サラ「安価で冒険するの」【ロマサガ3】

提供: SS-Wiki
移動: 案内検索
サラ「安価で冒険するの」【ロマサガ3】
二次創作SS
原作 ロマンシング・サ・ガ3
ジャンル 安価スレ
地の文 なし
検索ワード スレタイ
備考 NIP
まとめ VIPService

サラ「安価で冒険するの」【ロマサガ3】は、SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)板にある二次創作SSスレッド
スレ立ては2015/05/26。

[編集] 概要

ロマサガ3を元にした、台本形式の安価SS。全体的には、ややコミカルな作風。

ゲームシナリオを元にしているので、もちろんキャラや世界背景の設定に関してもネタバレしまくりである。気にする人は注意。 安価内容は行動だったりセリフだったり閃く技だったり、多種多様。 コンマもわりと利用されている。

町から町への旅路の際もしっかり時間経過しているため、すれちがったり待ちぼうけをくらったりするキャラも何人かいた。 その旅路や日常風景もたまに描かれ、キャラクターの魅力が強調されている。

[編集] 登場キャラクター

サラ

主人公。やや内気ながら超フリーダム。元盗賊や元海賊やモンスターさえ受け入れる柔軟な精神の持ち主。 この作品においては姉のエレンに対してもわりと素直。かわいい。 ラストバトルでは原作通り……

モニカ

ロアーヌ侯の妹。ユリアンではなくサラを護衛に推薦し、誘拐イベントをこなし、まさかのヒロイン化。 時に大胆、時に冷徹、そしてたくましく生きているのは原作通り。しかしフリーダムっぷりは時にサラ以上。

エレン

サラの頼れるお姉ちゃん。時々離脱しながらも最終戦までサラに付き合い、姉妹の絆を見せる。 グゥエインとも友情を築いており、(サラのこともあって)運命とか定めとかいう言葉を激しく否定する。

トーマス

シノンの誇る鬼畜眼鏡もとい優しいお兄さん。愛称はトム。 速やかにドフォーレ商会を買収し、フルブライト同盟とともにアビスリーグとも戦う。サラの見てない所での活躍が多い。

ユリアン

サラに代わってトーマスにくっついていったため必然的に出番も少なくなったが、カタリナに弟子入りし、ミカエルとともに行動する、と舞台裏でいろいろ移籍。 妖精族に好かれたり、ケルベロスを手懐けるなど気さくな面は原作以上。

ハリード

がめつい傭兵もとい流浪の王族。最終装備はやっぱりファルシオン。 途中までエレンに振り回されたり、空気になったりしていたものの、東方以降は心情もクローズアップされ格好よさを保った。

ミカエル

ロアーヌ侯爵。初登場の時点ではメタ発言担当だった。 モニカを慮って家出を黙認し事故を偽装するなど、冷酷な面は薄れている。

カタリナ

マスカレイドは奪われなかったものの国宝の皿を割ってしまい、金策のためにトーマスに雇ってもらっていた。 ユリアンを弟子として従え、要所要所できっちり活躍を見せる。


タチアナ

放浪娘。安価により初登場時の偽名はマカロン。 行き先安価で一度もリブロフに行かなかったため固定メンバー化。サラに対して少しアブナイ好意を抱いている場面がちらほら。

ポール

野盗たちに反旗を翻し、腹を刺されながらも己の意思を貫くというカッコ良さを見せた。 その後もフォルネウス戦やアルジャーノン戦など、これならニーナも惚れるわ、と納得できる活躍。

シャール

ミューズを始めとしてフリーダムな仲間達、その内にあって唯一と言っていい常識人。 無双三段、リヴァイヴァなど、強力な性能によってもパーティーを助ける。頑張れ苦労人。

ミューズ

夢魔を己の手で打ち倒した、肉体言語な深窓の令嬢。得意なのは関節技。蒼龍術や月術も使っているのに、その印象は薄い。 アビスゲートまでぬるりと滑り込んだ、最大級のフリーダム枠。

ハーマン(ブラック)

超カッコいいおじいちゃんが、初登場時はキバヤシだったなんて誰が覚えているだろうか。 フォルネウス戦にマクシムスガード戦に大暴れ。盗みの腕も衰えていない。

ウンディーネ

この作品では「柔和で温厚」な面が強調され、サラやモニカも憧れる大人の女性として心理的にパーティーを支える。 玄武術を忘れても~とほのめかしていたが最後まで世界一の玄武術使いだった。

ボルカノ

独自の恋愛哲学を持ち、ウンディーネに対するツンデレで後に引けなくなった朱鳥術使い。 ボコられてから冷静になり、仲間としてサポートをつとめてくれるように。

ボストン

一緒に水龍を倒しに行った、シブいロブスター族。 派手な技こそひらめかなかったが、水の流れを操ると地味にパーティーの安全を守ってくれており、エンディングにも登場した。

ノーラ

サラ達とはアビスゲートをひとつ閉じてから知り合った、戦士一本なアネさん。 すでにトーマスとユリアンとは知り合っていたようで、工房に職人も戻ってきており、槍もブリッツランサーまで開発できていた。

少年

サラの夢の中で知り合うという奇妙な出会いから始まり、珍しく常識人ということもあってか大事な仲間として皆から守られるようになる。 仮名ディオール。名付けはタチアナである。 4つめのアビスゲートでの流れはだいたい原作通りだが……

ようせい

フルブライトに助けられ、1人で妖精の村に帰ってきたようだ。 その後は村で評判になっていたのだろうかユリアンと知り合い、アウナス討伐に力を貸してくれる。

フルブライト

グレートフェイクショーを買収ついでにようせいを助け出し、ソウルサッカーを倒した。残念ながら出番はそこだけ。

レオニード

1人芝居が好きらしい。聖杯は渡してくれたが、残念ながら仲間としては参戦せず。

ゆきだるま

いろいろあって氷銀河に行くことなく永久氷晶を装備し仲間に。 すでにアウナスを倒されていたため死別はせずに済んだ。玄武術も使うが、ミューズから教わったという体術でも戦う。

ぞう

この作品では完全に少年の兄代わりだ、という自信を持っており、家族愛に溢れた小兄として少年を支える。 氷の剣を操り、少年とともに大剣どうしで連携する場面も。

ティベリウス

ラシュクータに旅行に来ており、少年とハリードをクローズアップさせてくれた。残念ながら仲間としては加わらず。

ツィーリン

族長の娘という立場ではあるが、ゼルナム族の根元を断ってからは、好奇心のままに西までついてきた。 弓矢の腕でアラケス戦でもパーティーを助ける。

バイメイニャン

東まで来てしまったナハトズィーガーを倒すため、木と鉄で作った台車を術で強化し拘束戦車として運用する。 原作と違ってしっかり書面で伝えてくれており、サラ達がヤンファンにつかまる事も無かった。

ヤンファン

ただの礼儀正しい将軍になった。 安価で朱鳥術も覚えたのだが、なにぶん人数があまりに多かったのでクローズアップされず終わってしまった。

ロビン

ヤーマスに行ったのは初期なのに(デブロビンの正体の方は、なんとタチアナの次に登場していた)4つ目のアビスゲートまで出番が無かった。 蒼龍術によるサポートも完備、モニカとタチアナとともに小剣で活躍。

詩人

各地でのサラ達の活躍を聞き、4つめのアビスゲートに行くだろうと予測して数ヶ月待ちぼうけをくらっていた、ある意味かわいそうな人。 栄光の杖でのブレスなど補助に徹し、勇者達の活躍をしっかり記憶する。

ウォード

唯一、まったく出番の無かった人。まあゲーム本編ではみんな使ってくれてるから!


スパイダーローズ

オープニングイベントで仲間になりたそうにしている様子があったためか、その後もやたら登場する。

[編集] 元スレ

サラ「安価で冒険するの」【ロマサガ3】