離れない名前を。

「…まどか」

その少年の名は、『鹿目タツヤ』といった。


魔法少女まどか☆マギカ~After Ten Years of History~


それは、『希望』を未来へと繋ぐ物語――――

[編集] ☆主要人物★

「あなたは、『まどか』のことを知っているんですか?」

鹿目 タツヤ
この物語の主人公。見滝原中学1年生、13歳。身長163cm。
母親似で勝気な性格だが、根は優しい少年。
運動神経は良い方。反面、頭はあまりよくないが、母親譲りなのか勘が鋭い。
知らないはずの「まどか」という名前がずっと気になっている。
初期属性魔術:なし 追加習得魔術:なし
初期魔術:0 追加魔術:0 攻撃力:0 防御力:0 スピード:0 持久力:0


「どうして私が、私だけが生き残ってるの・・・」

暁美 ほむら
この物語のもう1人の主人公。24歳。身長156cm。胸h(パキューン
10年経った今でも魔法少女として、見滝原市の魔獣と戦い続けている。
容姿が中学生の頃と変わっておらず、年よりも幼く見られがち。
初期属性魔術:侵食 追加習得魔術:???
初期魔術:4 追加魔術:? 攻撃力:3 防御力:4 スピード:4 持久力:3


まどか
NO DATA



千歳 ゆま
ほむらと同じ魔法少女。白女高等部2年生、17歳。身長164cm。胸のサイズはDcup
幼少期より髪の毛を伸ばし、ポニーテールに髪型を変えた。杏子の髪留めを常に持ち歩いている。
初期属性魔術:治癒 追加習得魔術:幻惑(弱)
初期魔術:4 追加魔術:3 攻撃力:5 防御力:2 スピード:2 持久力:4


美国 織莉子
(元)魔法少女。25歳。身長167cm。
現在は詢子の会社で社長専属秘書を務めている。
セミロングの長さまで髪を切り、仕事中は邪魔にならないようにヘアゴムで縛っている。
あと巨乳
初期属性魔術:予知 追加習得魔術:???
初期魔術:5 追加魔術:? 攻撃力:? 防御力:? スピード:? 持久力:?


「君は一体何者なんだい?何で僕のことが見えてるんだい?」

キュゥべえ(別名:インキュベーター)
魔法少女の傍に居る白い生き物、もとい珍獣。
全ての問題においての黒幕だった以前と比べ、魔法少女との関係は良好の様子。
自分の事が見えているタツヤのことを不思議に思っている。

[編集] ☆サブキャラクター★

板垣 大輔
オリジナルキャラクター。13歳。身長170cm。
タツヤの友人。リーゼントヘアーがトレードマークの(自称)漢の中の漢。
運動神経が良く頭が悪い。いわば脳筋。何故か恭介を尊敬している。


「僕の腕が治らなければ・・・君はいなくならなかったんじゃないかって・・・」

上条 恭介
タツヤが時折世話になっている年上のお兄さん的存在。24歳。身長176cm。
日本を代表するヴァイオリニストに成長し、現在は世界中の演奏家と共に各国でコンサートを開いている。
志筑仁美と婚約関係にあり、現在同棲中である。


「私は・・・幸せになって良いんでしょうか・・・」

志筑 仁美
恭介と同じく、タツヤが時折世話になっている年上のお姉さん。24歳。身長165cm。
良家のお嬢様だったが、現在は家を出て見滝原市で花屋を営んでいる。
上条恭介と婚約関係にあり、現在同棲中である。


中沢
恭介の友人。仁美との仲を取り持つため、何かと奮闘してくれている。
現在は織莉子同様、詢子の会社で働いており、ミスをしては詢子に怒られる日々を送っている。
因みに織莉子に恋心を抱いているらしい。中沢のくせに生意気だ


立花 宗一郎
あすなろ市の喫茶店『レパ マチュカ』の店長兼シェフ。37歳。身長178cm。
ほむらが魔法少女だと知っている数少ない人物の1人であり、彼女を自分の店で働かせている。
普段はクールで無表情だが、基本的に優しい人でほむらの良き理解者である。


立花 美佐子
旧姓石島、宗一郎の妻。39歳。身長160cm。
元々警察官だったが、結婚を機に退職。現在は宗一郎の店で働いている。
宗一郎同様、ほむらが魔法少女だと知っていて、何かと世話を焼いてくれている。


早乙女 和子
見滝原中学の教師で、詢子の古い友人。
独身


鹿目 詢子
タツヤの母親。現在は会社の社長を務める。
経理のハゲは毟ったらしい


鹿目 知久
タツヤの父親。主夫。
いつでもタツヤの事を見守っている優しいお父さん。 
ただし、怒ると相当怖い。詢子でも手が付けられないレベル。

[編集] ☆その他(かつての魔法少女達)★

美樹さやか
???


巴 マミ
???


佐倉 杏子
???


呉 キリカ
???


[編集] ☆各話リスト★(反転であらすじが読めます)

第0話「あれから10年...」

見滝原中学の入学式当日、鹿目タツヤは誰かに叩き起されるような夢を見る…それは、知らない筈の懐かしい声。 タツヤは気になっていた・・・『まどか』という、子供の頃から・・・頭から離れない名前を。 放課後、タツヤは偶然訪れた河川敷で『まどか』の落書きをしていると、黒髪を赤リボンで装飾した女性と出会う。彼女は『まどか』の事を知っているかのようだった。 そして夜、お使いのため外に出るとタツヤは不気味な霧に飲み込まれ、謎の化物の襲撃を受ける。 大怪我を負い意識が朦朧とする中、タツヤが見たものは・・・不思議な衣装を身に纏い、自分を助けるようにして化物に立ち向かう河川敷で会った女性の姿だった

第1章『再会の物語』

第1話「わたしの、最高の友達」

謎の化物による襲撃で、瀕死状態になったタツヤだが不思議な夢から目が覚めると、その時受けた筈の傷が全て消えていた。 そんな中、タツヤはまどかの事を知っている素振りを見せ、自分を助けてくれた河川敷の女性を探すが、見つけることができず途方にくれる。 しかし、タツヤは謎の喋る白い生き物「インキュベーター(キュウべえ)」と出会い、河川敷で出会った女性「暁美ほむら」と再会することになる。 彼女はまどかのことを「彼女は私の最高の友達」と答えるだけだった。

第2話「それぞれが歩んだ、それぞれの道」

タツヤは帰り道で出会った『魔法少女』千歳ゆまによって、魔法少女のことやソウルジェムのことを聞かされ魔獣退治に付き合わされる事に。 魔獣との戦いの際、襲われそうになったタツヤは自分でも気付かないうちに不思議な力を発動させる。 途中から合流した暁美ほむらは、それがかつての『まどか』の魔法であったことに困惑するも、キュゥべえによる追求からタツヤを逃がした。 一方、元魔法少女で現在はタツヤの母・詢子の下で働く美国織莉子は、キュゥべえによって今見滝原周辺で起きている奇妙な現象について知らされるのであった。

第3話「奇跡と魔法と、その代償」

キュゥべえによって魔法少女システムの概要を聞かされたタツヤは、ゆまの過去を知り彼女への認識を改めることに。 一方、ほむらは仕事場のレパ マチュカで立花夫婦に言われた事がきっかけで、仲間がいない寂しさを再認識する。 休日にタツヤに会うとほむらは昔のことを思い出し彼にある事を忠告しつつも、不思議な力を持つタツヤが平和に暮らせるよう『まどか』に願った。 その日の夜、上条家の中学入学お祝いパーティーにお呼ばれしたタツヤは恭介の幼馴染・美樹さやかの存在を知る。 その後、恭介からお祝いの演奏をプレゼントされるが、不思議な感覚に囚われた後、突然頭痛に襲われてしまい演奏は中止になってしまう。 翌日、タツヤは和子に昔ほむらが関わったとされる見滝原での行方不明事件のことを聞かされるのだった。そして、その頃ほむらはというと・・・。

第4話「犯した罪 科せられた罰」

第5話「強さはいつも心の中に」現在更新中


[編集] ☆現行スレ★

[編集] ☆過去スレ★