【製品版】コンマでまどか☆マギカ!【稼働開始】

提供: SS-Wiki
移動: 案内検索
【製品版】コンマでまどか☆マギカ!【稼働開始】
二次創作SS
原作 魔法少女まどか☆マギカ
ジャンル 安価スレ現行スレ
地の文 あり
検索ワード スレタイ
備考 NIP
まとめ コンマでまどか☆マギカ! @ ウィキ

【製品版】コンマでまどか☆マギカ!【稼働開始】SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)板にあるSSスレッド

スレ立ては2012/06/26(本編最終回放送後、おりこ☆マギカは2巻発売後、かずみ☆マギカは3巻発売中・雑誌掲載分は18話)なのでネタバレなどを気にする人は留意してください。

前作は【体験版】コンマでまどか☆マギカ!【バランス調整】

目次

[編集] あらすじ

>>1より引用

「やぁ、よく来たね」

「このスレはコンマスレだ。運命は君たちの手に委ねられている」

「君たちがどんな物語を描くのか……非常に興味深いね」


「さぁ、解き放ってご覧。ソレが君の――運命だ」

[編集] 登場人物

[編集] プレイヤーキャラクター

[編集] 鹿目まどか

【魔法少女まどか☆マギカ】の主人公

御存じ原作主人公 最初はさやか共々未契約 行動次第ではワルプルギスの夜が来る前に魔法少女になることも
戦闘に関しては、未契約状態では戦闘力は皆無、味方を鼓舞することしかできない
だが魔法少女になるとさすが主人公、魔法がかなり強力で、弱小な魔女ならオーバーキルできるほど
カリスマ(?)を備えており、体験版ではどのような相手とも友好を築いてきたが…?

【かずみ☆マギカ】でも見滝原にいたが、かなり早い段階で契約を行ってしまった
そして、たくさんの犠牲を払い、ワルプルギスの夜を討伐したものの…

【まどか☆マギカクロス】では一般人としてエンディングまで生き残った
エクスカリバー(CV子安)を比較的平気で扱うことができるという、とんでもない素質の持ち主であった

[編集] 暁美ほむら

【魔法少女まどか☆マギカ】の主人公

こちらもお馴染み、原作の裏主人公 まどかの契約を阻止しようと動いている
オペレーターとしては周回の経験によって看破判定の補正が高く優秀 また、援護攻撃も行う
時間停止を駆使する一方で、紙装甲なためかなり打たれ弱い
火力は低いものの、スキルのおかげで戦闘能力は十分
絶望耐性が非常に高く、魔女化はおろか、ソウルジェムの最大値が減ることもまずない
コミュ障なために心理が低いのはおなじみ 心理判定でブーストを行うのはステータス
そして、彼女の死は総じて終わりを意味している 彼女が死ぬと、もう世界は止まらない、戻らない

【かずみ☆マギカ】でも原作同様、まどかたちから疑惑の目を向けられている
ワルプルギスとの最終決戦にて、かずみの助言を受け容れ時間遡行を行った

【まどか☆マギカクロス】では、手芸部を占拠してMM部(魔法少女による魔女討伐部)を設立する
このほむらは何かとノリノリで、キョンは振り回されっ放しである だが、彼女の心の闇は、深かった
そして彼女はワルプルギスの夜を、誰も欠けることなく乗り越えることができた だが…

【まどか☆マギカオリジナル】では、アイギス(当時名無し)と遭遇し、魔法で操ったことで、自分の主だと認識されてしまう
彼女に『アイギス』という名前を与えたのも、ほむらである

[編集] 巴マミ

【魔法少女まどか☆マギカ】の追加主人公

御存じ見滝原のエースかつ、まどかたちの先輩
主人公の行動(あるいはコンマ値)によっては原作通り退場する
もし生き残ったとしても、ショックでしばらくはヘタレてしまう
そして展開次第では病ミさんになってしまい、味方を殺してしまうこともあるので注意
戦闘では、これまた御存じティロ・フィナーレを軸に戦闘を行う
ソウルジェム値は高いものの、ブースト値はやや高め
まどかとさやか、そして杏子には信頼を寄せているが、素性の知れない相手には冷たい

【かずみ☆マギカ】ではかずみらに冷たい態度を見せた
結局和解のないまま、カンナによって殺され、偽物とすり替えられた

【まどか☆マギカクロス】では魔法少女としてエンディングまで生き残った
因果の集中の影響か、ジョジョを思い起こさせるような発言・行動を多くした
彼女の力なくしては、エンディングにたどり着けなかったに違いない

【まどか☆マギカオリジナル】ではアイギスを引き取って、世話をしている
彼女が伊吹を連れ込んでも、少々戸惑ったものの、追い出そうとはしなかった
その後、原作通りお菓子の魔女戦にて首を食いちぎられるも、アイギスとほむらによって助けられる
彼女は生きている ……だが、彼女の心は死んだ アイギスは今、彼女を救う方法を探している

[編集] 美国織莉子

【魔法少女おりこ☆マギカ】の主人公 主人公や他の登場人物を導く、重要な役割を担っている人物
戦闘面では、味方キャラの位置を移動させる魔法を中心に戦う
オペレーターとしては相手ステータスを完全に看破するうえに補正がつく強力なキャラ
また、キリカの身に何かがあると激昂し、戦闘能力が跳ね上がる
持ち前のカリスマのおかげで友好をかなり築きやすい

【かずみ☆マギカ】では『黄昏の賢者』として見滝原の公園で占いをしていた
厨二な病をこじらせているかと思えば、シリアスな場面ではカリスマを発揮する
恐らく彼女が因果の集中点だったと思われる その影響か、救済の魔女の出現後も短い間ながら生存していた
最期までかずみを導き、救済の魔女によって『救済』されてしまった

【まどか☆マギカクロス】では一般人としてエンディングまで生き残った

[編集] かずみ

【魔法少女かずみ☆マギカ】の主人公

製品版として、最初に選択された主人公 まどか・ほむらが主人公ならば、彼女は裏主人公と言えよう
戦闘では移動力が高く、攻撃力が高いうえに体力が高い一方で、ブースト値もまた高く、防御力が低い
だが激昂状態になるとスキルも相まって、まどかに匹敵する異常なダメージを与えることが可能になる さすが主人公

【かずみ☆マギカ】では、開始早々あろうことか、ユウリを師匠にあおいでプレイアデス聖団に狙われることに
なぜか原作組との心理判定が非常に悪く、険悪な関係になっている 一方で、原作組以外の人物とはそこそこ関係がいい
ユウリを失い、真実を知り、たくさんの苦難に打ち克ち、最終的にワルプルギスの夜、そして救済の魔女を倒すに至った
だが、理は彼女を受け容れることができず、彼女は…

【まどか☆マギカクロス】では出現せず

[編集] 御崎海香

【魔法少女かずみ☆マギカ】の追加主人公

プレイアデス聖団の一員で、ベストセラー作家 印税で聖団の拠点である豪邸を建てるほど
戦闘では敵について解析する魔法を用い、他のメンバーを補助する
恐らく彼女一人では無力 他のメンバーがいない状況で戦闘を行なうのは自殺行為とも言えよう
詳しい性能については不明 ちなみに【かずみ☆マギカ】ではユウリに襲撃され敢え無く死亡した

【まどか☆マギカクロス】ではエピローグにて、彼女らしい人物がモブとして登場

[編集] 牧カオル

【魔法少女かずみ☆マギカ】の追加主人公

プレイアデス聖団の一員で、海香の建てた豪邸に海香、かずみと一緒に暮らしている
メンタルが強いうえに、姉御肌かつ常識人で、サキや海香よりも頼りになる
戦闘では願いによって得た身体能力を用いて、バリバリ肉弾戦を行う
詳しい性能については不明 ちなみに【かずみ☆マギカ】ではユウリの襲撃を一度は持ちこたえたものの、殺された

【まどか☆マギカクロス】では海香同様、エピローグにてモブ登場

[編集] 貴方

【魔法少女モバイル☆マギカ】の主人公

本家モバマギとは違い、内気ではない カードを使って戦う模様
>>1曰く、趣味はチェンジ(交代)合体(継承)

[編集] 『貴方』

【魔法少女まどか☆マギカクロス】の主人公(【モバイル☆マギカ】の貴方とは別と思われる)

いわゆるオリジナル主人公である メアリー・スーでもなんでもあり
『どこかで見たことがある姿』と示される通り、何かしらのキャラクターに似ている(勿論別作品)
無論、どこでも見たことのないようなトンデモ主人公にすることも可能
た だ し、頑張って良コンマと安価を取ったらの話ですが
また、ストーリークリア後は、サブキャラとして出てくることがある

[編集] アイギス

【魔法少女まどか☆マギカオリジナル】の主人公 元は高度な人工知能を備えたロボットだったが、QBと邂逅し、『人間になりたい』という願いの元、魔法少女になる
見滝原に来た際、ほむらに操られたことで、ほむらを自分の主だと勘違いしてしまう
なお、ほむら(スレ参加者ら)によって『アイギス』と命名されたため、今後はアイギスとして扱うものとする
現在はマミ宅に住まわせてもらっている マミ自身まんざらでもないようで、伊吹を連れ込んでも追い出そうとしなかった
スキルのため、絶望することや、魔女になることがない 耐久や俊敏は高い
心理が低いことと、何より魔法が一切使えないところが欠点 戦闘に関しては、ナノブレードを成長させればカバーできそうだ
他のストーリーでも、離れ小島にて姿を確認することができるが、突然襲い掛かってくることが多い
ナノブレードの真価は、彼女(?)のストーリーをクリアすることで発揮される
別世界でもほむらも自分の主だと認識できているようだが、一体なぜだろうか…

[編集] 『標識』

【魔法少女まどか☆マギカオリジナル】の追加主人公

未登場なため詳細は不明 もうどうにでもなれ

[編集] 記憶喪失の『貴方』

【魔法少女まどか☆マギカリバース】の主人公

未登場なため詳細は不明
一部行動が制限されるが、独自の行動コマンドがある


[編集] サブキャラクター

[編集] キュゥべえ

体験版同様、案内人を兼ねて登場 原作通りのQB
主人公の使用済みグリーフシードを回収してくれる
ルートによっては感情のようなものが垣間見れるが、本人はそれを否定している

[編集] 美樹さやか

お馴染み安定のさやか 初期状態は未契約だが、多くの場合、原作通り上条の治療のために契約をする
戦闘では中距離以外で優秀なキャラ スキルのおかげでさらに強力
また、ターン毎に自動回復がついているため、ターンによる減少で死ぬことはない
ソウルジェムの容量は大きめだが、安定の絶望耐性のおかげでどんどん減っていく
ひとみの行動によって、魔女化する可能性があるので注意が必要

【かずみ☆マギカ】ではかずみらをほむら同様縄張りを奪いに来た相手と判断したが、その後和解する
上条関連の話をするとデレてくれるちょろい女と判明した途端、仲が急速に良くなる
結局は、カンナにすり替えられた偽物のマミによって銃殺されてしまった
余談だが、一撃死技をことごとく回避するトンデモ補正を持っている(ほぼ偶然だが)

【まどか☆マギカクロス】では一般人としてエンディングまで生き残った
やはり、上条の治療を行えば契約は行われないと分かった

【まどか☆マギカオリジナル】にて、契約(願いは言わずもがな) 恐らく安定のさやかになると思われる

[編集] 佐倉杏子

風見野の魔法少女。最初はそこにいるのだが、途中で見滝原に来る
彼女の行動次第では、ゆまが契約し、彼女と同行する
主人公にあまり協力的でないのは彼女のスタンスだろうか
戦闘では平均的なステータスで、中距離に特化している
スキルのおかげで打たれ強いが、火力が低めで打ちが弱い
絶望耐性は高めで、まず死ぬことはないと思われる

【かずみ☆マギカ】では風見野にてかずみらと遭遇、敵対するもなんとか円満に
その後カンナに襲撃され、ゆまを目の前で殺されたショックで魔女化してしまった

【まどか☆マギカクロス】では魔法少女としてエンディングまで生き残った

[編集] 志筑仁美

素質は基本的にないが、コンマ値によってはさやかを超える猛威を振るうこともある
ちなみに体験版では腹パンを生かした素手での戦闘を行った…ワカメ恐ろしや
だが、彼女の願いは、彼女自身も思いもよらない方向へ叶っていくことに…

【かずみ☆マギカ】、【まどか☆マギカクロス】と、ともにあまり目立たない

[編集] 呉キリカ

織莉子の愛人、もとい親友。戦闘でも活躍…かと思いきや、見滝原組やかずみに出番を持っていかれがち
近距離戦闘を得意とするが、打たれ弱いのが欠点 織莉子に危害が及ぶとかなり強力になる

【かずみ☆マギカ】では織莉子との対話中に登場する
織莉子に危険が及ぶことを恐れ、彼女の案内を止めようとするも、かずみのアホ毛に屈する
織莉子の『黄昏の賢者』としての活動をあまりよく思っていない模様
ワルプルギスの夜との戦いの中で、攻撃をまともに食らってしまい、敢え無く力尽きた

【まどか☆マギカクロス】では一般人としてエンディングまで生き残った
エリカという友人がいる 二人の関係をうまく円満にできれば、契約を防げる模様

【まどか☆マギカオリジナル】では、アイギスらと仲良くなったと思った途端に、彼女らに襲い掛かった
ちなみに、彼女が魔法少女狩りをしている姿は、今回が初である

[編集] 千歳ゆま

ぅゎょぅι゛ょっょぃ杏子とともに行動することが多い。
杏子に依存しているものの、絶望耐性はやや高め また、友好度は杏子のものを参照する
戦闘では、杏子を中心に、味方をフォローするように立ち回る
火力はそれほど高くないが、守りは固めである

【かずみ☆マギカ】では杏子とともにグリーフシードを取り返しに来る
そして彼女の最期は襲撃してきたカンナに杏子が見ている目の前で殺されるというものだった…

【まどか☆マギカクロス】では一般人としてエンディングまで生き残った
いかに母親からの虐待を早期に対処できるかがカギとなっている

【まどか☆マギカオリジナル】では行方不明 恐らくキリカに襲撃され、殺されたものと思われる

[編集] ユウリ

ユウリ様、あるいはあいり。本編ではプレイアデス聖団に友人を殺されたことへの復讐で敵対する
戦闘では非常に強力なステータスを持っている一方で、ソウルジェムをグリーフシードで回復できないという致命的な弱点を持っている
オペレーターとしては魔女の攻撃と防御を減少させ、なおかつステータスを完全看破するという、最高のもの
鬼門はプレイアデス突撃。だいたいそこでソウルジェムが尽きて死んでしまう

【かずみ☆マギカ】ではかずみを誘拐したものの、師として仰がれ、しまいには真ユウリと同等の親友となってしまう
そしてプレイアデスを壊滅させると同時にソウルジェムが消耗のために砕け、死亡する
一時期生き返ったかのように見えたが、それはカンナが死体を操っていただけで、彼女が死んでいることに変わりはなかった
その死体は、かずみに食され、かずみと一つになった。彼女はもう、一人ではない

【まどか☆マギカクロス】では登場せず

[編集] 双樹あやせ&ルカ

ピックジェムでおなじみの二人(一人?) あやせとルカを切り替えて戦闘を行う
判定を二回行ってよい方を参照スキルはかなり強力(もっとも二回ともよくなければ意味がないが)
しかし、彼女の行動は主人公サイドと敵対しやすいため、仲間にするのはかなり難しいと思われる

【かずみ☆マギカ】ではまどかのソウルジェムを濁そうとしたため、フルボッコにされその挙句かずみに火葬されてしまった

【まどか☆マギカクロス】では登場せず

[編集] 聖カンナ

本作のラスボス候補の一人 神那ニコの願いによって生み出された存在
聖団の遺したたくさんの魔法少女の身体を用いて新人類『ヒュアデス』で世界に復讐しようとする
彼女の能力『コネクト』は主人公の行動を先読みするために、結果的に主人公の行動は制限される
戦闘能力は未知数 恐らく、これまでのどのような魔法少女とも比べ物にはならないだろう
また、聖団の施設を利用して、死者を蘇らせることができる。だが、蘇った彼女たちは皆カンナの傀儡に過ぎない
そして彼女は死体をあたかも生きているように操り、プレイヤーを攪乱する

【かずみ☆マギカ】ではユウリの死体を操り、本物であるように見せていたことが露呈し、かずみの怒りを買って撃退、焼殺される

【まどか☆マギカクロス】では登場せず

[編集] ひより

上条が負傷した際に、ホールで遭遇できる天才音楽少女
出自等は基本的にモバイルから変わらない が、上条がさやかによって治癒されると・・・
ハープを使用して戦闘を行なう あまり素質がないゆえ火力、防御は皆無。だが幸運はピカイチ
黒化すると本領を発揮し、【かずみ☆マギカ】ではさやかをギリギリまで追い詰めたが、さやかちゃん補正で回避される
その後、ソウルジェムが濁りきり人形の魔女に変化してしまった

【まどか☆マギカクロス】では一般人としてエンディングまで生き残った
デブをうまくけしかけることができれば、契約を止められる

[編集] こまち

病院で会うことができる魔法少女
戦闘での能力は不明。恐らく薙刀を用いた戦闘を行なうと思われる

【かずみ☆マギカ】ではすっかり忘れられてて気づいたら死んでた(殺されてた)、実にかわいそうな子

【まどか☆マギカクロス】では登場せず

【まどか☆マギカオリジナル】で病院にて接触 マミを診てくれるということで、彼女の株が上がる ……と思ったら、偶然遭遇したキリカにあっさり殺されてしまった やっぱりかわいそうな子である

[編集] クレア

杏子の廃教会で遭遇する 信心深いがゆえに、杏子とはあまりそりが合わない
また、魔法少女同士が戦うことをよしとしない
戦闘での能力はまだ不明。恐らく杖を使用した雷の魔法を用いると思われる

【かずみ☆マギカ】ではワルプルギスの夜と戦うことを恐れ、避難した 恐らくその後は救済の魔女に救済されたと思われる

【まどか☆マギカクロス】では登場せず

[編集] 伊吹

見滝原の公園にてグリーフシードを通貨に商売を行っている
名前の由来は>>1のコテハンからか?
彼女と友好を築くのは難しいが、友好を深めることで特典が付く
さほど強くはないため、襲撃すれば簡単に倒せる…と思いきや、泥棒が行われると、真の力を発揮する
ちなみに金髪サイドテールオッドアイ青白Cカップ敏感ノーパンである

【かずみ☆マギカ】ではいつの間にかヒロインになっていた かずみとは一緒に遊園地に行く約束をしたが…

【まどか☆マギカクロス】では、上条を治療するという偉業を成し遂げた そのため上条が惚れてしまうわけだが

【まどか☆マギカオリジナル】ではアイギスに発見され、(家主に無断で)マミの家に招き入れる
結局は、マミも彼女の滞在を許したため、現在は彼女の家に滞在している
心の死んでしまったマミのことを、よくあることと割り切ってはいるものの、一応協力はしてくれるようだ

[編集] キョン

【まどか☆マギカクロス】にて誕生した、「日常」を願いとして契約した魔法少女
ステータスははっきり言って絶望的 一人で戦闘しようものなら、一瞬で屠られてしまう
彼女の取柄は、友好を高めることである その力は、多くの味方を得ることができ、多くの魔女の誕生を未然に防ぐことができる

【まどか☆マギカクロス】では、ほむらとともに魔法少女による魔女討伐部(通称MM部)を立ち上げる
QBの契約をことごとく阻止、マミ・杏子・ほむらとともにワルプルギスの夜の討伐に大きく貢献した
最終的にはほむらの日常を願って、見滝原全域に魔法少女が日常を過ごせる霊脈を作成、力尽き消滅した…と思われていた

【まどか☆マギカオリジナル】では、魔女化し見滝原を彷徨っている

[編集] 神名あすみ

虚構から生まれ、虚構に消えるはずだった、居る筈のない魔法少女

【まどか☆マギカクロス】では礼拝堂にて祈りをささげる姿が目撃されたにとどまる

【まどか☆マギカオリジナル】にて、深夜の路地裏でアイギスと接触した
その際、彼女はアイギスの目を、『綺麗な目だが、嫌』と称した

[編集] アリス

オリジナル。童話の魔法少女。

【まどか☆マギカオリジナル】で知らない路地裏にて、不思議の国(御伽の国)を作り、居を構えていた
アイギスのことを気に入っているものの、一緒に連れてきたマミに対してはあまりいい印象を持っていない模様
彼女の率いるトランプは、『気付いたら増えている』らしい


[編集] ゲームの流れ

  1. キャラメイク
  2. ストーリー開始
  3. 一日の流れ
    1. 探索・移動、イベント
      ↓↑
    2. 戦闘・ダンジョン
    3. 一日終了、リザルトチェック
      ↓(最大30日目まで繰り返す)
  4. クリア目的を見つける
  5. 達成、ゲームクリア
  6. EXstoryへ

[編集] リザルトチェックとは?

一日の終わりに貴女のステータスを掲示する事です。

[編集] キャラクターメイク

最初にキャラクター選択が行われます。
難易度選択も兼ねているので、慎重に選択して下さい。
現在、以下の項目が存在しています。

【魔法少女まどか☆マギカ】
比較的易しい難易度です。開始はほむら覚醒前、覚醒後、ほむら未契約から選べます。
【魔法少女おりこ☆マギカ】
程々にやり応えのある難易度です。開始はほむら覚醒後になります。
【魔法少女かずみ☆マギカ】
難しめの難易度です。開始はほむら覚醒後になります。
【魔法少女モバイル☆マギカ】
かなり難しめの難易度です。開始はほむら覚醒後からになります。
【魔法少女まどか☆マギカクロス】
未知数の難易度です。どこかで見たことのあるオリジナルキャラクターが主人公です。開始はほむら覚醒前、覚醒後、ほむら未契約から選べます。
【魔法少女まどか☆マギカオリジナル】
未知数の難易度です。>>1が自信を持ってお届けするオリジナルキャラクターを使用します。開始はほむら覚醒後になります。
【魔法少女まどか☆マギカリバース】
絶望的な難易度です。開始はほむら覚醒後からになります。一部行動が制限される代わり、独自の行動コマンドがあります。
【魔法少女まどか☆マギカレッドソウル】
狂気的な難易度です。登場人物全てがレッドソウルの対象になります。開始はほむら覚醒前、覚醒後、ほむら未契約から選べます。

[編集] まどか☆マギカクロス、及びさやかやその他の少女について

最初に素質、才能判定があります(さやかは素質のみ)。
例外的に、原作で魔法少女では無かったキャラクターにも判定で素質が生まれる場合があります。
タイミングは、そのキャラクターにキュゥべえを会わせた時になります。

判定によって選択できるキャラクターと、初期ステータスの強化範囲が変化します。

[編集] まどか☆マギカクロスの特殊なキャラ選択

素質値によって幾つかの願いが表示されるので、自分にあった物を選びましょう。
2回の選択肢の後、最終キャラクター決定を行います。

[編集] 因果の特異点

物語を始める際に、リバースダイスによってキャラクターが一人選出されます。
そのキャラクターはギタリスト恭介の様な全く違うキャラクターに変質し、スキルランクが全てEXに強化されます。

[編集] レッドソウル

因果の特異点の亜種です。特異点に選ばれたキャラクターはリバースダイスによってレッドソウル化する事があります。
レッドソウルと化したキャラクターは表面上に目立った変化はありませんが、内面に何か影を持っています。
その影は反社会的行動をも厭いません。

[編集] ストーリーについて

ストーリーは主に

  • 日常パート
  • 戦闘パート

に分かれます。

日常パートで出来る事はキャラクターとの会話や、土地の探索・移動、魔女探しなどです。
戦闘パートは魔女との戦闘、及びダンジョン探索です。

[編集] 時間経過について

このゲームでは時間の概念が存在します。行動によって時間が進みます。

[編集] 時間の特徴

  • ……魔女と出会いにくい。魔女接触判定-2。基本行動回数1。
  • 昼、昼休み……魔女と出会いにくい。魔女接触判定-1。基本行動回数2。
  • 夕方……魔女と普通に出会える。魔女接触判定±0。基本行動回数1。
  • ……魔女が活発になる。魔女接触判定+1。基本行動回数1
  • 深夜……魔女が非常に活発になる。魔女接触判定+2。基本行動回数2。

[編集] 日常パートの行動コマンド

  • 移動する……既に行った事のある場所へ移動します。基本的に時間を消費しません。
  • 探索する……行った事の無い場所を、コンマ判定でランダムに見つけます。基本的に時間を消費しません。また、この行動でないと行けない場所も存在します。
  • 魔女を探す……主に移動後に何も起こらなかった場合に選択できます。時間を消費し、現在位置で魔女探索を行います。
  • 自由安価……自由に行動できます。時間消費は安価内容によります。

[編集] 土地の特徴

土地それぞれに効果が設定されています。一部を下記します。

  • 路地裏……どの街でも最初から解放されています。夜以降に訪れると魔女が襲いかかってきます。
  • 市街地……どの街でも最初から解放されています。深夜以外の時間帯なら噂を聞く事が出来ます。時間帯によって噂をする人間が変わる事があります。
  • 展望塔……見滝原に存在します。今までの周回でプレイヤーが発見した場所を再び発見する事が出来ます。
  • ……全ての街に存在します。街と街を行き来出来ます。
  • 神社……見滝原に存在します。霊脈です。

[編集] 霊脈とは?

グリーフシードを使用する事でスキルを獲得出来る場所です。霊脈は多数存在し、それぞれで手に入るスキルも違います。
また、グリーフシードを多量に使用するほど良いスキルが出やすくなります。

[編集] キャラクターとの会話について

キャラクターと会話する事によって好感度が上下します。
友好関係が発生していない場合、初期友好判定があります。
心理値、及びスキルによる効果が参照されます。

初期判定によっては悪印象を持たれる場合もあり、イベントによっては判定が発生せず好感度が固定される場合があります。

また、普通以下の友好の時に会話の選択肢を誤ると友好低下判定が発生します。

[編集] 好感度消滅、及び反転

キャラクターが死亡した場合、好感度が消滅します。

死亡を確認した場合 
その時点で消滅します。
知らない間に死んでいた場合 
その日のリザルトチェックで友好が消滅します。

友好がプラスのキャラクターと険悪になった場合、友好が高い程友好が低くなる反転が発生する事があります。
友好ランクは下から以下の様になっています。

  • 憎悪
  • 険悪
  • 嫌悪
  • 苦手
  • 普通
  • 友好
  • 友好・大
  • 特殊
  • 特殊・大

反転すると普通を中心として真逆の友好ランクになります。
また、蓄積した友好ポイント(会話で増加するポイント)はリセットされます。

[編集] 好感度を上げると?

仲間として戦ってもらいやすくなる他、特定の判定を行う時に決まった値を±します。
また、友好が最大になると戦闘中に行動を指示出来るようになります。
更に、友好が最大になったキャラクターからアイテムやスキルの譲渡もあるかもしれません。

[編集] 店について

店はキュゥべえのスキルショップ、及び伊吹のアーティファクトショップが存在します。
キュゥべえはスキルランクを上昇させる事ができ、伊吹はアーティファクトを生産する事が出来ます。
また、両者ともからクエストを受注する事ができ、達成すると幾ばくかの報酬を獲得出来ます。
キュゥべえの物は魔法少女関連の場合がほとんどで、伊吹の物は主にコンマギのオリジナル要素に関連する物です。

[編集] スキルとは?

その魔法少女が持つ技能や特性の事です。スキルによって成長率が設定されています。
強力なスキルほど成長しにくいです。また、どのようなスキルでもEXになれば非常に強力になります。
また、イベントでしか成長しないスキルや、特定の条件でしかEX化しないスキルもあります。
獲得方法は現在イベント以外では霊脈とスキルシード【0】でのみです。

[編集] アーティファクトとは?

魔法少女の装備品です。各アーティファクトには能力を付着出来る数が決まっており、その数だけ、破片を使って特殊効果を付与できます。
武器、防具、アクセサリーの分類があり、自分で作成出来るのは武器防具だけです。
武器は攻撃時に、通常攻撃と共に連続で攻撃する事が出来ます。また、その攻撃判定は他のいかなる要素による補正を受けません。(ダメージ判定は関係無し)
例外として、専用スキルによる補助、破片効果、オペレーター効果など、アーティファクトに直接影響を与える物は補正として認められます。
防具は防御、被ダメージ時(アーティファクトによる)に自動で使用されます。
武器は複数を使い分けられますが、防具は戦闘前に一つを選んで装備しなければなりません。
アクセサリーは全て自動で装備されます。

[編集] スキルショップについて

使用済みグリーフシードを引き取ってもらう
使い終わったグリーフシードを預けます。
1つにつき、キュゥべえの友好ランクが1ポイント上昇します。
依頼を聞く
キュゥべえの依頼を聞きます。
伊吹と同じように選択して下さい。
キュゥべえと話す
キュゥべえと交流します。
上手く情報を引き出せれば、物語を彩る事が出来るでしょう。
スキル強化
グリーフシードを使用してスキルを強化できます。
選択肢に従って下さい。止める事も可能です。

[編集] アーティファクトショップについて

アーティファクト生産
アーティファクトを作成出来ます。武器か防具を選択し、能力付加限界を決めます。
最後に名前を付けて完成です。
初期状態では能力付加限界3までしか作成できません。
値段が表示されているので、どのグリーフシードを使うか決めて下さい。
エンチャント付加
破片の効果を付加します。
破片1つにつき、グリーフシードを1個要求します。
エンチャント解除
破片の効果を消去します。
破片は返却されません。
破片買取
破片をグリーフシードと交換します。
強力な魔女の破片ほど高額です。
依頼を聞く
伊吹に依頼の有無を聞きます。
幾つか表示された中から一つ、或いは複数選んで下さい。
選ばない事も当然可能です。
破片の説明を聞く
所持している破片の効果を確認出来ます。
売却や合成の目安にしましょう。
合成する
グリーフシード1個と破片一つを使い、異なるアーティファクトを一つに合成します。
合成する事により
  • 能力限界の許す限りの能力譲渡
  • 判定で能力限界上昇
が見込まれます。
メインになったアーティファクトの空き能力枠に、合成したアーティファクトの左側の能力から順に合成されます。
泥棒する
選択すると、泥棒出来るものの一覧が表示され、本当に泥棒するかどうかの選択肢が現れます。
逃げ切るか、伊吹を殺害する事でアイテムを獲得出来ます。
逃げ切った場合、伊吹との友好が低下します。

[編集] グリーフシードとは?

原作でもお馴染みの、魔力を回復する為の道具です。魔女を倒すと、その魔女のグリーフシードを落とします。
グリーフシードは一律で20ポイントの回復力があります。使いきった後は使用不可になります。
使いきったグリーフシードは、所持グリーフシードの種類が10種類を超えた時点で、古い物から孵化の準備を始めます。
2~3日の間の深夜に孵化し、再び戦闘になります。その際、魔女はグリーフシードを産み落としません。
また、その期間に入ったグリーフシードは自らの手で敢えて孵化させる事もできます。

[編集] 戦闘について

戦闘には二種類あります。
敵が魔女、及び魔法少女の場合です。

[編集] 編成

パーティーはフロント、リザーブ、オペレーターで構成されます。

  • フロント……5人まで。戦闘を行う。
  • オペレーター……1人。フロントを指揮する。
  • リザーブ……何人でも。控え。

各キャラクターにはオペレーター能力が備わっています。
貴女には原則初期状態でのオペレーター能力は存在しません。

リザーブには撤退コマンド、及び仲間の判断で下がる事が出来ます。
リザーブのメンバーはソウルジェムが自動減少しません。
パーティーメンバー全員がフロントから居なくなった場合、逃げる事が可能です。

[編集] 戦闘の流れ

[編集] 魔女戦

  1. 移動フェイズ
  2. アクションフェイズ
    ↓(攻撃、魔法)
  3. ダメージ判定
    ↓(発生時)
  4. SA判定
  5. 魔女ターン
    魔法選択判定
    ↓(命中)
  6. 更にダメージ判定
  7. ソウルジェム減少
    以下繰り返し

[編集] 魔法少女戦

  1. 移動フェイズ
  2. アクションフェイズ
  3. ダメージ判定
  4. ソウルジェム減少
    繰り返し

[編集] 開幕、距離判定

まずは相手との距離を決定するため、距離判定があります。
敵と自分の距離補正値を参照し、低補正値距離と高補正値距離が内部データとして決定されます。
距離は超近~中~極遠の五段階です。また、基本的に初期判定で超、極に置かれる事はありません。

ファンブル。低補正距離に置かれ、敵から先制攻撃を受けます。
2~4 低補正距離に置かれます。
5~7 中間補正距離に置かれます。
8~9 高補正距離に置かれます。
クリティカル。高補正距離に置かれ、先制攻撃出来ます。

複数の敵が現れた場合、これを繰り返します。

終了後、クリティカル及びファンブルならば0ターン目に入ります。
それ以外の場合は1ターン目に進みます。

[編集] 超近距離と極遠距離について

近距離、遠距離と参照補正は変わりません。超近は攻撃側の基礎ダメージが上昇し、極遠は低下します。(ダメージ変動、魔女に±33、魔法少女に基礎値±1)

[編集] 移動について

位置が決まったら移動フェイズに入ります。移動力によって出来る行動が変わってきます。
移動しなければアクションフェイズでは全てのアクションを選択可能です。低速、中速は1段階。高速は2段階移動出来ます。
移動した場合は以下の行動を封印されます。

  • 低速……攻撃、回避、攻撃魔法
  • 中速・高速……防御、魔法

ただし高速は1段階移動時のみ、攻撃魔法を使用可能です。
低速は移動時に防御と補助魔法を使用出来ます。

また、相手が複数の場合全前進全後退が可能です。
高速のみ2段階移動が可能で、複数の相手全てに同じ移動を行います。
しかし、移動力に関係無く待機以外を封印されます。

[編集] 敵の移動

戦闘中、相手も移動します。
貴女の移動と同時に判定を取ります。複数の場合、その分だけ判定します。

魔女のランダム移動判定
二段階後退します
2~3 一段階後退します
4~7 移動しません
8~9 一段階前進
二段階前進

[編集] 行動順

俊敏が高いキャラクターから順番に行動します。
同じ場合は移動力を参照します。
更に同じ場合はランダムです。

[編集] 優先順位

行動には優先順位があります。
例えば攻撃は、防御はです。
例え行動順が遅くとも、防御は攻撃より早く発生します。

[編集] アクション

距離が決まったら各キャラクターを動かしましょう。
対象が複数いる場合は、対象も選択して下さい。

以下は選択可能な行動です。

[編集] 攻撃 優先度2

攻撃します。
中速以上で移動と共存行動できます。
また、クリティカルでSAの可能性があります。

参照ステータス
近距離 筋力
中距離 筋力or魔力
遠距離 魔力
敵側 防御or耐久or俊敏
コンマ表、攻撃
ファンブル。反撃されます。
2~4 失敗。ダメージを与えられません。
5~7 成功。1倍ダメージを与えます。
8~9 大成功。2倍ダメージを与えます。
クリティカル。3倍ダメージを与えます。

ファンブル時にソウルジェムが0になると、自キャラにソウルジェムクリティカルが発生します。

[編集] 防御 優先度3

守りを固めます。低速以外は移動と共存行動出来ません。
そのターン相手から受けるダメージを半減します。(端数切り捨て)
更にそのターン、ガードブレイクが発生していない場合、終了時にソウルジェムチャージが発生します。

[編集] ソウルジェムチャージ

敵の攻撃をじっくり見切る事で、次のターンの判定を+1します。
この判定は蓄積する事ができ、『ガードブレイク』、『回避中にダメージを受ける』、『攻撃する』ことによってキャンセルされます。
攻撃、攻撃魔法で消費され、再び0に戻ります。

[編集] ガードブレイク

防御選択時、(ソウルジェム/2+耐久)以上のダメージを受けた場合、ガードブレイクされソウルジェムチャージができません。

[編集] 回避 優先度3

回避に集中します。耐久ではなく、俊敏の補正を加味します。
低速以外は移動と共存行動できます。
敵の攻撃魔法対象になった場合、その判定を最終的に半減します。(切り上げ)
しかし、ダメージを受ける場合、ダメージは2倍になります。

[編集] 魔法 優先度1~5

キャラ固有の魔法を使います。

選択時には対応アルファベットを指定してください。

強力ですが、ソウルジェムを消費し、魔法ごとに参照ステータスが違うのが特徴です。
また、魔法には攻撃補助の分類があります。また、その両方の性質を備えたものもあります。
補助系魔法は補正がかかりません。(攻撃補助魔法は例外)
有効距離が決まっているのも特徴です。
移動力が高速以上で攻撃魔法は移動と共存できますが、2段階移動している場合は不可能です。
低速は補助魔法のみ使用可能です。

[編集] 撤退 優先度5

戦闘からそのキャラクターを離脱させ、リザーブに入ります。
距離補正が特殊になり、

近距離 -2
中距離 -1
遠距離 ±0

また移動力も関係します。

低速 -1
中速 ±0
高速 +1

更に俊敏、幸運の判定を加味します。

ファンブル。撤退できず、ソウルジェムクリティカルが発生します。
2~4 失敗。撤退できず、反撃されます。
5~7 成功。撤退しますが、ソウルジェムに1/4ダメージ。
8~9 大成功。撤退します。
クリティカル。望むなら、仲間全員を撤退させられます。

[編集] 待機 優先度1

何もしません。

[編集] 看破 優先度4

看破判定により、対象のデータを読み取ります。

[編集] 命令

好感度が最大になったキャラクターに、簡易命令を出せます。
選択肢が出るので、最適な行動を選択して下さい。

[編集] ダメージ判定

魔女はダメージ判定で再び2桁のコンマを参照しますが、魔法少女の場合はソウルジェムダメージになります。

ソウルジェムダメージ、コンマ表
成功 1ダメージ
大成功 2ダメージ
クリティカル 3ダメージ

[編集] 魔女の攻撃

魔女はコンマによって様々な攻撃を繰り出してきます。
距離補正と耐久補正が入ります。
近距離にいるほど狙われ易くなります。

[編集] ターン終了時

ソウルジェムに-1します。
また、0ターン目には発生しません。


[編集] ミッション

ミッションは戦闘中に与えられる課題の様なものです。
達成が困難な場合もありますが、スキル獲得や大ダメージの可能性があります。

[編集] スペシャルアクション(SA)とは?

戦闘中に攻撃、攻撃魔法を使用する事によって発生する連撃です。
更なるダメージを与えます。
また、このタイミングで発動できる魔法がある場合、使用するかどうかの選択があります。
基本的にリバースダイスのランダム発生ですが、以下の場合は発生確率が上昇します。

  • 大ダメージを与える
  • 低ダメージを与える
  • クリティカルを出す
  • 激昂している

[編集] ソウルジェムクリティカル

致命的な攻撃(判定クリティカル)によりソウルジェムが0になる、またはそれに関係無く致命的な行動をする事によって発生します。
後者は戦闘以外でも発生の可能性があります。

幸運値の補正を受けます。
判定により、グリーフシード所持数に関わらず死亡します。

ファンブル。死亡し、友好以上のキャラは絶望判定を行います。
2~4 失敗。死亡します。
5~7 成功。負傷します。
8~9 大成功。負傷しません。
クリティカル。負傷しません。激昂判定を行います。

[編集] 負傷について

負傷したキャラクターは全ての戦闘判定に-1されます。
リザーブに居る時や非戦闘時に、回復可能な仲間が判定に成功する事によって、負傷は治ります。
戦闘中の場合、1ターン経過します。

[編集] 戦闘不能

負傷した際、稀に判定にて戦闘不能状態になります。
生きてはいますが、戦う事が出来なくなります。
仲間の力でリザーブに離脱すれば、治癒した後に再び戦闘に戻れます。

[編集] 治癒属性

治癒
魔力の補正を受けます。判定に成功する事で、仲間や自分の状態異常を回復します。
応急
魔力の補正を受けます。
判定に成功する事で、仲間と自分の負傷のみを治癒します。
不可
治癒出来ません。

[編集] 激昂

自分のスキルによるマイナス補正を打ち消し、ダメージ判定に+33、ソウルジェムダメージに+1します。

[編集] 激昂判定

一定の状況下で判定を行います。
心理補正、友好補正を加味します。

ファンブル。絶望判定を行います。
2~4 失敗。何も起こりません。
5~7 成功。激昂します。
8~9 大成功。更にソウルジェム自動減少が0になります。
クリティカル。更にブーストポイントが0になります。


[編集] 絶望判定

キャラクターが絶望に陥った際、絶望耐性を加味して判定を行います。

ファンブル。魔女化します。
2~4 失敗。ソウルジェム最大値が2下がります。
5~7 成功。ソウルジェム最大値が1下がります。
8~9 大成功。ソウルジェム最大値が下がりません。
クリティカル。ソウルジェム最大値が1上がります。

[編集] ソウルジェムブースト

安価先にブーストが記載されていた場合、貴女のソウルジェムを消費してソウルジェムブーストを行います。
最終的なコンマ判定を2倍にして扱います。
いつでも使用出来ますが、ある判定に対して貴女より優先度が高いキャラクターがいる場合、そのキャラクターの判断が優先されます。

[編集] ソウルジェムバースト

ソウルジェムブースト使用時にソウルジェムが0になった場合、最終的な判定が2倍から3倍になります。

[編集] ダンジョンについて

ダンジョンとは入り組んだ魔女結界の事です。
複数の魔女が存在する危険な場所ですが、多数の便利なアイテムも落ちています。

仲間と一緒に侵入する事も可能です。


[編集] ワルプルギスの夜

原作の終盤に登場した魔女で、例外を除き最強の魔女とも言える存在である。

この魔女を倒すことが、プレイヤーの最終目標(もちろん、ルートによっては別のラスボスがいる)。

周回によって強さが変わるため、選んだ主人公によってはまさしく『絶望的な』魔女となりうる。

また、ワルプルギスの夜は一度倒すと反転することがあり、それはその魔女の、遊びではない本気を表す。

何より、もしこの魔女を倒したとしても、まどかが死ぬ、もしくは魔女化してしまうとほむらは時間遡行を起こしてしまう。

そして、もしほむらが死んでしまった状態でまどかが魔女化してしまったならば―――。

よってプレイヤーは、ほむらの死、時間遡行、まどかの死、魔女化を避けつつワルプルギスを倒さねばならない。

それは恐ろしく難しいことだろうが、それを乗り越えたならば、きっと可能性の溢れる未来が、そこにはある…。


[編集] キャラステータス説明

【キャラ】
名前
【契約】
契約済みか、未契約か
【ソウルジェム】○/○
ソウルジェム現在値/最大値
最大値が低いとソウルジェムクリティカルが起こりやすく、また絶望しやすい
【ブーストポイント】
ソウルジェムブーストで消費するソウルジェム値
勿論、低いほど優秀
【絶望耐性】
絶望判定時に参照される補正
高いほど絶望しない
【筋力】
近、中距離での攻撃時に参照
高いほど近接戦闘に強い
【耐久】
敵からの被攻撃時に参照
高いほど打たれ強い
【俊敏】
回避、逃走時に参照
高いほど相手に攻撃を当てやすく、また避けやすい
【魔力】
中、遠距離攻撃時と非魔法防御時に参照
高ければ、基本的な魔法を使った戦闘に有利
【幸運】
逃走時、ソウルジェムクリティカル時に参照
低いと、不慮の死の可能性が高い
【心理】
会話時や、戦闘中の心理戦に参照
高いと交友関係を築きやすい
【距離補正】
各距離での熟練を表す
高いほどその距離での戦闘に有利
【中距離属性】
中距離での攻撃時に使用するステータス
筋力か魔力のどちらかが選択される
【移動力】
動きの速さ
高いほど、素早く接近、離脱が可能
【回復属性】
治癒力の高さ
低ければ味方の治療ができないことがある
【スキル】
キャラクター固有の能力
強力な物も多く、重要なステータス
【魔法】
キャラクター固有の魔法
効果、発動距離、消費ソウルジェムに注意

[編集] 魔女ステータスの見方

【体力】〇/〇
現在体力と最大体力
0にすると討伐
【距離補正】
魔女の距離による凶暴具合
苦手距離でも、魔女の攻撃によっては凶悪な一撃を受ける場合あり
【特殊補正】
その魔女のスキルのようなもの
ルールに介入してくる場合が多いので要注意

[編集] 日常のアドバイス

目的を見定めよう
期間は30日しかありません。
目標に向けて頑張りましょう。
真実を見極めよう
貴女は基本的に真実を知りません。
本編の真実とは別に、当スレの物語は進め方によってラスボスやエンディングが変化します。
バッドエンドも当然ありますが……
セーブは不可能!
死んだら終わりです。
ほむらは次の世界に行きます。
ほむらが死亡した場合、再び1周目からになります。その周にプレイヤーキャラクターでエンディングを迎える事は可能です。
仲良くなろう
イベントを起こす為に、とにかく話しかけましょう。仲良くなるキャラクターの組み合わせによって、様々なイベントが起こります。
ソウルジェム自動減少
1日が終わると、ソウルジェムが1ポイント減ります。
戦おう!
グリーフシードは生命線です。
魔女を倒すなり魔法少女から奪うなりして蓄えましょう。
ソウルジェムブーストで生き残れ!
ジェムブーストは命を削って未来を切り開く力です。ここぞと言うときには使って下さい。
強力なスキルを手に入れよう!
魔法少女には成長の余地があります。それには原作キャラクターにも当てはまります。
秘められた力を解放して、戦いを有利に進めて下さい。
切り札を手に入れよう。使いこなそう!
魔法少女は、通常の魔法より遥かに強力な魔法を覚えている場合があります。
発動条件や取得条件は隠されています。ヒントを見逃さないようにしましょう。
シークレットダイス、因果の特異点
ストーリー開始時に、誰か一人に因果が集まります。
強力な魔法少女になったり、貴女を喰う程の主人公になるやもしれません。
貴女以外のオリキャラに当たると、オリジナルボスが誕生します。
その周回は原作まどか☆マギカの知識を頼りに進めても上手くいかないかもしれません。
運命を切り開け!
エンディングが終わると、その後のexストーリーが開始します。
貴女が致命的な見逃しをしていれば……
参加者求む!
貴女たちがいなければ主人公は立ち往生です。
まずは軽い気持ちで! 直ちに死ぬことは多分あんまりないです!

[編集] 追加アドバイス

自由安価は一回使うと消えるパターンがある
これはたまに体感しているのでは無いでしょうか。
時間消費が長そうな自由安価、あるいは使える時間が余り無い時間帯(朝、夕)では自由安価が消滅しやすいです。
時間帯の特徴
朝は比較的内部時間が短く設定されています。
一回の移動、行動で昼になる場合が多いです。
昼は比較的内部時間が長く、二回移動及び行動できる場合が多いです。
夕方は非常に内部時間が短いです。
自由安価ですら時間を消費してしまう場合があります。
夜は内部時間が適度で、凡そ一回の移動及び行動で時間を消費します。
深夜はとても長く、二回の戦闘すら可能です。
戦闘しない場合は、もう少し行動可能な場合があります。
特殊時間帯【昼休み】
キョンでお馴染みの、学校に通っているキャラクターの時間帯です。
学校に行った場合の昼時間の役割を果たしますが、内部時間は短く設定されています。
特殊時間帯【放課後】
扱いとしては夕方と同じです。
店の仕様
伊吹及びキュゥべえの店で買い物やスキル上昇するだけで時間を消費する事はありません。
また、自由安価による会話でも時間は経過しません。
自由安価消滅時のテクニック
キュゥべえか伊吹の店を開く事で自由安価選択が可能です。
主に朝の時間でのテクニックになります。
長く時間を使う自由安価は例外で時間を消費する場合があります。
上の仕様と合わせて、軽いセクハラなら無限に伊吹に実行可能です。やるなよ! 振りじゃないからな!
【複数と話す】の効率的な使い方
複数人のキャラクターが同じ場所に集合した場合に出現するこのコマンド。
これを実行すると友好ランク上昇ポイントが人数で分割されてしまいます。(クリティカルで5人と話すと各キャラに1ポイント)
友好ランクがまだ発生していないキャラクターがいる場合は、そちらとの友好発生が優先され、他のキャラの友好が上がりません。
しかし、友好が発生していないキャラクターは全て同時に友好ランクが発生します。
一回の時間消費で複数の友好を手に入れる事が可能性です。あすなろスタートの開幕では必須テクニックでしょう。
キャラクターと仲良くなる利点とは?
まずは仲間になってくれる事でしょう。
魔女との戦闘では、基本的に手数が多い方が有利です。(単独時に発動するスキルや効果も多いが)
特殊・大になる事での利点は
  • アイテムをくれる
  • アーティファクトをくれる
  • スキルを獲得できる
などです。
キャラクターを殺害する利点
好まれない方法ですが、リターンが非常に大きいです。
  • グリーフシードを全て奪える
  • 魔女化した場合、強力な破片が獲得できる
特に魔女化の破片は強力な物が揃っています。クリアに詰まったら考慮してみましょう。
テレビを見よう!
事件はいつも報道されています。
間接的に魔法少女の事を話しているかも……?

[編集] 現行スレ

[編集] 過去スレ

         【魔法少女かずみ☆マギカ】 主人公:かずみ


         【魔法少女まどか☆マギカクロス】 主人公:キョン


         【魔法少女まどか☆マギカオリジナル】 主人公:アイギス


         【魔法少女モバイル☆マギカ】 主人公:天城周 (貴女)