少女「それは儚く消える雪のように」

提供: SS-Wiki
移動: 案内検索

下の文字列をコピーして、SS-Wikiの該当のページの編集画面に貼り付けてください

少女「それは儚く消える雪のように」
オリジナルSS
ジャンル SF完結スレ
地の文 あり
検索ワード
備考 NIP
まとめ VIPService

少女「それは儚く消える雪のように」SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)板にあるSSスレッド。 オリジナルのロボット系、短編小説です。

目次

[編集] あらすじ

恋愛なんて非合理的感情は忘れられ、人がホスピタルという機械施設から生まれる時代。
星を灰に帰す異形のモノ『死星獣』が現れた。
脅威に晒された人類は使い捨ての弾丸として少女たちを造り出した。

[編集] 登場人物

絆のバーリェ 盲目 強力なエネルギーを内包している為、酷使される。
絆のバーリェ 思っていることを上手く口に出すことが出来ず、 自分の行動として出してしまう。
命(ミコト)
絆のバーリェ ドジ 背が高く長い黒髪を何個かの束に分けている
優(ユウ)
絆のバーリェ 双子 茶色の髪 ボーイッシュ、活発
文(フミ)
絆のバーリェ 双子 赤髪の子 生まれつき口がきけない。
同僚
絃のバーリェ

[編集] 現行スレ

[編集] 過去スレ

完結、HTML化済み