「【艦これ】艦娘「ショタ提督に好かれたい」【安価】」の版間の差分

提供: SS-Wiki
移動: 案内検索
 
(1人の利用者による、間の1版が非表示)
39行: 39行:
 
:両親による英才教育のお陰で仕事はそつなくこなし特別学校も首席で卒業するほどに優秀。
 
:両親による英才教育のお陰で仕事はそつなくこなし特別学校も首席で卒業するほどに優秀。
 
:3周目提督とは特別学校時代からの同期兼友達であり、当時から一緒に遊んでいる。
 
:3周目提督とは特別学校時代からの同期兼友達であり、当時から一緒に遊んでいる。
:両親は健在だが登場していない。提督とは仕事が忙しく会えていないらしい。
+
:両親は健在。仕事が忙しく提督と会えない日々が続いている。長らく登場していなかったが、後述の48周目でついに登場した。
 
:最初期のショタ提督だけあって普通の男の子で、一部の読者からは仕事がバリバリ出来て運動能力もそこそこ優秀で他人の好意をしっかり受け止めてフォローも出来て他人のことを純粋に凄いと思えて性知識皆無な理想の男の子と評価されている。
 
:最初期のショタ提督だけあって普通の男の子で、一部の読者からは仕事がバリバリ出来て運動能力もそこそこ優秀で他人の好意をしっかり受け止めてフォローも出来て他人のことを純粋に凄いと思えて性知識皆無な理想の男の子と評価されている。
 
:しかし最近は出番も少なく一部の読者から平凡すぎると言われてしまった不憫な子。32スレ目の小ネタでも42周目提督から出番が少ないことを弄られてしまった。
 
:しかし最近は出番も少なく一部の読者から平凡すぎると言われてしまった不憫な子。32スレ目の小ネタでも42周目提督から出番が少ないことを弄られてしまった。
611行: 611行:
 
:エピローグでは、自分と死別し愛の証さえ残らないことが悲しくて泣いていた神風の為に子供を作ることを決心する。
 
:エピローグでは、自分と死別し愛の証さえ残らないことが悲しくて泣いていた神風の為に子供を作ることを決心する。
 
:しかし性行為する体力は残っていない為、体外受精により神風の妊娠を成功させた。同時に鎮守府で神風との結婚式をひらき、正式に夫婦となった。
 
:しかし性行為する体力は残っていない為、体外受精により神風の妊娠を成功させた。同時に鎮守府で神風との結婚式をひらき、正式に夫婦となった。
:その後、漣が神風に子供を作ったことを叱責するが、提督は「自分が決めたことだから僕の責任」と言いながら漣を説得する。
+
:その後、漣が神風に子供を作ったことを叱責するが、提督は「自分で決めたことだから僕の責任」と言いながら漣を説得する。
 
:そして神風達に「余命の1年を超えてしまうけど子供が生まれてくるまで絶対に生き延びてみせる」と誓う。
 
:そして神風達に「余命の1年を超えてしまうけど子供が生まれてくるまで絶対に生き延びてみせる」と誓う。
 
:しかし提督の体は更に弱ってしまい、最終的には病院で寝たきりの状態まで衰弱してしまう。それでも漣に車椅子を押してもらいながら、妊娠で入院している神風を励まし続けた。
 
:しかし提督の体は更に弱ってしまい、最終的には病院で寝たきりの状態まで衰弱してしまう。それでも漣に車椅子を押してもらいながら、妊娠で入院している神風を励まし続けた。
920行: 920行:
  
 
;羽黒
 
;羽黒
:42周目のサブヒロイン兼被害者
+
:42周目のサブヒロイン兼被害者。
 
:序盤は影が薄かったものの終盤で謎のコンマ運を発揮し、不幸なことにリーチを突き抜けて結ばれてしまった。
 
:序盤は影が薄かったものの終盤で謎のコンマ運を発揮し、不幸なことにリーチを突き抜けて結ばれてしまった。
 
:前半までは出番も無く余裕をかましていたが、後半から突然出番が増え本人も焦りを見せていた。
 
:前半までは出番も無く余裕をかましていたが、後半から突然出番が増え本人も焦りを見せていた。
994行: 994行:
 
:これにより、提督は1周目提督の祖父であり、神風は1周目提督の祖母という事実が明らかとなった。
 
:これにより、提督は1周目提督の祖父であり、神風は1周目提督の祖母という事実が明らかとなった。
 
:提督の死後、遺品を整理しているとエンディングノートと手紙を見つける。ノートには48周目本編で起こった出来事と、それに対する提督の心情が綴られていた。
 
:提督の死後、遺品を整理しているとエンディングノートと手紙を見つける。ノートには48周目本編で起こった出来事と、それに対する提督の心情が綴られていた。
:そして手紙には、死してなお自分や子供達を愛し続けるという彼からのメッセージが書き残されており、神風はそれを読んで声を上げて大泣きした。
+
:そして手紙には、死してなお自分や子供達を愛し続けるという彼からのメッセージが書き残されており、神風はそれを読んで声を上げて号泣した。
 
:その後は漣や姉妹達に手伝ってもらいながら、子育てと艦娘としての活動を並行して行い、その結果子供2人を立派な大人に育て上げた。
 
:その後は漣や姉妹達に手伝ってもらいながら、子育てと艦娘としての活動を並行して行い、その結果子供2人を立派な大人に育て上げた。
 
:神風自身は解体されておらず前線で戦い続けている為、提督が亡くなってから容姿が一切変わっていない。また、提督の命日には必ず墓地を訪れて現状報告することを忘れていない。
 
:神風自身は解体されておらず前線で戦い続けている為、提督が亡くなってから容姿が一切変わっていない。また、提督の命日には必ず墓地を訪れて現状報告することを忘れていない。
1,013行: 1,013行:
 
:その後は36周目提督と定期的に連絡を取り、コネ提督の魔の手から36周目鎮守府所属艦娘を守ったり、コネ提督を摘発する為の証拠集めに協力した。
 
:その後は36周目提督と定期的に連絡を取り、コネ提督の魔の手から36周目鎮守府所属艦娘を守ったり、コネ提督を摘発する為の証拠集めに協力した。
 
:37周目では37周目提督が「適当に考えたチョーすごい作戦」が本当にすごい作戦だったため37周目提督を褒める様子が描かれた。
 
:37周目では37周目提督が「適当に考えたチョーすごい作戦」が本当にすごい作戦だったため37周目提督を褒める様子が描かれた。
:実は48周目提督の先輩である先輩提督で、若い頃(当時30歳)は彼の病気に涙を流し自分のことのように悲しむような熱い性格だった。
+
:実は48周目提督の先輩である先輩提督で、若い頃(当時30歳)は彼の病気に涙を流し自分のことのように悲しむ熱い性格だった。
 
:提督と神風の交際を知り、彼の「例え我が身が朽ち果ててでも、最愛の人や艦娘達を守る為に全てを捧げる」覚悟を感じ取る。
 
:提督と神風の交際を知り、彼の「例え我が身が朽ち果ててでも、最愛の人や艦娘達を守る為に全てを捧げる」覚悟を感じ取る。
 
:そして彼はこの先、提督と同じような強い意志を宿した人に出会ったら、その人に協力を惜しまないようにすると誓う。
 
:そして彼はこの先、提督と同じような強い意志を宿した人に出会ったら、その人に協力を惜しまないようにすると誓う。
1,526行: 1,526行:
 
|-
 
|-
 
| 34スレ目 || お父さんの幸せ || >>315 || 感動/鬱? || 47周目 || 47周目提督が嫁と結婚しないようにする為、息子と娘がタイムマシンで過去に遡って歴史を変える。しかし過去改変の影響で息子と娘の存在が消えてしまう
 
| 34スレ目 || お父さんの幸せ || >>315 || 感動/鬱? || 47周目 || 47周目提督が嫁と結婚しないようにする為、息子と娘がタイムマシンで過去に遡って歴史を変える。しかし過去改変の影響で息子と娘の存在が消えてしまう
 +
|-
 +
| 34スレ目 || 六駆によるショタ提督との接し方講座 受講生ドイツ艦(※) || >>994 || ほのぼの || 4・18・19・24・25・28・29・30・33・35・36周目 || 第六駆逐隊がドイツ艦にショタ提督と結ばれる方法をレクチャーする
 +
|-
 +
| 34スレ目 || ショタ提督について語るスレ の日常(※) || >>998 || ほのぼの || 2・3・4・6・7・11・13・29・37・41・42・43・44・45・47・48周目 || 各周のヒロイン達が各ショタ提督についてネットで語り合う
 
|-
 
|-
 
| 小ネタ専用スレ(R-18のみ) || 提督の初体験 吹雪編 || >>2 || エロ || 27周目 || 27周目提督が恥ずかしさに耐えながら吹雪とエッチする
 
| 小ネタ専用スレ(R-18のみ) || 提督の初体験 吹雪編 || >>2 || エロ || 27周目 || 27周目提督が恥ずかしさに耐えながら吹雪とエッチする
1,544行: 1,548行:
  
 
== 現行スレ ==
 
== 現行スレ ==
* http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1559659821/
+
* http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1568034620/
  
 
== 過去スレ ==
 
== 過去スレ ==
1,615行: 1,619行:
 
*【艦これ】艦娘「ショタ提督に好かれたい」大鳳「その33です!」【安価】 (45~47周目)
 
*【艦これ】艦娘「ショタ提督に好かれたい」大鳳「その33です!」【安価】 (45~47周目)
 
* http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1556293213/
 
* http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1556293213/
 +
*【艦これ】艦娘「ショタ提督に好かれたい」リベッチオ「その34!」【安価】 (47~49周目)
 +
* http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1559659821/
 
*【艦これ】艦娘「ショタ提督に好かれたい」歴代提督「小ネタ専用スレ!」【R-18】
 
*【艦これ】艦娘「ショタ提督に好かれたい」歴代提督「小ネタ専用スレ!」【R-18】
 
* http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1467189409/
 
* http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1467189409/

2019年9月10日 (火) 23:27時点における最新版

【艦これ】艦娘「ショタ提督に好かれたい」【安価】
二次創作SS
原作 艦これ
ジャンル 安価スレ現行スレ
地の文 稀に
検索ワード 艦これ ショタ提督
備考 NIP
まとめ なし

【艦これ】艦娘「ショタ提督に好かれたい」【安価】SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)板にあるSSスレッド。本項では、一連のシリーズ作品について扱う。

目次

[編集] 概要

個性豊かなショタ提督達と艦娘の日常生活を描いた作品。基本的にはほのぼのとした作風であるが、中にはシリアスで胸を痛めるような重い展開の周もある。
具体的にはショタ提督が凄惨な過去を背負っていたり艦娘達や他の登場人物の死が描かれたりと、見る作品を間違えたかと思うようなハードな展開も含まれている。
とはいえ最後はハッピーエンド、あるいは何かしら救いが描かれるので終始鬱展開が続いたり後味の悪い結末になることはない。
ただし艦娘の失恋は例外で、ショタ提督と結ばれること無く終わってしまった艦娘はエピローグで悲しんだり泣いている場面が描かれ、切ないラストで締めくくられる場合もある。

[編集] 世界観

[編集] 時代設定

基本的に現代と変わらない世界として描かれている。現実に存在する物(アニメ・ゲーム・スマートフォンなど)は作中にも普通に登場している。
周ごとに世界観が変わったり設定がリセットされることはなく、全ての周が同じ世界(作中では「本編世界」と呼ばれている)として描かれている。
ただし周回によっては過去や未来の世界、異世界が描かれる場合もある。

[編集] 艦娘

艦娘は人間とは別の存在とされている。艤装を付けた際は身体能力が格段に上昇する。艤装を付けていない状態でも一般人よりは強い。また、解体しない限り歳を取らない。
各鎮守府に同一の艦娘が多数存在する。鎮守府に着任した提督を本能で慕い、自らの生き甲斐とする。逆に言えば、提督が着任しないままでは精神崩壊を引き起こしてしまう。
1度でも提督が着任していれば精神崩壊を引き起こすことはないが、それは提督が着任している状態から「提督が元気でいてくれている時」か「艦娘全員が納得出来る形で提督と別れた時」のどちらかを満たしている場合である。

[編集] 深海棲艦

艦娘と同様に人間とは別の存在とされている。ただし艦娘とは違い完全な不死身の存在である為、何度轟沈させても復活する。
通常の深海棲艦の他に、より残虐な深海棲艦も存在する。逆に後述の「ショタ提督を見守る会」などの友好的な深海棲艦も存在する。

[編集] 登場人物

[編集] 主人公

各周で主人公を務めたショタ提督を列記する。ガチショタ提督、合法ショタ提督、安価ショタ提督と順番にローテーションしていく。
ガチショタは見た目通りの子供で年齢は10歳前後が基本。合法ショタは見た目だけが子供で大半の場合は成人している。安価ショタは読者が書き込んだ設定を安価で選抜する。その為か奇抜な設定になることも多い。
基本的に全員別人だが提督同士で友人関係を築いている。作中でも歴代のショタ提督達が喫茶店(初期はファミレス)で会話する様子が描かれている。
年齢は記述が無い場合は10歳、それ以外は個別に記述する。
1周目提督
1周目の主人公。記念すべき初代ガチショタ提督にして初代主人公。
両親による英才教育のお陰で仕事はそつなくこなし特別学校も首席で卒業するほどに優秀。
3周目提督とは特別学校時代からの同期兼友達であり、当時から一緒に遊んでいる。
両親は健在。仕事が忙しく提督と会えない日々が続いている。長らく登場していなかったが、後述の48周目でついに登場した。
最初期のショタ提督だけあって普通の男の子で、一部の読者からは仕事がバリバリ出来て運動能力もそこそこ優秀で他人の好意をしっかり受け止めてフォローも出来て他人のことを純粋に凄いと思えて性知識皆無な理想の男の子と評価されている。
しかし最近は出番も少なく一部の読者から平凡すぎると言われてしまった不憫な子。32スレ目の小ネタでも42周目提督から出番が少ないことを弄られてしまった。
48周目にて、彼は48周目提督と神風の孫であることが明かされた。今のところ歴代でも唯一、主人公とヒロイン両方の血を受け継いだショタ提督ということになる。
神風曰く提督としての才能は祖父譲りで、容姿も生前の祖父と瓜二つであるらしい。
2周目提督
2周目の主人公。25歳。記念すべき初代合法ショタ提督。
かつて元帥を救った鎮守府再建の為、元帥から直々に指名され鎮守府に送り込まれたエリート提督。
生真面目な性格で艦娘達のことを第一に考えているが、それが災いして瑞鶴や五月雨に襲われそうになったり朝潮達に変な服を着せられそうになったりと欲望を隠さない彼女達に振り回されている。
普段被っている帽子は自分で縫い直さないといけないほど傷んでいるが、これは深海棲艦に殺された父親の形見。
提督を目指したのも父親の意思を継ぐ為。ちなみに母親は健在で、提督の幼い容姿は母親譲り。作者曰く母親の容姿は如月と荒潮を足して2で割った感じらしい。
所属する鎮守府は40年前から存在している為か崩壊直前であり、同じく40年前から活動を続けている艦娘も存在する。
小ネタでもやはり朝潮達に弄られることが多いが、『寝取りの舞風』では朝潮・瑞鶴だけでなく舞風や五月雨とも結ばれハーレムを達成してしまった。
3周目提督
3周目の主人公。記念すべき初代安価ショタ提督。
鎮守府に着任する直前、レ級に攻撃され頭に重傷を負う。その後遺症で記憶喪失となってしまった。
安価の影響で徹夜してしまうほどのゲーム好きになった。初雪と望月からは師匠と呼ばれ慕われている。
礼儀正しく、両親を含め誰に対しても敬語で話す。
作者曰く精神年齢は歳の割には高めで中学生レベルらしい。記憶を失う前から漫画等を読んでいたこともありムッツリスケベである。
しかし恥ずかしさが限界突破するとクールでドSな性格に豹変する。ただし本人はその間の記憶が無い模様。
『策に溺れる如月ちゃん』では如月に誘惑された結果この状態になり、迫ってきた如月を返り討ちにしている。
記憶を無くしている間も島風達に明るく接する強さを見せている。最終的には両親が持って来たビデオとアルバムを見て記憶を取り戻した。
1周目提督とは特別学校時代からの友達兼同期であり、彼ほどではないが提督も好成績を収めていたんだとか。
所属している鎮守府は凄まじい科学力を持ち、作中では「深海棲艦が大群で挑んでも返り討ちにされる」「全宇宙の惑星が最高レベルの武装で攻め込んでも勝てる気がしない」とまで評価されている。
作中でも様々な物を開発・改造している。16周目提督曰く、ここまで凄い物は未来でも開発されていないらしい。
27周目提督が勝負を挑んだ際も完敗しており、42周目提督もギャグ補正をフルに使っても歯が立たないと述べている。
ただし『名取の寝取り ~DEAD~』では技術力がそれほど高くなかったのか、深海棲艦化した睦月に壊滅させられている。
4周目提督
4周目の主人公。
母親から虐待され続けたせいで女性恐怖症を患ってしまう。鎮守府に来た当初は女性に怯えてまともに話も出来ないほどだった。
父親は浮気して失踪し、残された母親から全ての憎しみを向けられてしまう。
その後祖父母に保護され、祖父に「辛い過去を乗り越えてこそ男だ!」と言われたことが提督になるきっかけとなった。
母親とはしばらく絶縁状態だったが『再び繋がる親子の輪』で和解。彼女の罪を全て許し包み込んだ。
ちなみに祖父は17周目提督の祖父や43周目提督の祖父と知り合いである。
5周目提督
5周目の主人公。32歳。
夕張が作った薬を飲んだことにより肉体だけ10歳に若返った。
10年前から鎮守府で活動している。36周目では若かりし頃の青年提督として登場した。
お人好しな性格で、後述のコネ提督から資材援助の依頼書が届いた時も(彼の本性を知らなかったとはいえ)進んで協力している。
両親は健在。今までアラサーで独身だった提督に結婚相手が3人も出来たことを喜んでいる。
作者曰く普通オブ普通。歴代で最も普通。変に辛い過去を経験していないからある意味一番幸せ者とのこと。
6周目提督
6周目の主人公。
天真爛漫。その天然っぷりに艦娘達と会話がかみ合わないことがある。巨乳には夢と希望が詰まっていると信じている。ただし下心は皆無。
元々は海の上を歩く為に提督になったが、榛名にやんわり無理だと言われ残念がっていた。
その後『夢が叶って良かったね、提督!』では明石が作った水上歩行機で念願の海上歩行の夢が叶った。
両親は健在だが登場していない。作者曰く父親は海軍に所属しており母親は天然気味で、提督としての素質や頭脳は父親譲りで天然な性格は母親譲りらしい。
7周目提督
7周目の主人公。大人になった霞の息子。
生意気な少年のはずだが、いつもながもんに抱き殺されている哀れな子。しかし何度抱き殺されあの世に送られてもすぐに復活している為、実はかなりタフなのかもしれない。
小ネタでは武蔵に監修してもらいながら筋トレを続けた結果、凄まじい進化(?)を遂げた。詳しくは後述のその他・マッチョ提督を参照。
『ショタ憲兵の活動記録』では、ながもんに何度も抱き殺されたせいで天国については36周目提督より詳しく説明出来るようになってしまったらしい。
父親は現役の提督で、霞と結婚した後も活動を続けているらしい。
8周目提督
8周目の主人公。肉体年齢20歳。実年齢(精神年齢)60歳。
『名取の寝取り』により崩壊した未来世界から浜風達を助ける為にタイムリープして来た。自分が歩んで来た歴史との違いに悩みながらも運命を変えようと行動する。
実は時間だけでなく次元も飛び越えてしまっており、事実上のパラレルワールド(本編世界)に遡ってしまっている。
エピローグでは『名取の寝取り』世界の明石と夕張が、本当は自分を幸せな世界に逃がそうとする為にタイムリープさせたことを知った時は、あまりの悲しさに涙を流した。
泣き止んだ後、『名取の寝取り』世界で沈んだ浜風達や明石・夕張の分も生きることを決意する。
その後『次元を越えて繋がる想い』で明石・夕張と再会を果たす。その他の小ネタもシリアスな物が多く、『因果への反逆者』ではタイムリープ地獄に陥ってしまう。
両親は健在。ただしタイムリープする前は母親は死亡してしまっており、父親は『名取の寝取り』世界で起こった戦争で片腕を無くしている。
9周目提督
9周目の主人公。
12歳の時に原子爆弾で死亡し、以後60年間魂のまま彷徨い続けた幽霊。龍驤とは1日でゴールインしたチョロイン。
提督が活動している鎮守府は4年前、かつて原子爆弾により崩壊した鎮守府を再建したもの。
62年前、原子爆弾が投下される前から既に提督として活動している。
その為現在の龍驤達とは別の、62年前に鎮守府で活動していた龍驤達とも交流があった。しかし彼女達も原子爆弾によって死亡してしまっている。
幽体ではあらゆる物がすり抜け、宇宙空間や地球のコアといった場所でも平然としている。
物理攻撃はもちろん時間停止などの特殊攻撃も効かない上に他者に憑依して操ることも出来る為、戦闘能力は歴代ショタ提督の中でも非常に高いと考えられる。
更に姿を消して本当の意味でこの世から消失することも出来ると述べている。ただしその状態だと憑依が不可能となり物に触れることや自分の声を伝えることも出来なくなるとのこと。
エピローグでは3周目鎮守府の明石にクローン技術で生きた体を作ってもらった。
何気に初の人外主人公。この辺りから安価ショタ提督の設定や展開が飛躍し始めたといっても過言では無いかもしれない。
ちなみに両親は登場していないものの、作者曰く高齢ではあるが生きているらしい。
10周目提督
10周目の主人公。
生まれたばかりの頃に両親を亡くし、以後艦娘達によって育てられた。
伊401が作るお菓子に胃袋を掴まれ、9周目提督と同じように素早く攻略されたチョロイン2号。
11周目提督
11周目の主人公。26歳。
見た目が幼いことを指摘されたら怒るが本人の振る舞いも子供っぽい。夕張の変な発明品の実験によく付き合わされている。
3周目鎮守府ほどではないが、提督が所属する鎮守府も高い科学力を持つ。
16周目提督曰く、未来の家電製品の技術はこの鎮守府から提供された可能性があるらしい。
両親は健在。母親は普通の人だが父親は年齢とは対照的に幼い外見で提督と同じく振る舞いも子供っぽい。
12周目提督
12周目の主人公。
髪の毛が長くリボンでポニーテールに結んでおり、どう見ても女の子にしか見えない男の娘。
生まれつき凄まじい幸運の持ち主。しかしそれが原因で不幸な目に遭う。
幼い頃に宝くじを当てたことで父親がダメ人間になってしまい、ふと「いなくなればいいのに」と思ったことで偶然やって来た強盗に殺害されてしまう。
母親は提督を出産した時に亡くなってしまったらしい。
叔父と叔母に引き取られた後も虐待され、「もう見たくない」と考えたことで叔父達が偶然の事故で死亡してしまう。
孤児院でもいじめっ子に虐められ、彼らが「酷い目に遭えばいいのに」と考えてしまい偶然大怪我を負わせてしまう。
このままでは自分の幸運で周りを不幸にすると考え、自ら孤児院を出て飲まず食わずで彷徨う。
餓死寸前で秋月達に助けられ、そこで彼女達が提督不在の鎮守府で困っていることを知る。
その時に貰ったリボンと救ってもらった恩を胸に、自分が提督になって秋月達を助けると決意した。
『歴代提督雑談会』では、髪の毛が伸びているのは床屋が嫌いだからと述べている。
本編でも小ネタでも秋月率いる鎮守府写真部に女装させられたりその姿を撮影されている。
海軍新兵募集ポスターのモデルに選ばれた時はメイド服と猫耳で男女共に萌え死にさせ、海軍入隊希望者を爆発的に増やした。
13周目提督
13周目の主人公。大人になった雷の息子。
艦娘達を堕落させたダメ艦娘製造機。
母親譲りの包容力で艦娘達を甘やかし続けた結果、青葉以外のほぼ全員が提督に介護されている状態にまで堕落してしまった。
あまりの天使っぷりに青葉が浄化されて消え去りそうになったこともある。一部の読者からもニフラム提督と言われたほど。
逆に初雪や望月といった怠け者の艦娘は真面目で勤勉になっている。
家事も万能で、掃除洗濯炊事からお菓子作りまで何でもこなす。更に艦娘達がしがみついた状態でも普通に移動するという地味に凄いこともしている。
安価の影響で炎を使った技や飛行能力を手に入れた。更に15周目提督の力により飛行している間はどんな環境でも平気になった。
父親は現役の提督だが現在は週3日勤務で、その間は後輩が仕事しているらしい。
14周目提督
14周目の主人公。19歳。
かつて復讐の為に殺人を犯してしまった前科持ち。
性格矯正を目的として連れて来られた為、艦娘に手を出そうとすると腕を締め付ける腕輪を装着させられていた。
実際には提督が手を出すどころか翔鶴達に殴られたり叩かれたりながもんに抱きしめられたりと厳しい扱いを受けている。
父親は提督が生まれてすぐに病気で死亡してしまっている。以降は母親に育てられてきた。
小学生の時に容姿が幼いことでいじめっ子に虐められ、そのストレスを母親にぶつけてしまっていた。
中学校の時にはいじめっ子にやり返し彼らを転校に追い込むも、しばらくたったある日に仕返しされてしまう。
それがきっかけで怒りが頂点に達し、母親の静止を振り払っていじめっ子を殺害してしまう。その後逮捕され、母親に合わせる顔が無いと面会も拒否していた。
エピローグでは翔鶴の計らいで母親と面会し、涙を流して今までのことを謝罪。無事に和解した。
服役中に色々な作業をしていたこともあり手先が器用で、運動能力もそれなりに高い様子。
15周目提督
15周目の主人公。実年齢800歳。
幼い頃に海で溺れ、謎の人物に助けられた際に不老不死の力を植え付けられた。
一人称は「ワシ」で老人のような口調で話す。これは安価ショタ提督選抜時に「のじゃショタ」と指定されたことが影響すると考えられる。
不老不死の力は強力で、刃物が刺さろうが重い物に潰されようが大爆発に巻き込まれようが平然としている。
更に自身が乗っていた船が沈没したり銃撃戦や地雷原の中を歩き回ったこともあるが何事もなく生還したと述べている。
また、不死の力を応用して植物と心を通わせたり物を修復することも出来る。
戦闘能力は不死身を活かした持久戦なら歴代トップクラスと考えられる。
無限の命を手に入れてしまったことにより両親には先立たれており、以後日本を放浪する。その間も様々な悲しい別れを経験している。
70年前に一度鎮守府を訪れており、その時に元々着任していた提督や艦娘との出会いと悲しい別れを経験している。それが再び鎮守府を訪れるきっかけとなった。
歴代ショタ提督の中でも年長者なだけあって、他の周で主人公を務めるショタ提督から悩み相談を受けることも多い。
16周目提督
16周目の主人公。
60年後の未来から磯風達によって安物タイムマシンで強引に現代に送り込まれた。
未来の世界から持ち込んだ道具で磯風達を助け、鎮守府の未来を変える為に頑張る。一言で表すならドラえもん。
60年後の技術は現代よりも格段に進歩しており、どんな病気でもすぐに完治させる万能治療薬が開発されていたりゲームも仮想空間の中に入れるほどになっている。
更に現代のお金は未来では価値が上がっており、それを換金して未来の家電製品を沢山買い込んでいる。その結果鎮守府にも未来技術が導入されることとなった。
本人曰く未来では個人レベルの過去改変は認められており、タイムマシンを使った犯罪が起きても大抵の場合は解決出来ているらしい。
提督が所持していたワッペン型のタイムマシンは3周目鎮守府の明石・夕張に改造してもらい、現在はエネルギー充電の必要は無く人数無制限で時間だけでなく場所も指定出来る高性能な腕時計型タイムマシンとなっている。
未来人である為か、現代から未来に起こる出来事もそれなりに把握している様子。16周目終了後も度々登場し、その周で主人公を務めるショタ提督達に関連する出来事が未来でどうなっているかを語っている。
歴史を変える前、最初に鎮守府を訪れた際は艦娘ほぼ全員が廃人状態であり磯風達も精神崩壊寸前だった。
エピローグにて提督は大人になって年老いても鎮守府で活動を続け、歴史が変わった後も16周目提督が着任して同じように現代に遡る未来が描かれている。
両親は健在だが現代ではまだ生まれておらず、祖父母もまだ小学生である。
17周目提督
17周目の主人公。18歳。
ずっと家の中で育てられた箱入り息子。その為か恥ずかしがり屋。
最初は後ろから声をかけられただけで悲鳴を上げて驚くほどだったが、鎮守府生活が続くにつれ少しずつ慣れていった。
ヒロイン全員に惚れられている唯一のショタ提督。ただし結ばれたのは北上と妙高だけで失恋者が2人出るという大惨事周回となってしまった。
両親は超が付くほどの子煩悩で祖父母も同じく孫煩悩であり、常に4人の内の誰かに見守られている。
ちなみに祖父は4周目提督の祖父や43周目提督の祖父と知り合いである。
18周目提督
18周目の主人公。
両親の研究成果により、誰にでも変身出来る能力を得た。人間だけでなく動物や艦娘、動物性食品にも変身出来るが本人曰く実在しない人物には変身出来ないらしい。
また、変身した人物の身体能力も身に付くが特別な技量までは再現出来ないと述べている。
実は金槌で最初は全く泳げなかったが、加賀の指導により犬かきは出来るようになった。歌唱力も低く、変身しても音痴具合は変わらなかった。
春雨、響、葛城に3回連続の告白コンボを受けている。
小ネタでは加賀に物理的・性的両方の意味で食べられた。春雨には女の子の快楽を教えられた。
実家は特殊生物学研究所で、幼い頃から両親の実験を受けて育ってきた。
とはいえ非人道的な実験ではなく、提督の体に負担がかからないよう配慮していたらしい。
提督の体の細胞に他の人間の遺伝子情報を流し込み、インプットされた情報を再現するという実験を行っていた。
それを続けた結果、一目見ただけでその人の姿を完全再現出来るようになったとのこと。
両親は現在、提督以外の人間も簡単に変身出来るようになれる物を開発しようとしているが、16周目提督が住んでいた未来では両親の研究が「なりきりドロップ」という形で成功したことが示唆されている。
19周目提督
19周目の主人公。
巨乳とセクハラをこよなく愛するスケベ少年。貧乳には興味が無い。
セクハラする為だけに気配を遮断するスキルを身に付けた。忍者の39周目提督ですら見抜けないほどだがターゲット1人にしか効果が無い。
安価の影響ではあるが、セクハラ三昧かと思いきや仕事は真面目にこなしている。理由は父親から「やるべきことをせず本能に走るのは猿のすることだ!」と言われた為。
幼い頃に両親が性行為している様子を目撃し、それがきっかけでエロスに目覚めてしまった。
本人曰く保健体育で学ぶ知識からマニアックなプレイまで性に関する知識は手広く扱っているらしい。
更にエロ本・AV・エロゲまで嗜む変態でもある。ちなみにそれらは父親から送られた物。
あのながもんですらクリスマスプレゼントでエロゲをリクエストされた時は困惑していた。
20周目提督
20周目の主人公。21歳。
過去に2度女性から酷い仕打ちを受け、女性を憎むようになってしまった女性不信。
小学生の頃に担任教師に襲われそうになったり、海軍学校時代にアルバイト先で知り合った女性に財布として良い様に使われたことがトラウマになっている。
提督になろうと決意したのは担任教師に襲われる前。その為女性不信になってしまった後も両親が自分の夢を昔から応援してくれてる気持ちを裏切ることは出来ず、嫌な気持ちを押し込んで提督を目指し勉強を続けた。
睨んだ時の眼力も凄く、ながもんや武蔵が思わず震えてしまうほど。
男性とは問題無く会話出来る。実際に歴代のショタ提督達や幼馴染の親友、父親とも普通に接している。また母親も例外的に普通に接している。
21周目提督
21周目の主人公。
人間と戦艦棲姫のハーフで、戦闘能力が非常に高い。歴代でも恐らくトップクラス。
深海棲艦の大群が襲って来ても1人で無傷で返り討ちにするほど。各地の資材を一瞬で持ち帰るという島風もびっくりな素早さも兼ね備えている。
ただし耐久力は低く、パワーとスピードは凄まじいが1回でも攻撃を受けるとアウトなのが弱点。それでも並の人間よりは頑丈らしい。
実際に『見守る会の子育て奮闘日記』では敵である深海棲艦の攻撃を受けた時は重傷を負ったが、飲酒運転のトラックと衝突した際はほぼ無傷でトラックがへこんだほど。
ちなみに艦娘に対して使われる修復バケツも有効で、先述の重傷もバケツをかけられた瞬間全快している。
味覚の許容範囲も異常に広い。比叡が作ったカレーを食べた際は「刺激的な味で美味しい」と言い、更にお代わりまでしている。
ハーフだけあって白い髪と肌に赤い目と、深海棲艦の遺伝が強く表れている。また、瑞鳳曰く31周目提督と容姿が非常に似ているらしい。
安価の影響により、人魚のように美しい歌声を披露している。
幼少期の頃は両親に加え見守る会のメンバーにも育てられている。持ち前の戦闘力も見守る会との訓練で培った。
ちなみに見守る会曰く提督の戦闘力は鎮守府着任当初よりも上がっており、現在も成長を続けているらしい。
父親は現役の提督で、現在も戦艦棲姫と共に活動を続けている。
22周目提督
22周目の主人公。
14歳の時に昏睡状態となり約50年間眠り続け、クローンに記憶を移して回復した。
提督が初めて鎮守府に着任したのは50年前で、4年経ったところで大本営から艦娘達の戦闘状況を視察しろと命令される。
強制だった為に断ることが出来ず、提督は大鳳達と共に海に出向き彼女達の戦闘を少し離れた場所から視察していた。
しかし敵の深海棲艦が大鳳達の隙を突いて魚雷を放ち、提督の乗っていた船に命中し瀕死の重傷を負ってしまう。
大鳳達に保護されるも脳以外の臓器が酷く損傷しており、数日経たない内に死亡してしまうほど危険な状態であった。
そこで明石が提督の体を特殊な装置を使って細胞の死滅を遅らせ、医療技術が向上して提督を治療出来る時代が来るまで待ち続けるという提案を出す。
大鳳達はそれを受け入れるも、20年経過したところで提督の体の腐敗が進んでしまう。
しかし医療技術は当時よりも向上しており、提督のクローンを作って本体から記憶を移して回復させる方法に変更する。
そして事故から46年、提督はクローンの体で目覚めるが着任してから4年間のことを忘れてしまっていた。
その後大鳳達と触れ合い、大鳳から事情を話してもらった時に全ての記憶を取り戻した。
記憶復活前は現代の技術(高層ビルやスマートフォン等)に驚いており、記憶復活後は自分が眠り続けていた間に起こった出来事を勉強している。
両親は事故当初から提督の目覚めを待ち続けていたが、3年前に死亡してしまっている。
しかし亡くなる前に手紙を書き、それを大鳳達に預けた。エピローグにて提督は大鳳達から手紙を受け取り、それを読んだ際は両親の最期の言葉に涙を流していた。
23周目提督
23周目の主人公。23歳。
ドジで失敗ばかりだが真面目。数多く失敗しながらも艦娘達の為に頑張る。
かつて着任した鎮守府では無能過ぎて艦娘達に愛想を尽かされてしまい、他の鎮守府を転々とさせられていた。
友人であるショタ憲兵から最終通告された時は、提督になるという夢を諦めそうになってしまう。
しかし父親からの励ましの言葉を思い出して踏みとどまり、絶対に艦娘達に信頼してもらうと決心する。
母親は提督を出産したと同時に亡くなってしまっている。以降は父親に育てられてきた。その父親も幼い外見で、提督の発育の悪さは父親譲りらしい。
24周目提督
24周目の主人公。300歳。
事故で地球に不時着した宇宙人。
誰に対しても敬語で話す。一人称も「私」で非常に礼儀正しい。
宇宙人らしく頭脳明晰で、特殊能力によりガラクタを使って様々な物を作ったり宇宙船を修理している。
更に不知火達の艤装を改造したり、蒼き鋼のアルペジオに登場するコンゴウまで作り上げている。
手足を増やしたり首を伸ばしたり、体の性質を変えられたりどんな環境でも適応出来る能力も持っている。また本人は地球人より30倍長生きすると述べている。
身体能力も高いらしく、不知火に驚かされた時は叫び声が聞こえなくなるほどの高さまで飛び上がっている。
元々住んでいた母星では惑星間の貿易や交流を取り持つ仕事をしていたらしい。
16周目提督曰く、未来の地球では既に異星人との交流が行われており科学技術の発達に貢献したらしい。
25周目提督
25周目の主人公。
両親から半ば強制的に勉強させられたせいで、感情を押し殺し自分を責め続ける仕事の鬼になってしまう。
両親の金づるとして幼い頃から利用された。勉強以外のことをすれば叩かれたり罵声を浴びせられ、自分が何もかも悪いと思い込み表情を見せなくなってしまう。
しかし暁達との交流を経て笑顔と感情を取り戻した。エピローグでは暁に叱られた両親から謝罪されたことで和解した。
34周目提督とは特別学校時代からの同期であるが、提督本人は勉強ばかりしていた為面識が無かった。
26周目提督
26周目の主人公。22歳。大人になった望月の息子。
めんどくさがりで何事にもやる気が無いが要領が良い。
最初は嫌々仕事しており18周目提督や雷に仕事を押し付けようとしたこともあったが、嵐と結ばれてからは彼女に支えられながらも以前より真面目に活動するようになった。
ただしめんどくさがっていても片付けた仕事はミスが無く完璧。一部の読者からはやる気無し脱力天才型と言われている。
父親も提督として活動しているらしいが、提督が兄に見えるほど幼い外見で声も高く性格も子供っぽい。
更に提督が海軍学校に入学したのも、父親が自分と同じ仕事に就いてほしいと泣きついてきたことがきっかけである。
27周目提督
27周目の主人公。
超能力で何でも出来るがツンデレで恥ずかしがり屋。
空中浮遊や瞬間移動、重力操作に時間停止とやりたい放題。更に時間移動や不死身化、千里眼に精神操作と周回を重ねる度に新たな能力を使用している。
文字通り何でも出来る為、恐らく歴代最強の提督。一部の読者からも最強候補に挙げられるほど。
あまりのチートっぷりに吹雪から「神様にでもなるつもりですか?」とまで言われてしまった。
24周目提督に負けない頭脳の持ち主でもあり、ロプロスを完成させたり数十冊の本を一瞬で読み切ってしまうほど。
両親曰く3歳の時には大学の専門分野の勉強を終わらせていたらしい。
子供の頃、自分の超能力で周りの同級生から騒がれたことで恥ずかしがり屋になったんだとか。
16周目提督曰く、未来では生まれながらにして超能力を持つ子供はそれほど珍しいことではないらしい。
27周目終了後も明石や夕張と同じように、無理難題を解決出来る便利屋として度々登場している。
42周目提督が地球滅亡等の騒ぎを起こす度に駆け付けており、全く反省しない彼の態度に怒りを露わにしている。
28周目提督
28周目の主人公。14歳。29周目提督の弟。
幼い頃に両親の離婚で兄と生き別れになり、兄を目指して提督になったブラコン。
離婚後は母親に引き取られ、特別学校の学費は母親が祖父母に土下座して出してもらっている。
現在は提督に迷惑をかけた償いとして自力で学費を返済している。父親と復縁した後は両親2人で返済していくことにした。
安価の影響でプラズマを生み出せるようになった。
日記を毎日かかさず書いていて、兄に会えない寂しさや酒匂達への想いが記されている。
両親が離婚してから父親とは絶縁状態だったが、『提督兄弟と親子の絆』で和解。再び家族が1つになった。
29周目提督
29周目の主人公。25歳。28周目提督の兄。
両親の離婚で生き別れになった弟を探しながら提督としても活動する。試験に落ち続けた為に浪人経験・フリーター経験あり。
離婚後は父親に引き取られるが、彼の仕事が中々見つからない為に提督がアルバイトで生活費と学費を稼いでいた。
途中で父親の仕事が見つかり、以降は学費を稼ぐことに集中出来るようになった。父親は提督が入学試験に落ちている裏で、自分のせいで息子に苦労をかけてしまったと涙を流していた。
アルバイトと受験勉強の両立は難しく何浪もしてしまい途中で諦めそうになったが、28周目提督との約束を思い出し5度目の受験で見事合格した。
安価の影響で瞬獄殺を使えるようになった。本人曰くいざという時の為に習ったらしい。
両親が離婚してから母親とは絶縁状態だったが、『提督兄弟と親子の絆』で和解。再び家族が1つになった。
30周目提督
30周目の主人公。
異世界へ自由に移動出来る能力の持ち主。パラレルワールドから艦娘達に会いにやって来た。
別世界から性格の違う自分を呼び出したり男性の艦娘を呼び出したり、時には小ネタ世界で悲惨な結末を歩んだ艦娘やアニメ世界の吹雪を呼び出したりとカオス極まりない展開になっている。
幼い頃に次元歪曲装置のエネルギーを受けたことでパラレルワールドに移動する能力を得た。
本人曰く自分が住んでいる世界では艦娘は存在しておらず提督も難関資格の1つらしい。
また本編世界と比べ、提督が住んでいる世界は先述の次元歪曲装置を完成させるほどに科学技術が発達している。
両親は健在。直接登場したのは母親だけだが、本編世界から来たヴェールヌイを温かく迎え入れた。
別世界(小ネタ世界含む)から誰でも連れて来られるので、30周目終了後も日常パートでよく登場する。
31周目提督
31周目の主人公。9歳。
深海棲艦によって鎮守府に送り込まれた少年スパイ。
深海で育った為か肌が白い。ただし21周目提督と違い髪の毛は黒色。
深海棲艦に鍛えられている為戦闘能力は比較的高め。チンピラ程度なら瞬殺してしまう。本人曰く艤装を付けていない艦娘なら1対1の勝負で勝てるらしい。
提督になる為に必要な知識も深海棲艦に叩き込まれ、武器の扱い方や情報機器の操作法も教えられた。
21周目鎮守府所属の瑞鳳曰く、容姿は21周目提督と非常に似ているらしい。
両親は提督が生まれて間もない頃、後述の登場人物その他・ヲ級とレ級に殺害されてしまっており、以降は彼女達の手によってスパイとして育てられた。
ヲ級とレ級は提督に両親は艦娘が殺害したと嘘を教え、提督はそれに騙されたまま艦娘に復讐する為だけに生きてきた。
着任当初は艦娘達や人間に殺意を抱いていたが、阿賀野達と触れ合うことで次第に自分の本心が分からなくなっていく。
そして心の迷いが限界に達し、銃で自殺しようとしたところを阿賀野に止められる。
そのまま阿賀野から真実を教えられた際も絶望して自殺しようとするが、抱き締められて我に返る。
エピローグでは裏切り者としてヲ級とレ級に殺されかけるが、阿賀野達や歴代ショタ提督、見守る会の深海棲艦達に助けられる。
その後、阿賀野や鬼怒と共にこれからは艦娘達の為に生きることを決意した。
32周目提督
32周目の主人公。20歳。
艦娘達とは幼馴染で、ショタコンを拗らせた艦娘達にいつももふられている。
本人は自分は大人だと言い張っているが、子供っぽい振る舞いと幼い外見の為に艦娘達から可愛がられもみくちゃにされてばかりである。
小さい頃は鎮守府の近くに住んでいて、よく遊びに来ていた。当時提督が描いた絵や手紙、粘土細工も艦娘達が保管している。
しかし9年前、父親の仕事の都合で遠くに引っ越すことになってしまう。その時に三隈達から告白され、今度は提督として鎮守府に戻って来て告白の返事をすると約束する。
告白の返事はすっかり忘れていたが、三隈との交流で約束を思い出し自分の気持ちを伝えた。
33周目提督
33周目の主人公。
駆逐棲姫の心臓を移植している。その為身体能力が非常に高い。本人は駆逐艦や軽巡までは何とか対抗出来るが21周目提督には敵わないと述べている。
また非常に頑丈で、本人曰く怪我はもちろん刃物で刺されたり銃で撃たれても一瞬で完治し、それどころか深海棲艦の攻撃すら何十発も受けないと死なないらしい。
他にも捻挫した足を強引に戻したり、天井や壁を走り抜けたり、ドライアイスを素手で掴んだり、海中を長時間潜り続けたりと通常の人間では考えられないことも平然と行っている。
それに加え本人が言うには毒茸を食べても中毒症状が出なかったり、マグマを触っても少し熱い程度であったり、飲まず食わずでも1年間は問題無く活動出来るんだとか。
ただし首を切られると死亡してしまうのが弱点とのことだが、そのままの状態でも痛みはほとんど無く1週間は生存可能と述べている。
冷静沈着で妙に達観しているところがあり、ビスマルクに抱き締められたりパンツが見えても無反応で、潮がサメに襲われそうになっていた時も慌てることなく落ち着いた対応を取っている。
皆で海に遊びに行っても駆逐艦達とはしゃぐことはなく傍観者の立場で、見守る会の深海棲艦達からも落ち着き過ぎと言われたほど。
本人は心臓移植手術を受けてからは驚く機会が少なくなったと述べており、見守る会の深海棲艦達は心臓移植という生死の境目を経験した為に大抵のことはインパクトが薄れるのだろうと分析している。
自分に宿る力を応用して利根のカタパルトや伊勢型の瑞雲を強化した。更に安価の影響でメドローアを使えるようになった。
16周目提督曰く、未来では深海棲艦の臓器を人間に移植することは珍しい話ではないらしい。
提督の心臓移植を担当した医者が移植手術の技術を確立させ、余命宣告された人々を助けるようになると述べている。
ちなみに16周目提督が持つ万能治療薬も上記の技術を応用して開発された物とのこと。
両親は健在。提督が心臓病になった時は、寝る間も惜しんで日本全国の病院に電話して治療してくれる医者を探し続けた。
34周目提督
34周目の主人公。大人になった霰の息子。
無口で引っ込み思案な人見知りで、作中でも台詞をほとんど発しない。
ただし汗をかいてアワアワしたり顔を赤くしてモジモジしたりと表情は分かりやすい。
1人で過ごすことが好きであり、本人曰く特別学校時代は友達を作ろうとは思わなかったと述べている。
更に勉強好きでもあり筆記試験は常に90点以上。苦手な実技試験は、声が小さいことの減点を指示の的確さで補い乗り切ったんだとか。
25周目提督とは特別学校時代の同期であり、当時は声をかけられなかったが彼が黙々と勉強している姿を見ていたと述べている。
父親も母親の霰同様、大人しく物静かな性格で提督として活動しているらしい。
幼い頃、提督は将来の仕事について悩んでいたが父親の職業を聞いて自分でも出来ると思い提督を目指した。
35周目提督
35周目の主人公。24歳。
35周目開始前から妻と結婚していたが、事故により死別してしまう。最初は毎日泣くほど引きずっていた。
寂しさのあまり、木曾が作った妻人形に依存して一時的に病んだこともあった。
安価の影響と妻と死別した悲しみで無想転生を放った。
妻との出会いから別れは後述の登場人物その他・妻を参照。
両親は健在。妻の葬式にも提督と共に参列していた。
『鬱ブレイカー42周目提督 小ネタ世界で大暴れ(笑)』では42周目提督の計らいで、まさかの5人ハーレムENDを達成してしまった。
36周目提督
36周目の主人公。肉体年齢25歳。実年齢(精神年齢)50歳。
前世で壮絶な人生を歩み、1度は自殺するも記憶と技能を引き継いで転生。艦娘達の為に運命を変えようと奮闘する。
転生前の人生は後述のコネ提督による嫌がらせや深海棲艦の襲撃に遭い、大和達や両親を失い自身も解雇されるという不幸の連続であった。
転生後は猛勉強して的確な指示を出したり元帥や若かりし頃の5周目提督と協力関係を結んだりと血の滲むような努力を重ねる。
それだけでなくコネ提督の元で活動している艦娘が酷使されたり轟沈させられていることを知りながらも、不必要な歴史改変を避け大和達や両親を確実に助ける為に見捨てる等といったシビアな判断も行っている。
しかしコネ提督の鎮守府から逃げ出して来た艦娘達を保護したりと、彼女らの歴史も僅かながら良い方向へ変えている。
大和達を救う為とはいえ、助けられたはずの命を救うことが出来なかったことや自分の無力さという厳しい現実を突きつけられる。
その都度苦しんだり悩みぬきながらも、苦渋の選択を重ね未来を変える為に突き進んでいき、人生をかけて大和達を救った。
エピローグではコネ提督の鎮守府に残された艦娘達を助ける為とはいえ、前世で散々酷いことをしてきたコネ提督にも手を差し伸べている。
そしてコネ提督のせいで深海棲艦化してしまった元艦娘達とも和解しようとしたが相手側から拒絶された為、苦肉の策として攻撃する指示を出し結果的に彼女達を沈めてしまうことになった。
運命を変えた後もコネ提督の配下にいた為に沈んでしまった艦娘達について悩み、大和に励まされながらも彼女達を救えなかった罪を背負って生きていくことを決意した。
その後『大スクープ!見守る会のお宝映像大放出!』で提督達と戦って沈んだ彼女達が、見守る会の深海棲艦達に助けられていたことを知った時は涙を流していた。
転生してまで大和達を救おうと必死に努力した為か、40周目提督や43周目提督と同じく一部の読者からはぐう聖と評価されている。
転生と安価の影響でベホマズンが使えるようになった。
両親は先述の通り前世では死亡しているが、現在は生存している。特に父親は艦娘全員を練度155まで育て上げた現役の猛者提督。もちろんこれも提督の歴史改変によるもの。
今までの周とは違い1周目が始まる13年前が舞台となっている。エピローグでは1周目提督が着任する場面が改めて描かれている。
つまり1周目から続く物語は、既に提督が歴史改変を行った後ということになる。
今までの周で登場した一部のショタ提督達の人生にも影響を与えている為、ある意味重要人物とも言える。
一部の読者から36周目はターニングポイントと言われている。
37周目提督
37周目の主人公。
とにかく馬鹿だがポジティブで明るく素直。
どれくらい馬鹿かと言うと漢字が読めず指揮も雑で艦娘が困惑するほど。
特別学校時代は本人曰く丸暗記で試験を乗り切り、実技試験での指示は雑だが内容は一応まともと言われ何とかなったらしい。
それでも先生からは何度も怒られたが失敗を引きずるようなことはせず、すぐに気持ちを切り替えて次は頑張ろうと思うようにしてきたと述べている。
その持ち前のポジティブ精神で不幸艦達を励まし、皮肉を言われても言葉通り受け止め朗らかに返し、逆に相手を赤面させるほどの明るさを見せている。
両親も超がつくほど馬鹿で明るく、彼らが言うには馬鹿と馬鹿が掛け合わさった奇跡で提督になる為の力だけ偏ったんだとか。
38周目提督
38周目の主人公。21歳。
何でもそつなくこなすが同性愛者で女性に興味が無い。ムキムキマッチョマンな男の妄想をしてはトリップしている。
翔鶴の下着姿を見たり長門が全裸で突撃して来たり阿賀野の胸を押し付けられても平然としている。更に19周目提督とも巨乳と筋肉の魅力で対立するほど。
元々はムキムキの体を目指して筋トレしていたが、幼児体型から全く変わらず挫折。
ただし筋トレの成果は身に付いているらしく、見た目とは裏腹に運動能力は高い。運動会ではどの種目も1位でスポーツテストも県内上位だったらしい。
その後、学校の社会見学でムキムキ同士の提督と憲兵がお互い愛し合っていたのを見て、ムキムキの男の人と付き合う為に提督を目指す。この時同性愛に目覚めた。
実は元帥から実力を認められるほどに優秀で、友人の友提督からも「男の人が好きなことを除けば文武両道で教わったことはすぐ習得して誰にでも礼儀正しく非の打ちどころがない完璧超人。26周目提督にやる気と向上心を吹き込んだ感じ」と評価されている。
作中でも執務以外に色々なスポーツを難なくこなしたりゲームやダンス、料理も嗜むという多芸振りを見せている。
両親は健在で、提督が同性愛者に目覚めた時は「同性と付き合うこと以外がまともに育ってくれれば良い」と諦めていた。そのせいか皐月を連れて来た時は驚き過ぎて気絶している。
39周目提督
39周目の主人公。
先祖の血や技を受け継いだ少年忍者。身体能力が高く忍術も使える為かなり強いと思われる。戦闘能力は歴代でも上位が予想される。
一人称は「拙者」で「ござる」口調で話す。
作中では身体能力を強化したり瞬間移動したり憑依したり互いの精神を入れ替えたり性転換したりとかなり無茶なことも忍術でサラッと行っている。
本人曰く忍術や戦闘技術は父親から教え込まれたらしい。
川内に弟子入り志願され、以後師匠と呼ばれ慕われている。忍術の訓練や見張りも一緒に行っている。
16周目提督曰く、忍者の数は現代よりも減少しているらしい。
エピローグでは敵対勢力の忍者が攻めて来たが瞬殺。更に父親にも勝利している。本人や川内は歴代ショタ提督達との修行のお陰で戦闘力が飛躍的に上昇したと分析している。
敵対勢力については、母親が言うには先祖の対立が今までずっと続いているらしい。
40周目提督
40周目の主人公。13歳。
昏睡状態となってしまったビスマルク達を救う為、自分の体を電気信号にして深層意識の中に入り込んだ。
現実とは違う精神世界で、誰の助けも借りられずただ1人で行動し続ける。精神世界にいる間は歳を取ることはなく、不眠で飲食せずとも問題なく活動している。
孤独と絶望で発狂しそうになっても現実で眠るビスマルク達を思い出し正気を保ち続け、命懸けで彼女達を救ってみせた。
提督が精神世界で行動した年月は10年だが、現実で経過した時間は3年。現実世界に戻った時は実年齢と精神年齢の乖離に違和感を抱いていた。
ただし精神世界では体感時間が早く、気がつくと1年が過ぎているほどらしい。
36周目同様、1周目よりも過去が舞台となっている。エピローグでは31周目提督を助ける為に駆け付けた歴代ショタ提督達と対面している。
自分の命を懸けてビスマルク達を救った為か、36周目提督や43周目提督と同じく一部の読者からはぐう聖と評価されている。
『儚く散り逝く夢物語』では提督がビスマルク達を救うことが出来ず、精神世界の崩壊と共に肉体が消滅する形で死亡してしまった。
41周目提督
41周目の主人公。20歳。大鯨の息子。
天才的な料理の腕前を持ち、どんな料理でも完璧に作ることが出来る。
具体的には鳳翔や間宮といった料理が得意な艦娘達が「勝てる気がしない」と言うほど。
自分の料理を食べてくれる人には敬語で話す。一人称も「私」であることから、その礼儀正しさが伺える。
ただし松輪に対しては彼女から敬語は無しが良いとお願いされ、以降は普通の口調で話している。
作中では間宮達に料理指導を行い、鳳翔も研修生として提督から料理を教わっている。
16周目鎮守府の磯風・比叡や10周目鎮守府の伊401も提督の料理を絶賛している。そして提督も彼女達の料理を絶賛している。
シュールストレミングの臭いを嗅いだり、30周目提督が呼び出した料理が下手な提督が作った劇物を食べても平然としている。
ただ美味しい料理を作るだけではなく、何故かステータスが上昇したり無敵になったりと通常ならあり得ない料理まで作る。
艦娘達も我を忘れて提督の料理を食べ続けてしまい、松輪達ヒロイン組を除いてほぼ全員が太ってしまった。逆に貧乳空母達は豊乳ヨーグルトを食べて巨乳になった。
母親の大鯨曰く幼い頃に大鯨の料理を手伝ったことで料理に興味を持ち、それ以降は大鯨に教わったり独学で腕を上達させていったんだとか。
本人は大鯨が作るカレーライスの味は再現出来ず、その味に追いつくことが目標と述べている。
父親は現役の提督で、現在も活動を続けている。
42周目提督
42周目の主人公。本人曰く永遠の11歳。実年齢は推定138億2000万歳。
ギャグ補正が凄まじく強く、どんな無茶苦茶な行動も平然とやってのける。
年齢の時点で色々とおかしいが彼の特徴はひたすらカオス。この一言に尽きる。
事あるごとに騒ぎを起こし、その度に潮達や艦娘を巻き込む。更に深海棲艦、果ては歴代のショタ提督やヒロイン達までギャグの餌食になってしまっている。
他の周と比べメタ発言も多く、自分自身が42周目の主人公であることも自覚している。艦娘達の心の中を読んでは突っ込まれている。
提督がやらかした事例は以下の通り。
  • 本編開始直後に大爆発に巻き込まれ執務室まで吹っ飛んで来る。しかし傷は瞬時に完治し破壊された町や大怪我を負った人々をいとも容易く回復させている。
  • 片手で地球を真っ二つに。その後大爆発し、近くにいた潮と共に宇宙に吹き飛ばされる。しかしそれでも平然と生きている。
  • 艦娘や深海棲艦の砲撃、マッチョ提督のパンチといった常人なら体が消し飛ぶほどの攻撃を受けても軽傷や黒焦げ程度で済み即完治。
  • 当たり前のように水上を走り深海棲艦を単独撃破。更に戦闘機や破壊兵器を持ち出し暴れ回る。それに加え現実に存在しない武器や他作品の武器まで使っている。
  • 9周目提督に憑依されても気合で弾き返す。更に憑依中も体を操られることはなく、小ネタでは普通に物理接触している。
  • ガラクタだけでタイムマシンを開発し過去へ移動するが宇宙誕生の瞬間(ビッグバン発生時)に着いてしまう。以後歳を取らないまま現代まで生き続けて生還。
  • かと思えば机の角に足の小指をぶつけただけで死亡。幽霊になるが潮により蘇生される。『地獄?何それ美味しいの?』では同じ理由で死亡し地獄に落とされたが、そのまま大暴れして地獄から追い出され生き返った。しかし死体が放置されていたことでゾンビ化してしまったが、本人はあまり気にしていなかった。
  • 異世界の人物を呼び出しバトル。マッチョ提督やム級・ス級相手と互角に戦い、更にはドラゴンボールの孫悟空とも殴り合っている。その際必殺技も出している。
  • 41周目提督が作った激辛カレーライスを食べ、あまりの辛さに口から炎を吐いて太陽を消滅させる。しかし梯子と新聞紙とマッチだけで太陽を修復している。
  • 歌がとてつもなく下手で破壊力はジャイアンレベル。艦娘達はもちろん深海まで普通に潜ってヲ級・レ級率いる残虐な深海棲艦達をノックアウトした。
  • 秋雲と共同で同人誌を書いた際は同人誌作中の描写がリアルに反映され、艦娘達や歴代のショタ提督・ヒロイン達を巻き込んでいる。その光景は非常にカオス。
  • 幼少期の頃から溶岩に落ちたり山で遭難して氷漬けになったりハイジャックに巻き込まれたりしているが全て持ち前のギャグ補正で普通に生還している。
  • ケツワープ(スーパーマリオ64TASで使われる技)を使ってプロキシマbまで瞬間移動している。更に小ネタでは次元と時間を飛び越えてしまっている。
他にもとんでもないことをしでかしているが、全部挙げるとキリが無い為代表的な事例を記述している。
138億年もの長い間生き続けても正気を保っている辺り、実は凄まじい鋼メンタルなのかもしれない。
作中でも地球を何度も破壊し、その都度27周目提督や3周目鎮守府の明石・夕張が出向いて解決している。
戦闘能力は先述の通り考察するのが馬鹿らしくなるほど高く呆れるほどに強い。
27周目提督と同じく歴代最強と言っても良いほどであるが、本人は27周目提督や3周目鎮守府の明石・夕張には歯が立たないと述べている。
潮からは提督のギャグ補正の力を「その場にいるだけで全てギャグ展開になるなら使い方次第で救世主になれるかも」と(物扱いではあるが)評価されている。
提督本人も鬱や死亡フラグはぶっ飛ばすと述べている。実際に30周目提督と共に36周目提督が運命を変えている途中の世界に行った際はシリアスな雰囲気を一気に壊してしまった。
両親も提督同様破天荒な性格で無茶苦茶なことを平気でしでかしている。
両親は自分達のギャグ補正は遺伝によって先祖代々受け継がれてきたと述べている。更に提督のギャグ補正は周囲にも影響し、彼は一族の中でも最高傑作の遺伝子であるらしい。
そしてギャグ補正を持つ先祖は今でも全員生きており、最初はどう足掻いても死ななくて焦ったが開き直って長寿生活を楽しんでいるとのこと。
ちなみに提督を目指した理由は、将来の夢が決まらずダーツを投げて職業を決めた結果が提督だったんだとか。
『鬱ブレイカー42周目提督 小ネタ世界で大暴れ(笑)』では幾多の鬱小ネタ世界へ出向き、悲惨な運命を歩むはずだったショタ提督やヒロイン達を救った。
43周目提督
43周目の主人公。12歳。
何故か着任する提督達が艦娘に暴力・セクハラ・横領をすると言ったブラック鎮守府、通称「呪われた鎮守府」に着任する(後に25周目提督の両親がかつて着任していた鎮守府であることが判明)。
彼の祖父や父親も提督であった(ちなみに祖母は鳳翔)。しかし祖父は厳格な性格故に父親に提督以外の道を許さなかった為、心が荒み捻くれてしまった父親は幼馴染の母親と勢いで行為をしてしまう。この出来事がきっかけで提督が誕生。
それ故に父親からは疎まれるが、母親から言われた「他人を支えてあげられる優しい子になってほしい」という言葉を胸に刻み続けてきた結果、歪むことなく真っすぐに成長し、父親と正反対な性格になる。
それとは裏腹に父親は鎮守府着任後も母親や艦娘に暴力を振るったりと悪行を続ける。
最終的には艦娘の提督に対する信頼を壊す決定的な事件を引き起こし、これにより愛宕は負傷してしまう。それだけでなく母親も重傷を負ってしまう。父親はこの事件がきっかけで提督を解雇され、そのまま逮捕された。
しかし提督はそんな父親を見捨てることはせず「家族だから助けたい」と思い、彼が犯した間違いの責任を取ることや、父親を始め先代の提督達により提督に対して完全に警戒するようになった艦娘達を救おうと決意する。
着任後も唯一の理解者である妖精達と共に、艦娘達を助けようと奮闘する。
歴代ショタ提督の中ではもちろん、恐らく作中の登場人物の中でも屈指の優しく健気な性格。例え自身が殺されかけたとしても相手を気遣い思いやれる心を持っている。
その優しさに溢れた言動や行動は祖父や祖母、母親や妖精達を驚かせ、愛宕や加賀、そして父親をも救ってみせた。
読者からも聖人、ぐう聖、大天使と非常に高く評価されているほど。ただし一部の読者からは「この提督はアダルトチルドレンでは?」と心配されている。
他者を思いやるあまり無理をする傾向があり、その点については妖精から何度も心配されることもあった。
作者曰く時系列上は24周目開始から25周目終了の間の物語であり、エピローグでは43周目鎮守府に向かう途中の25周目提督や暁、彼の両親と出会う場面が描かれている。
ちなみに祖父は4周目提督の祖父や17周目提督の祖父と知り合いであり、父親が逮捕された時は彼らから祖父の子供に対する態度に対し喝を入れられた。
44周目提督
44周目の主人公。
明石と夕張によって開発された提督型アンドロイド。
初期は一般的なロボットであり、感情や自我を持っていなかった。仕事も命令に従うといった感じでこなしていた。
しかしロボットだけあって仕事は高速かつ完璧。更に複数のタスクを同時にこなすことも可能。また、仕事だけでなくゲームや楽器の演奏等の娯楽でも高い能力を発揮している。
優秀なAIが組み込まれているので、鹿島達と会話をすることも出来る。ただし初期の時点では会話内容に人間味は無く、冗談も通じず真面目に答えるほど。
とはいえ艦娘達のことを考えて行動しており、プログラムされたことではあるものの、艦娘達には無理をさせず心配り等もしっかり行っている。
一人称は「私」で、艦娘達や歴代ショタ提督達のことを様付けで呼び、誰に対しても敬語で話している。
明石と夕張の手によって定期的にメンテナンスが行われており、時には改造による強化を行われることもあった。
電力をエネルギーとしており、頭部と胴体等のパーツを分離させることも出来る。また、3周目鎮守府の明石と夕張にプログラムを強化してもらい、不具合の察知はもちろんのこと、ある程度の故障や損傷なら自動で修復出来るようになった。
途中から無線機能が搭載され、常時インターネットから情報を得ることが出来るようになった。
それに加え、後半では人工皮膚等を使って人間に近い身体を再現されている。触覚センサーや温感センサーにより人間が持つ感覚機能も搭載され、防水処理を施すことで飲食や入浴等も可能となった。
エネルギー効率も極限まで高められ、明石と夕張曰くコンセントさえあれば、ほぼ無限動力であるらしい。また、感覚を持つといっても痛覚や排泄等、苦痛を伴うものは搭載していないとのこと。
鹿島達との触れ合いにより、人間が持つ感情や自我に興味を持つようになり、鹿島達との生活の中で感情と自我がどういうものかを学んでいく。
そして感情や自我が芽生えるも、同時に鹿島に抱いている想いを自覚し、ロボットである自分が人間に恋をしてはダメと思い悩んでしまう。
しかし鹿島から告白されたことでお互いが相思相愛であることに気がつき、自身も告白して鹿島に自我を得たことを伝え、初めて笑顔を見せた。
心を持つロボットを開発出来ることもあり、提督が所属している鎮守府は夕張曰く3周目鎮守府の次に技術力が高いらしい。
エピローグでは明石と夕張によって身体細胞化機能が搭載され、機械の身体では子供を作れないという問題を解決してもらった。
自分と鹿島の寿命の問題を心配するも、永遠に一緒にいることを伝えられ、提督自身も鹿島と永遠の時間を歩むことを決意した。
物語開始時に生み出されたという意味では、歴代最年少である0歳のショタ提督ということになる。
45周目提督・裏45周目提督
45周目の主人公。
引っ込み思案な性格だが二重人格であり、もう1つの人格は気性が荒い。
本人達は引っ込み思案な人格を表の人格、気性が荒い人格を裏の人格としており、周りもそれぞれ表の提督、裏の提督として扱っている。
裏の提督は、基本的に表の提督を悪い人間から守る為に行動している。その為、表の提督に辛辣な態度を取る艦娘には睨んで怯えさせている。
しかし表の提督に好意的に接する艦娘や、常識的な接し方をする艦娘に対しては裏の提督も常識的な態度で振る舞っている。表の提督に対しても常に思いやりを見せている。
普段はどちらか片方の人格が身体の主導権を握っており、その間はもう片方の人格は内側に引っ込んでいる状態となっている。
提督本人は内側の人格と常に会話することが出来るが、内側の人格の声は周りの人間には聞こえない。
また、表も裏も互いの記憶や感覚を共有しており、それを利用して身体の主導権を握った方の人格が筋トレをしつつ、もう片方の人格が書類に目を通すといった器用なことも可能。
提督になる為の勉強をしていた時も、表と裏でそれぞれ得意分野を伸ばしつつ苦手分野を克服したらしい。
表と裏だけあって好みも正反対で、表の提督は甘い物や明るいアニメが好きなのに対し、裏の提督は辛い物や残酷な描写があるアニメが好きである。
それでいてお互いそれぞれが好みの物が苦手なので、片方が自分の好きな物を楽しんでいる時は、もう片方は我慢するはめになっている。
裏の提督は表の提督を虐める人間を懲らしめる為、トレーニングをかかさず行っているらしい。その為か裏の提督は運動神経が良く、潜水艦娘達とビーチバレーで遊んだ時も大活躍していた。
しかし表の提督も安価とコンマの影響で鳳翔や間宮に匹敵する料理の才能が開花した。
裏の提督は表の提督が自分以外に心を許せる存在が出来てほしいと考えていたが、巻雲から表の提督だけでなく自分のことも好きになったと伝えられた時、表と共に巻雲を信頼しようと決めた。
実は9周目提督と27周目提督の調査により、提督は厳密には二重人格ではなく身体に魂が2つ宿っていることが明らかとなった。
両親は健在で、2人揃って海軍関係者らしい。
46周目提督
46周目の主人公。物語開始時は8歳だったが、現在は12歳。
元々は純粋無垢な少年だったが、那智達の手によって絶世の美少女にしか見えない男の娘に育てられた。
両親が提督になる為の勉強ばかり教え込んだが故に、提督に関する知識以外は何も知らない真っ白な状態だった。
しかし変態の那智達と過ごしている内に色々な経験をし、最終的には常に女装している男の娘になってしまった。
父親と母親は凄く美形であり、提督本人も那智達が一目見た瞬間に鼻血を出して倒れるほどの美少年である。作者からも歴代屈指の美少年と明言されている。
その為か作中でも那智達は提督のあまりの可愛さに鼻血を出したり吐血したりと、彼女達が提督に対してまともに振る舞っている場面が皆無と言っても過言では無い。
ある時、那智が提督に甘えたことが提督の男の娘としての素質を開花させた。実際に提督にも母性らしきものが芽生え、これ以降は女性のように振る舞うことに抵抗が無くなっていった。
那智達はそんな提督を「提督ママ」と呼び、一時的に提督の母性で艦娘全員が幼児退行してしまう事態に陥ったこともある。
女装している時は一人称も「私」になり、容姿も両親が見ても一目では分からないほどの美少女となっている。
那智達と触れ合う内に、那智のことを考えると胸がドキドキするようになる。しかしそれを聞いて興奮した那智に上手く丸め込まれ、那智に対する憧れだったかもしれない気持ちを強引に恋愛感情として認識させられた。
しかし強引とは言っても提督本人は那智にしっかり好意を抱いているようであり、ペロペロされたり頬にキスされても嫌がることなく受け入れている。
47周目提督
47周目の主人公。26歳。
物語開始時点で既婚者であり2児の父。
我儘ばかりで辛辣な嫁に苦しめられ、酷い場合は暴力を振るわれており、鎮守府で活動している時も浜波達に心配されていた。
しかし本人は当初「自分が嫁を強姦してしまい、結婚後も避妊に失敗して妊娠させてしまった」と思い込んでいた為、その責任を取ろうと必死に嫁を愛そうとしていた。
嫁と出会ったのは10年前であり、結婚して鎮守府に着任したのは8年前。その間はずっと嫁からのDVに苦しんでいた。
子供である息子と娘からも心配されているが、提督はその度に大丈夫と言って2人を安心させるようにしていた。
しかし浜波達と触れ合っていく内に、浜波達の優しさで疲れた心を癒していくようになる。
そして浜波に恋愛感情を抱いてしまい、既婚者でありながら他の女性に気持ちが揺れ動いてしまったことに思い悩んでしまう。
その後、浜波や36周目提督から真相を聞かされる。実際に自分の責任だと考えていたのは勘違いで、強姦や妊娠は嫁に嵌められた罠だと知った時はショックを受けていた。
それでも何とか落ち着きを取り戻し、偶然にも真相の話を聞いてしまい動揺していた息子と娘を安心させ、浜波からの告白を受け止める。
今まで嫁を愛そうと努力していた提督も、真相を知った後は静かな怒りを見せており、浜波と再婚する為にも嫁と離婚することを決意する。
エピローグでは嫁や彼女の両親を鎮守府に呼び出し、離婚届と指輪を差し出した。嫁は「私にやったことを忘れたとは言わせない」と脅しをかけてきたが、浜波達から聞いた真相の話で反撃する。
それでも事実を認めようとしなかった為、3周目提督や36周目提督の力を借りて嫁の口から事実を白状させた。それを聞いた彼女の両親は激怒し、彼女に離婚するよう説得した。
最終的には離婚を認め、嫁は泣きながら両親に引き摺られていった。その後、改めて浜波に「いずれは再婚する」と約束した。
両親は健在。提督と嫁の結婚式の際は提督の表情を見て、彼は結婚を望んでいないのではないかと心配していた。
安価とコンマの影響で世界トップクラスの歌声に目覚めた。その歌唱力は傍で提督の歌を聞いていた霧島が涙を流して褒め称えるほど。
48周目提督
48周目の主人公。享年22歳。1周目提督の祖父。
本編の30年前が舞台となっており、主人公でありながら現在は既に故人となってしまっている。
末期癌が見つかり余命1年と宣告されてしまう。神風達や両親に迷惑をかけたくないと考え、終末期医療に切り替える。残された時間で神風達と思い出を作り、精一杯生きることを決意する。
抗がん剤の副作用で髪の毛が抜け落ちており、貧血で肌も白くなっているらしい。
10年前に提督として着任。更に先輩提督曰く、海軍史に残るとまで言われた手腕を発揮していたとのこと。
当時の元帥でさえ提督の実力を認めており、彼ほどの人材が消えてしまうのは海軍として非常に惜しいと述べている。
しかし着任してから5年後に癌が見つかり、その後の5年間は地道に辛い治療を続けてきたが、先述の通り末期癌となってしまった。
生きている内に何か自分が生きた証を残そうと考え、エンディングノートを書いたり鎮守府の広場に苗木を植えている。
エピローグにて、神風が「苗木は鎮守府の名所と言っても良い程の大木に育った」と述べている。
時が経つにつれ死に対する恐怖心が強くなっていき、提督の心はすり減っていく。
それでも神風達には弱音を吐かないようにと恐怖を堪え、それにより悪循環となってしまう。肉体も徐々に弱っていき、時には吐血してしまうこともあった。
神風達から献身的に支えて貰ったことで、提督は神風に対し恋愛感情を抱いてしまい「自分はもうすぐ死ぬ。こんな立場なのに恋をするなんて神風に迷惑をかけてしまう」と思い悩む。
しかし神風から告白されたことでお互いが両想いだと分かり、残された時間を2人で歩もうと決意する。
エピローグでは、自分と死別し愛の証さえ残らないことが悲しくて泣いていた神風の為に子供を作ることを決心する。
しかし性行為する体力は残っていない為、体外受精により神風の妊娠を成功させた。同時に鎮守府で神風との結婚式をひらき、正式に夫婦となった。
その後、漣が神風に子供を作ったことを叱責するが、提督は「自分で決めたことだから僕の責任」と言いながら漣を説得する。
そして神風達に「余命の1年を超えてしまうけど子供が生まれてくるまで絶対に生き延びてみせる」と誓う。
しかし提督の体は更に弱ってしまい、最終的には病院で寝たきりの状態まで衰弱してしまう。それでも漣に車椅子を押してもらいながら、妊娠で入院している神風を励まし続けた。
やがて神風が元気な双子を妊娠するが、その1週間後に彼は危篤となってしまう。震える声で神風や両親、先輩提督や幼い子供2人に最期のメッセージを告げ、静かに息を引き取った。

[編集] ヒロイン

各周でヒロインを務めた艦娘を列記する。最初にEND開放までたどり着いた艦娘をメインヒロイン、2番手以降にたどり着いた艦娘をサブヒロインとする。
鈴谷
1周目のメインヒロイン。最初に提督と結ばれた記念すべき艦娘にして初代メインヒロイン。
JKというよりは面倒見のいいお姉さんといった感じで1周目提督といつも一緒にいる。
朝潮
2周目のメインヒロイン。
ショタコンを拗らせていつも2周目提督を襲っている。朝潮型はガチ(でスケベ)。
『寝取りの舞風』では提督が舞風に寝取られるも負けじと取り返した強者。更に舞風や五月雨が提督を付き合うことを認めるという正妻の貫録を見せた。
瑞鶴
2周目のサブヒロイン。
朝潮と共に2周目提督を性的な意味で食べようとしている。
提督に自家発電(意味深)を実践しようとして拒絶されてしまうも後に和解した。性器食うボ。
『寝取りの舞風』では朝潮同様、寝取られた提督を舞風から取り返した強者。
島風
3周目のメインヒロイン。
記憶を失っても明るく振舞う3周目提督を傍で支えた。ゲームや運動で提督とよく競い合っている。
『とある鎮守府の復讐鬼達』ではレ級を容赦なく追い詰めるという、提督の為なら手段を選ばない一面もある。
如月
3周目のサブヒロイン。
島風と共に3周目提督を傍で支えた。提督を誘惑しようとするが、恥ずかしがり屋なので島風から弄られている。駆逐艦のエロ担当(笑)。
『策に溺れる如月ちゃん』ではドS化した提督によりMに目覚めてしまった。
その他の小ネタでは提督を寝取られたりそのショックで自殺したり提督が病気で亡くなったりと散々な目に遭っている。
『とある鎮守府の復讐鬼達』では島風同様、提督を傷つけた相手には情け容赦をしない一面もある。
川内
4周目のメインヒロイン。
怯える4周目提督に歩み寄り優しく包み込んだ。しかし夜戦(意味深)大好き。
小ネタでは提督と一緒に忍者の修行をしたりかまくらを作ったりと仲睦まじい様子が描かれている。え?『4周目鎮守府の悲劇 絶望の水底』?知らない子ですね。
球磨
5周目のメインヒロイン。
正妻のはずだが間宮に色々な意味で負けている。小ネタでもメインとなった回数は最も少なく多摩にも負けている。こんなのってないクマ!
間宮
5周目のサブヒロイン。
正妻の球磨よりも小ネタ登場回数が多くエロネタも多い。5周目提督を何度も搾り取っている。
多摩
5周目のサブヒロイン。
球磨、間宮がEND開放する中で何とか滑り込んだ。猫じゃないけど猫カフェは好きだにゃ。
榛名
6周目のメインヒロイン。
天然な6周目提督に振り回されながらも優しく見守る。少し病んでるのはきっと気のせい。榛名は(幼い男の子でも)大丈夫です!
白露
7周目のメインヒロイン。
最初は生意気な7周目提督と喧嘩ばかりしていたが、次第に意気投合していく。いっちばーん!なネームシップらしく白露型で最初にENDを迎えた。
よく提督と一緒にながもんから逃げ回っている。
浜風
8周目のメインヒロイン。
重い過去を抱える8周目提督の言葉を全てを信じ、いつも隣で励ました。もちろんおっぱいも使った。
8周目のサブヒロイン。
8周目提督の異様な雰囲気を感じ、原作のような棘のある言い方はしなかった。浜風と共に提督を励ます。
衣笠
8周目のサブヒロイン。
浜風と曙が突き進む中1人だけ出番が無かったが、最後に凄まじい猛追を見せENDまで辿り着いた強者。
龍驤
9周目のメインヒロイン。
なんと1日で9周目提督のハートを掴み取ってしまった。お前は全然まな板の凄さを分かってない!しかしそのせいで不知火はコミュ無しにという散々な結果に。
伊401
10周目のメインヒロイン。
両親を失った10周目提督を保護し、以後他の艦娘達と協力して育ててきた。
龍驤と同じくらいの超スピードで提督の心を盗んだ。代わりに天津風が犠牲になった。
パティシエの才能が開花し、以後「伊401のケーキ屋」を運営。
夕張
11周目のメインヒロイン。
技術力が高い鎮守府で変な物を作っては11周目提督を困らせている。でもどこでもドアを作るくらいには有能。助けて夕張えもん!
ヒロイン以外でも出番が多く、明石と共に便利屋としてよく登場している。特に凄まじい科学力を誇る3周目鎮守府の彼女達は出演回数も多い。
44周目に登場する彼女は44周目提督の開発者、すなわち生みの親であり、エピローグでは鹿島から「お義母様」と呼ばれている。
秋月
12周目のメインヒロイン。
最初は12周目提督を女の子だと思い込んでいたが、それが災いしたのか常にカメラを持ち歩いて提督を盗撮する変態になった。鎮守府写真部発足の元凶。
提督が持っているリボンはかつて秋月が渡した物で、これが提督と再会するきっかけとなった。
青葉
13周目のメインヒロイン。
パパラッチキャラかと思いきや他の艦娘達が堕落してしまったことで常識人キャラとなった。でも13周目提督の貞操はいただている。
「ショタ提督に好かれたい」スレを閲覧出来るページを知っている。反転コンマ実装後にも関わらずコンマ運の良さで文月を出番0にするほど爆走した。
翔鶴
14周目のメインヒロイン。
本編では安価により制裁空母になってしまった。しかし後に14周目提督の独白を聞き、彼を恋人として支えると決めた。
小ネタでは浮気されたり家出ドッキリされたり結婚式当日に提督を殺されたりと散々な目に遭っている被害担当艦。
天津風
15周目のメインヒロイン。
出番が全く無かった10周目とは違いリーチの武蔵を追い越してゴールした。
「艦娘は解体しない限り歳を取らない」という特性を活かし、15周目提督と永遠に生きる道を選んだ。
提督の不死身の力を受け取ったせいか、天津風本人も似た力を使えるようになった。
磯風
16周目のメインヒロイン。
最初はメシマズだったが、16周目提督が未来の道具で開発した家庭科エプロンにより料理の達人となった。
同じく道具の力で料理の鉄人となった比叡と共に絶品料理を振舞っている。
北上
17周目のメインヒロイン。
マイペースに好感度を稼ぎ、告白安価時の妨害を跳ね除け17周目提督と結ばれた。
妙高
17周目のサブヒロイン。
子供の作り方を聞かれて焦った際に神秘的な説明で切り抜けた。更にパフェ大食いにもチャレンジしたが失敗してお腹を壊した。
春雨
18周目のメインヒロイン。
18周目提督の変身に戸惑うも、普通に仲良くなってゴールインした。
小ネタでは18周目に限らず大体提督にエロいことしている。『女の快楽に飲み込まれる18周目提督』では、なんと自分自身の姿に変身した提督に対しても欲情するほどの変態っぷりを見せている。ピンクは淫乱。
13周目では安価の影響でテレポート技を習得した。
18周目のサブヒロイン。
最初は出番に恵まれなかったが、中盤から巻き返し2番手に滑り込んだ。
後に語り継がれる第六駆逐隊不敗伝説の始まり。不死鳥の秘訣はコミュのタイミングにあるんだよ。
葛城
18周目のサブヒロイン。
上2人に比べるとまともだが、18周目提督が意味を知らずにアッー!な本を読んでいる時は流石に焦った。
19周目のメインヒロイン。
第六駆逐隊不敗伝説2人目。パッドを入れて胸を揉ませてあげたりインディグネイションで気絶させてる内に19周目提督と結ばれていた。
リットリオ
19周目のサブヒロイン。
裸を見せたりおっぱいでぱふぱふするよりインディグネイションで気絶させた方が好感度が上がるという謎現象に巻き込まれた。
しかしリーチになる前に一発ツモを引くという謎の運の良さも見せた。
五月雨
20周目のメインヒロイン。
女性に対し棘のある態度を取る20周目提督にも健気に接し、見事提督の信頼を勝ち取った。
由良の告白を無意識の内に阻止してしまうくらい独占心も強い。
ちなみに彼女が登場した周では必ず誰かが失恋している。一部の読者からも指摘されている。
瑞鳳
21周目のメインヒロイン。
深海棲艦とのハーフでもお構いなしに21周目提督とイチャイチャした。
激しい大回転で思わずリバースしても好感度が上がる天使。
大鳳
22周目のメインヒロイン。
昏睡状態の22周目提督を約50年間待ち続けた。提督が記憶を失っていても悲しさを堪えて提督と接する。
その後彼女の独白を聞き記憶を取り戻した提督とゴールインした。
リベッチオ
22周目のサブヒロイン。
大鳳と共に提督をずっと待ち続けた。提督から教わったことわざは彼女の大切な思い出。
照月
22周目のサブヒロイン。
大鳳達と共に提督をずっと待ち続けた。アイスを作る時に塩と砂糖を間違えるドジっ子。
舞風
23周目のメインヒロイン。
ドジや失敗しながらも頑張り続ける23周目提督に惹かれ、告白した後は提督の心の支えになった。
2周目では失恋してしまったが登場3回目ということもあり本気を出して見事ゴールインした。
不知火
24周目のメインヒロイン。
出番無しに小ネタでは轟沈と散々だった9周目とは正反対の躍進を見せ、リーチ状態のZ3を犠牲にするも見事出番無しの無念を晴らした。
9周目でも24周目でも落ち度成分多め。24周目提督に艤装を改造してもらい駆逐戦艦になった。
25周目のメインヒロイン。
第六駆逐隊不敗伝説3人目。自分を責め続ける25周目提督に優しく寄り添い、両親に喝を入れるなど一人前のレディーに相応しい活躍をした。
26周目のメインヒロイン。
「あらし」という名にちなんで炎のコマを習得。
時にはめんどくさがりな26周目提督の背中を押してあげたり、提督に告白して「いつも通りの司令が好きだ」と言ってのけるイケメン。
吹雪
27周目のメインヒロイン。
ツンツンしてばかりな27周目提督を弄りつつも徐々に打ち解け、自分から告白して提督の顔を真っ赤にさせたりと原作主人公らしい活躍を見せた。
酒匂
28周目のメインヒロイン。
兄がいない寂しさで落ち込む28周目提督を励まし続けた。最初は「お姉ちゃん」として接していたが、後に恋人として提督を支える。
提督兄弟の想いがクロスロードの如く交わる時、傍にいたのが酒匂(+電)と長門なのは運命なのかもしれない偶然。
28周目のサブヒロイン。
第六駆逐隊不敗伝説4人目。最初は出番が無かったが、後半から最大値20を叩き出して何とか側近の座をゲットした。
風景画のデッサンで画家の才能に目覚める。その画力は写真と見間違えるほど。電画伯の本気を見るのです!
長門
29周目のメインヒロイン。
読者にとってはショタ提督や駆逐艦を見て暴走するながもんでお馴染み。何度か登場するがENDまでは到達出来ずにいた。
しかしこの周では序盤こそながもんだったものの、好感度が上がるにつれビッグセブン化していく。最終的には29周目提督を力強く支えるヒロインになってみせた。
提督兄弟の想いがクロスロードの如く交わる時、傍にいたのが長門と酒匂(+電)なのは運命なのかもしれない偶然。
ヴェールヌイ
30周目のメインヒロイン。
第六駆逐隊不敗伝説5人目。彼女でめでたく不敗伝説堂々完結。
異世界から呼び出された人物に戸惑いつつも30周目提督と仲良くなっていき、多数決では住人の妨害をコンマ最大値で粉砕してゴールインした。流石伝説の六駆は格が違った。
提督に頼んでパラレルワールドで修行したおかげで凄く強くなった。
阿賀野
31周目のメインヒロイン。
31周目提督の行動を疑問に思いつつも、仲良くなろうと積極的に話しかける。
その後提督に真実を告げるが、自殺しようとする提督を抱き締めて愛情で包み込む。だらし姉ぇどころかかっこいい姉ぇである。
鬼怒
31周目のサブヒロイン。
最初は提督を驚かそうとして睨まれるも、めげずに声をかけ続けて2番手に辿り着いた。23周目での無念を見事晴らしてみせた。
三隈
32周目のメインヒロイン。
朝雲と比叡を置き去りにし、親潮との壮絶なコンマバトルの末に32周目提督を勝ち取った。
事あるごとに提督をもふもふスリスリしたり鼻から赤色の愛情を垂れ流したりしている。
山雲
33周目のメインヒロイン。
序盤は出番が無かったが中盤から巻き返した。その躍進っぷりは朝雲の妹とは思えないほど。
33周目提督と隣り合ってお茶を飲んでいる様子はさながら人生の山場を乗り越えた老夫婦である。
そんな彼女だが12周目では変態淑女化しており鎮守府写真部に入部。12周目提督にコスプレさせては撮影し続けている。
34周目のメインヒロイン。
モジモジしている34周目提督にも優しく語りかけ、蟹との交流も経て提督の心をばっちり掴み取った。4周目での失恋を乗り越えた彼女は強かった。
大井
35周目のメインヒロイン。
原作のように毒を吐くことはなく、妻を亡くし泣いている35周目提督を傍で慰め続け彼が妻の寂しさを乗り越えるきっかけを作った。
その後大井を新しい妻として見ると約束した提督と結ばれ、エピローグでは夢の中に現れた妻から「提督をよろしく」と告げられた。
大和
36周目のメインヒロイン。
読者から「大和の呪い」とネタにされるわ弄られるわで散々だった大和だが、ついに結ばれる時がやって来た。
壮絶な人生を歩んで来た36周目提督の独白を全て信じ、全力で包み込む。提督にとっては唯一、何もかもを包み隠さず話せる仲となる。
エピローグでも自らの罪に涙を流す提督を抱き締め優しい言葉を投げかける。その姿はまさにヒロインの鑑。
これまでずっと結ばれなかったのは、時系列上1周目より前から始まった36周目で既に結ばれていたが故の必然だったのかもしれない偶然。
山風
37周目のメインヒロイン。
お馬鹿だけど真っ直ぐな37周目提督に惹かれていく。
思い切って告白したら提督から「俺も好きだ!」と掟破りの即返答をされ「俺と結婚しような!」とまで言われるラノベ主人公とヒロインも真っ青な展開に。
巷で「パパ提督製造機」と呼ばれる山風だが、作中ではむしろやんちゃな提督の面倒を見るお姉さんキャラとなっている。
皐月
38周目のメインヒロイン。
同性愛者でガチムチ男にしか興味が無かった38周目提督を振り向かせた強者。
「バイになった!」というぶっ飛んだ告白を嬉しく思う乙女な一面も。
朝雲
39周目のメインヒロイン。
大和同様、「存在が負けフラグ」「初の2回失恋か?」などとこれまた読者から散々ネタにされてきた朝雲がやっとゴールを迎えた。
忍術で無茶な行動も平然と行う39周目提督に疑問を感じながらも、少しずつ親睦を深めて行って見事結ばれる。
しかし仮に告白キャンセルされていれば夕立に逃げ切られていた。それだけ「負けフラグ」の呪縛は強いということか。
夕立
39周目のサブヒロイン。
一度は朝雲が妨害してくるものの、負けじと踏ん張って告白イベントをもぎ取ったソロモンの悪夢。
飛雷神の術失敗による「ぎそうのなかにいる」が少しトラウマになっている模様。
ビスマルク
40周目のメインヒロイン。
ご存知「ドイツの呪い」筆頭。案の定読者からこれでもかとネタにされ、今回も「これで結ばれなかったらヤバい」と言われていたが杞憂に終わった。
序盤からガンガンコミュを取りまくり、中盤で失速するも再び巻き返し多数決も読者が不憫に思ったのか一発でENDまで辿り着いた。
大和同様、時系列上は1周目より前から始まった40周目で結ばれたのはあまりに出来過ぎている偶然。
木曾
40周目のサブヒロイン。
球磨型で唯一結ばれず、またまた読者からネタにされ続けた木曾が今回ついにENDを迎えた。
ビスマルク同様序盤でガンガンコミュ数を稼ぎつつ、途中でコンマが振るわなくなるも何とか側近ポジを獲得した。
35周目では妻を模したオートマトンを作る器用さを見せた。
ビスマルクと同じく40周目で結ばれたのは運命だったのかと思わせる偶然。
松輪
41周目のメインヒロイン。
41周目提督の料理の誘惑に耐えながらも確率1%の20上昇を引き、リードしていた卯月を追い越し最終的に胃袋と恋心を掴まれた。そして提督の恋心も掴み取った。
42周目のメインヒロイン兼被害者。
42周目提督にひたすら振り回され続け、不運なことに提督と結ばれてしまった。
主に地球滅亡による爆発オチに巻き込まれ、提督と共に宇宙に吹き飛ばされている。
しかし潮自身も提督のギャグ補正の余波を受け、母乳で日本や地球の北半球を真っ白に染め上げてしまう。
序盤は提督と顔を合わせることを嫌がっていたが、リーチになると逆に「私が提督の傍について監視しないと」と考え始める。
そして曙の制止を振り切って自分から提督の元に出向き、「監視役」としてずっと提督の傍に居続けまともな男の子にしてみせると告白した。
提督曰く「かつてこれほど犯罪予告&変態発言染みた告白が今まであっただろうか、いや無い」とのこと。
リーチ以降は提督への対応も冷静になり、慌てることなくどうすれば事態を収拾出来るかを考えるようになった。同時に口調も曙ほどではないが少し刺々しいものになった。
またメタ発言も多くなり、提督ほどではないが常識を超えた行動を取ることも増えた。
提督が死亡した際も、魂が抜けた死体の後頭部を殴って強引に生き返らせている。
結ばれてからは提督とは何だかんだで夫婦漫才をしながら良好な関係を築いている。
潮に限ったことではないが、42周目はヒロイン・読者共に「出番が無い、あるいは少ない方がギャグに毒されなかった強キャラ」「独走・猛追しても嬉しくない」と散々な言われようである。
更に「ドイツの呪いは今周では役に立つ」とまで言われている。挙句の果てには失恋したはずの速吸が提督の面倒を見ずに済んで良かったと涙を流し喜んでいる。
本来なら「好感度を稼いで提督と艦娘が結ばれる」のが目的であるはずが、この周では「いかに好感度上昇を抑えて被害を少なくするか」と、もはや別ゲーと言えるほどに作品の趣旨が変わっていた。
そんな中、潮が独走している時は速吸達から生贄扱いされていた。
ちなみに潮は自分を生贄にしようとしていた狭霧に対し「知らない子ですね」「姉失格さん」と毒を吐いている。最終的には勘当し、狭霧から煽られた際は容赦無く攻撃して炭にした。
羽黒
42周目のサブヒロイン兼被害者。
序盤は影が薄かったものの終盤で謎のコンマ運を発揮し、不幸なことにリーチを突き抜けて結ばれてしまった。
前半までは出番も無く余裕をかましていたが、後半から突然出番が増え本人も焦りを見せていた。
潮や他のヒロインを生贄にして自分だけ逃れようといった腹黒い考えを持っていた為に、足柄から「羽羅黒」と言われてしまう。
そして出番が回り始めた終盤も42周目提督が起こした騒ぎから自分だけ助かろうとする行動を取り続けたが故に、最終的にリーチ無しで側近になるという因果応報の結末を迎えてしまった。
先述の通り序盤は出番が無かった為、提督の被害に遭う回数は潮に比べて少な目になっている。
30周目提督に頼んでパラレルワールドに逃げた際は、「提督がまともで常識人な世界」というある意味本編から最も遠い世界に辿りついている。
そんな羽羅黒もとい羽黒も告白以降は覚悟を決め、潮と同じように提督の傍にいてまともな子にしようと決意した。
潮同様覚悟を決めてからは提督の行動に対しても冷静になり、腹黒さが抜けた代わりに口調も少し棘のあるものになっている。
愛宕
43周目のメインヒロイン。
43周目提督の着任当初は彼を激しく嫌悪し警戒していた。
物語序盤から提督と関わる機会は多かったが、提督のことを一切信用しようとせず姉妹艦と共に提督を追い出す計画を企てることもあった(最終的に未遂に終わるが)。
ある時、提督から逃げるように走り去ったときに転んでしまい気絶。提督によって医務室に運ばれた時、彼から「戦力を残しておくため」では無く「純粋に心配したから」と聞かされたのを機に心を開くようになる。
提督が大本営から命令違反をした艦娘の解体勧告を受けた時は、嘘をついてまで艦娘達を守るその姿勢に胸を打たれ、過去の行動を恥じ提督を信用する気持ちが芽生えた。
そして提督にしてきた仕打ちを謝罪し提督の過去を聞いた上で「私は優しくされる資格はない」と自分を責めるが、それでも手を差し伸べる提督の優しさに触れ、号泣しながら今までに受けた辛い気持ちを吐き出した。
最後は今までに受けた恩を一生かけて返すと提督に誓う。
加賀
43周目のサブヒロイン。
大和同様呪いネタで弄られ続けてきた加賀だが、ついに結ばれる時がやって来た。実に6回目の出演である。
愛宕や他の艦娘同様、着任当初は提督を激しく嫌悪し警戒していた。
鍛錬中の誤射で提督を殺しかけるも、提督に咎められるどころか逆に謝罪された為に困惑したり、艦娘達を道具としてではなく人として扱う提督に心を開くようになる。
最後は愛宕同様、提督の過去を聞き号泣しながら提督に謝罪し、愛宕と共に提督を支える決意をした。
大和・ビスマルク・木曾のように、シリアスかつ提督が聖人な周回は不遇だった艦娘が救われるかもしれない偶然。
鹿島
44周目のメインヒロイン。
ロボットである44周目提督が自我や感情を得る為にアドバイスしたり協力している内に、いつしか提督に想いを寄せていた。
艦娘である自分がロボットに恋心を抱いてしまったことを悩んでいたが、香取に背中を押され告白し、見事相思相愛の仲となる。その後は思う存分提督とイチャついている。
エピローグでは明石と夕張に「お義母様」と言いながら挨拶した。また、提督から寿命についての問題を問われた時も、微笑みながら「大好きな人が隣にいてくれるなら、永遠の時間はご褒美」と答えている。
巻雲
45周目のメインヒロイン。
45周目提督の両方の人格と仲良くなろうと奮闘した結果、序盤から安定して出番を稼ぎ、告白時は住民の妨害を高コンマで跳ね返した強者。
しかし彼女の爆走が妹である浜波の失恋を招いてしまった。最後もゾロ目で浜波を蹴落とすという悪魔のような行動を取るほど油断も隙も無い。
夕雲型・眼鏡艦娘で初のゴールインという快挙を遂げた彼女だが、同時に姉妹艦で失恋者を出すという良くも悪くも目立つ結果を残すことになった。
提督に告白し、相思相愛の関係となったことで、内側に引っ込んでいる人格とも会話が出来るようになった。9周目提督と27周目提督曰く、お互いの魂が両想いになったことで共鳴している影響であるらしい。
那智
46周目のメインヒロイン。
原作での凛々しさはどこへいったのやら、とんでもない変態と化して46周目提督にハァハァしていた。それどころか彼女以外の艦娘全員も変態を拗らせている。
事あるごとに提督にすり寄り、鼻血を出したり吐血したりと提督の可愛さに大暴走していた。
更に運も味方につけ、ゾロ目を連発してガンガン出番と好感度を稼ぎ、住民の妨害も高コンマで跳ね返し、鳥海達を置き去りにして優雅にゴールインした。
提督が男の娘として覚醒した全ての元凶と言えるかもしれない。彼女が提督に甘えたことをきっかけに、提督の男の娘化がどんどん進行した。
本人も提督の母性の影響を受けており、提督に甘える時は一人称が「なっちゃん」となり口調も幼くなっている。
提督が自身に何か特別な感情を抱いたと気がついた時も、提督にあることないことを吹き込み、彼の想いを無理矢理恋愛感情として認識させた。
その時の台詞も酷く、「好きだ。愛してる。年齢差とか犯罪とか憲兵とかは関係無い。私と結婚を前提に付き合ってほしい。何なら今から結婚(を前提としたカップルがヤる)初夜でも良いぞ。むしろヤろう今すぐヤろうヤらせて下さいお願いします何でもしますから」である。一部の読者も「かつてこんな酷いプロポーズがあっただろうか」と困惑していた。
エピローグでも、提督の両親に対しても自身の変態淑女っぷりを隠そうともせず、提督との交際を却下されそうになった時は即座に全裸土下座をしたほどである。
それ以降もとんでもない発言・行動をする度に両親から呆れられている。最終的には、提督を襲おうとしたところを両親によるスタンガンで気絶させられた。
もはや原作の面影が無い那智の暴走っぷりは、彼女をヒロインとして抜擢した読者でさえ「全編通してずっと困惑しっぱなし」と呟くほどである。
浜波
47周目のメインヒロイン。
45周目での汚名返上とばかりに、嫁からのDVに苦しむ47周目提督を傍で慰め続け、彼の心の支えとなった。
告白直前で住民からの妨害を受けるも、かつて自分を失恋に陥れた姉と同じようにコンマで妨害を跳ね除けた。
提督を苦しめる嫁に対しては、事前に息子と娘からの愚痴を聞いたり彼を罵倒している様子を目撃しているので、心の中で毒を吐いている。終盤では面と向かって「お前」呼ばわりするほど。
小ネタで3周目提督を寝取った名取とは違い、本編で提督を寝取った強者と言えるかもしれない(ただし嫁は提督を寝取られても同情出来ないほどの悪行をしでかしているが)。
浜波に限った話ではないが、息子と娘からはかなり懐かれている。浜波も2人のことを「弟や妹のように仲良くしてきた」と考えている。
エピローグでは、提督を散々苦しめた上に証拠を出されても自分の罪を認めない嫁にビンタしている。それを見た提督曰く「僕の為に怒ってくれて嬉しかったし、少しすっきりした」らしい。
神風
48周目のメインヒロイン。1周目提督の祖母。
リーチ突入前に一発ツモで限界突破した強者。
余命宣告でショックを受けた48周目提督の為にマッサージをしたり、彼が体調を崩した際は医務室に連れて行ったり、医者を連れて来たり、浴場を流れるプールに変える提案をしたりと様々な場面で彼を献身的に支えた
提督を励ましている内に恋愛感情を抱いてしまい、彼にとって負担になると胸を痛めながらも我慢出来ずに告白する。
自分と提督が両想いだったと分かった後は、最期の瞬間まで彼を恋人として傍で支え続けると約束した。
エピローグでは、提督と死別する寂しさで泣いてしまう。それを知った彼と話し合い、体外受精で子供を作ることを決意する。
しかし漣から「自分の我儘で提督に迷惑をかけるな!無理をさせて寿命が縮まったらどうするの!」と強く、そして泣きながら叱責される。
神風は自責の念で涙を流して謝罪するが、駆け付けた提督が漣を説得する。その後、彼女に「絶対に元気な子供を出産する」と約束した。
そして双子の兄妹を出産。実はその双子こそが、1周目提督の父親と29周目に登場した女憲兵(名前は「かみかぜ」)であった。
これにより、提督は1周目提督の祖父であり、神風は1周目提督の祖母という事実が明らかとなった。
提督の死後、遺品を整理しているとエンディングノートと手紙を見つける。ノートには48周目本編で起こった出来事と、それに対する提督の心情が綴られていた。
そして手紙には、死してなお自分や子供達を愛し続けるという彼からのメッセージが書き残されており、神風はそれを読んで声を上げて号泣した。
その後は漣や姉妹達に手伝ってもらいながら、子育てと艦娘としての活動を並行して行い、その結果子供2人を立派な大人に育て上げた。
神風自身は解体されておらず前線で戦い続けている為、提督が亡くなってから容姿が一切変わっていない。また、提督の命日には必ず墓地を訪れて現状報告することを忘れていない。
提督の死から20年後、今度は初孫を授かることとなった。その孫こそが1周目提督で、神風は彼を非常に可愛がっている。
彼の両親が忙しい時は出来る限り会いに行き、そのお陰で1周目提督は真っ直ぐな良い子に育った。

[編集] その他

主人公やヒロイン以外の登場人物を列記する。
元帥
2周目、36周目、37周目に登場。60歳。
2周目本編の40年前、深海棲艦の攻撃を受け瀕死の重傷を負うが後に2周目の舞台となる鎮守府所属の大和に助けられ治療を受ける。
そして当時の提督(2周目提督の祖父)と出会い、意気投合した後、自身の鎮守府に帰還。
しかし数年後、前提督は不治の病に侵され病死。残された艦娘だけでは運営できずに廃れていく。
そしてその現実を打開すべく前提督の孫である2周目提督を直々に着任させ、2周目の物語は始まる。
ちなみに2周目鎮守府所属で上記の当時の事情を知っているのは鳳翔、間宮、明石、大淀、曙、霞、満潮、摩耶、暁、響、大和、扶桑とのこと。
36周目では転生後の36周目提督が特別学校で常に優秀な成績を修めていたため、それを聞きつけて興味を持ち、36周目提督と面会する。
そして36周目提督から「わが身を捨ててでも、大切な人を守りたいという熱意」を感じ自らの連絡先を教えた。
その後は36周目提督と定期的に連絡を取り、コネ提督の魔の手から36周目鎮守府所属艦娘を守ったり、コネ提督を摘発する為の証拠集めに協力した。
37周目では37周目提督が「適当に考えたチョーすごい作戦」が本当にすごい作戦だったため37周目提督を褒める様子が描かれた。
実は48周目提督の先輩である先輩提督で、若い頃(当時30歳)は彼の病気に涙を流し自分のことのように悲しむ熱い性格だった。
提督と神風の交際を知り、彼の「例え我が身が朽ち果ててでも、最愛の人や艦娘達を守る為に全てを捧げる」覚悟を感じ取る。
そして彼はこの先、提督と同じような強い意志を宿した人に出会ったら、その人に協力を惜しまないようにすると誓う。
これこそが36周目で、彼が36周目提督を助けようと考えたきっかけに繋がった。
提督が最期に残した「僕の分まで頑張って。海の平和を守って」というメッセージを胸に刻み、努力を続けて15年後に元帥まで上り詰めた。
神風とは現在も交流を続けており、時折食事に行くこともあるらしい。
マッチョ提督
10スレ目小ネタ『マッチョ提督の逆襲』にて初登場。
ながもんに抱き殺され続けた7周目提督が武蔵監修の元で筋トレを重ねた結果、とんでもないマッチョマンに進化した。
筋肉で構成された鋼の肉体は深海棲艦の攻撃が全く通用しない。しかもパンチすれば宇宙まで吹っ飛ばしてしまうほど。
時にはくしゃみで深海棲艦を空の彼方へ飛ばしてしまう。その凄まじい戦闘能力は間違いなく歴代トップクラス。もう全部こいつ1人でいいんじゃないかな。
『時空を超えるマッチョ提督』では本編の7周目提督と出会っており、その後も30周目提督によって何度か本編世界に呼び出されている。
ショタ提督を見守る会
10スレ目小ネタ『ショタ提督を見守る会 深海棲艦支部』にて初登場。
名前の通り、ショタ提督達を愛でる深海棲艦の団体。ショタ提督達はもちろん艦娘や人類の味方でもある。
最初は遠巻きに眺めているだけだったが、19周目にて出入り可能になったことで以後日常パートで普通に登場するようになった。
31周目エピローグでは歴代ショタ提督達と共に31周目提督を助ける為に全員が駆けつけた。
『大スクープ!見守る会のお宝映像大放出!』では見守る会の結成経緯が語られており、『見守る会の子育て奮闘日記』では21周目提督との交流が描かれている。
ちなみに21周目提督との訓練を積んだお陰で以前より飛躍的に強くなったらしい。
35周目にて登場。
35周目提督と結婚していた女性。35周目開始時は既に故人となってしまっている。
生前は海軍学校で提督と出会い、一緒に過ごしていく内に提督と親密になっていく。
憲兵を目指していたが試験に落ち、提督に慰められる。その後卒業式の日に提督が告白し、それを受け入れ交際を始める。
結婚4年目の日、居眠り運転の車から提督を守った為に轢かれて死亡してしまう。
作中では夢を通じて提督の前に現れる。36周目でも登場し、天国らしき場所で36周目提督と出会った。
『欲望と絶望の先へ』では生存しているものの、提督と大井達の関係を知り発狂してしまう。そして最後は提督の手を借りて自ら命を絶った。
駆逐ム級
5スレ目小ネタ『名取の寝取り ~DEAD~』にて登場。
自殺した如月の後を追った睦月が深海棲艦となった姿。
妹を失った悲しみと絶望で暴走し、圧倒的な力で3周目鎮守府を壊滅させる。艦娘もほぼ全員を轟沈させた。
その後『駆逐ム級の最期』で妹を失う原因になった名取を殺害するも、直後に落とされた核爆弾で死亡。
『名取の寝取り 地獄編』では地獄に落とされ、永遠の苦しみを与えられることになった。
重巡ス級
7スレ目小ネタ『小さな願いと絶望と』にて登場。
1周目提督を寝取った秋月と春雨に復讐した鈴谷が深海棲艦となった姿。
最初は重巡ネ級として復活し、提督に会う為1周目鎮守府に向かうも足柄達に攻撃される。
自分の目的を邪魔されたことの怒りでス級に覚醒し、艦娘全員を死に追いやった。
最後には自分自身を攻撃し、提督と一緒に海の底に沈んでいった。
レ級
3周目・31周目にて登場。
ショタ提督を見守る会のレ級とは別人で、通常の深海棲艦より残虐な存在。
3周目提督が鎮守府に到着する直前に襲撃し、頭に重傷を負わせたことで記憶喪失に陥れた。
36周目で自分の仲間がやられた際に復讐として着任前の提督を大怪我させることを思いつく。
不運なことにその被害者が3周目提督となってしまった。31周目でもヲ級と共に31周目提督をスパイとして利用した。
ただし31周目エピローグで歴代ショタ提督と見守る会からお仕置きを受け、『とある鎮守府の復讐鬼達』では島風達に捕えられ焼き土下座をさせられている。
ちなみに『レ級の3周目提督調教計画』では記憶喪失になった3周目提督を拉致して種馬にしているが、『レ級の本当の気持ち』では提督に愛情が芽生え結ばれた。
ヲ級
31周目にて登場。
ショタ提督を見守る会のヲ級とは別人で、通常の深海棲艦より残虐な存在。
31周目提督が生まれたばかりの時に襲撃し、両親を殺害して提督を拉致する。
両親を殺したのは艦娘達だと洗脳し、自分達にとって都合の良いスパイとして利用するという非道な行いをした。
レ級同様、36周目で自分の仲間がやられたことの復讐として赤ん坊を拉致してスパイに育てることを思いつく。
不運なことに被害者は31周目提督。彼女達の勝手な考えにより両親を奪われ人生を狂わされた。
ただし31周目エピローグでは、歴代ショタ提督と見守る会の助けを借りた31周目提督の渾身のパンチで吹き飛ばされた。
コネ提督
36周目にて登場。
36周目提督が不幸な人生を歩むことになった全ての元凶。
両親のコネで特別学校に入学し、鎮守府着任後も艦娘を奴隷のように扱い轟沈させる。
提督の優秀さに嫉妬しており、両親のコネで脅して彼から艦娘達を引き抜くという卑劣な嫌がらせを行った。
提督が転生する前の歴史では、かつてコネ提督に轟沈させられ深海棲艦化した艦娘達に殺されたらしい。
転生後は殺害直前に提督達が駆け付けたことにより命を救われる。その後は自分の鎮守府の艦娘に二度と姿を見せないことを約束した。
その後、33スレ目の小ネタにて、提督に命を救われた後は両親から勘当され、コネ鎮守府から離れた地方に引っ越し、清掃会社に非正規で勤めながら自分が犯した罪を後悔し続けて生きていることが明らかとなった。
空母棲姫・防空棲姫・軽巡棲鬼・駆逐水鬼・駆逐マ級・軽巡キ級・重巡ア級
36周目にて登場。
コネ提督によって酷使され沈められてしまった艦娘達の成れの果て。
36周目提督が言うには、彼が転生する前はコネ提督を殺害していたらしい。
エピローグにてコネ提督の鎮守府を急襲、残っていた艦娘ごとそのままコネ提督を殺害しようとするが36周目提督によって止められる。
36周目提督とその父親の鎮守府に所属する艦娘達との激闘の末敗れ、その場にいた全員に看取られて深海に沈んでいった。
そして後日談である『大スクープ!見守る会のお宝映像大放出!』にて、実はショタ提督を見守る会によって救出、保護されメンバーになっていたことが判明。
後に36周目提督や元コネ提督鎮守府所属だった艦娘達と再会することが出来たと、見守る会所属のレ級とヲ級の口から語られている。
妖精
43周目にて登場。
先代提督達の悪行を見てきたが彼らには相手にもされず、傷ついていく艦娘達に何も出来ない自分に歯がゆい思いを抱いていた。
そして43周目提督が着任した時、彼の優しさを見抜き一緒に艦娘達を救ってほしいと協力を申し出る。
それ以降は提督の良き相棒として、彼と共に艦娘達を救うべく奮闘する。
ほぼ全ての場面で提督と行動を共にしており、ヒロインである愛宕達よりも出番が多い。
提督の過去が描かれた場面でも、提督や愛宕ではなく妖精の目線で語られている。
その為作者からは「実質もう1人の主人公」、読者からは「ヒロイン達よりもヒロインしている」と言われることも。
他にも本編では烈風妖精、女神妖精、瑞雲妖精、応急修理要員妖精、三式弾妖精、彩雲妖精も登場している。
47周目にて登場。
47周目提督の妻であり、息子と娘の母親。
容姿端麗だが横暴かつ我儘な性格で、事あるごとに提督を罵倒したり彼に暴力を振るっている。
彼女がこうなってしまった原因は両親にあり、溺愛されて育った為に自分の思い通りにならないと激怒するような性格になってしまった。
それでいて両親が、かつてのコネ提督の両親並に顔が利く立場であることが彼女の性格の悪さをエスカレートさせている。
ただしコネ提督の両親とは違い、嫁の両親は娘の育て方を間違えたこと以外はまともな人物と言える。実際に後述の嫁がしでかしたことが発覚した際、彼女に対して激怒している。
提督とは海軍学校で出会い、一目惚れに近い形で「必ずモノにしてみせる」と決意。その為には手段を選ばず、犯罪行為でも平気で行う行動力を見せている。
両親の帰りが遅くなる日に提督を家に連れ込み、父親のワインを飲ませて彼を泥酔させた挙句に強姦するという暴挙に出た。
更に嫁は「自分が間違って酒を飲んで嫁を襲った」と提督に嘘を吹き込み、彼はそれを信じて罪悪感を抱きながら責任を取ることを誓う。
その後も嫁は提督に我儘を言い続け、結婚式を挙げた当日の夜にも彼を自分から逃れられないようにする為の作戦を実行。
コンドームに穴をあけ、更に「今日は安全日」と嘘をついて提督と性行為し、見事に妊娠。こうすることで彼に一層強い罪悪感を植え付け、子供で彼を縛り付けようと考えた。
子供のことも「提督を自分から逃さない為の道具」としか見ておらず、双子だと発覚した時は鬱陶しいと感じている(それに対し提督は双子で嬉しいと感じた)。
エピローグでは提督から離婚届を突き付けられ、当然の如く植え付けた罪悪感と両親の権力で彼を脅すが、3周目提督や36周目提督により返り討ちにされる。
それでも提督と離れたくない一心で自分の非を認めず彼を責めるが、激怒した彼女の父親や浜波にビンタされ、両親から離婚しろと説得される。
最終的に離婚を認めるものの、最後まで提督と離れることに耐えられず泣きながら駄々をこねるが、両親に連れられて提督の前から去って行った。
息子・娘
47周目にて登場。
47周目提督と嫁の子供で、二卵性双生児の兄妹。
子供想いである提督に懐いている一方で、彼に酷いことばかりしている嫁には愛想を尽かしている。
浜波達との関係も良好で、浜波達を「お姉ちゃん」と呼んで慕っている。
提督が嫁に苦しんでいる様子を間近で見てきており、嫁と離婚させる為に浜波達を彼と再婚させようと考えるほど彼の幸せを願っていた。
その想いは本物で、『お父さんの幸せ』ではタイムマシンで過去に戻り、自分達がこの世から消えてしまうことを覚悟した上で提督を嫁から守ってみせた。その後、過去改変の影響で自分達の存在が消滅する時も、最後まで提督の幸せを願い続けた。
浜波や36周目提督が提督に話した真相を偶然聞いてしまい「自分達は提督を傷つけてきた存在で生まれない方が良かった」と考えてしまう。
しかし提督からそれを否定され、抱き締められながら「2人がいたから頑張れた。生まれてきてくれてありがとう」という言葉を貰い、嬉しさのあまり号泣した。
エピローグでは嫁に対し「2度と顔を見せないで。貴女が母親だということが人生で1番恥ずかしい」と言い放った。
その分、提督が嫁の束縛から解放されたことや浜波が新しい母親になることを非常に喜んでいる。

[編集] 用語解説

スレ内にて生み出された独自の用語を列記する。
あ行
あしがる
コミュが全然取れない、あるいは出番が無いまま終わってしまった艦娘に対して使われる。
元々は1周目で足柄に出番が回って来なかったことを「あしがる。あしがるとはコミュが取れないことを言う」と読者が呟いたことから生まれた。
彼女の名誉の為に言っておくと1周目の足柄は何だかんだで2位まで登りつめている。
現在は「あしがる」の「あしが」をもじって「○○る」と言われることが多い。
過去に出番0だった為によくネタにされる艦娘は9周目の不知火、10周目の天津風、13周目の文月、32周目の比叡・朝雲。特に文月からは反転コンマが実装された上での出番0なので、より悲惨と言える。
上記の法則に従って「ぬいる」「あまつる」「ふみる」「ひえる」「あさぐる」と弄られ続けている。今後もコンマ次第では増える可能性あり。
一航戦の呪い
赤城と加賀のあまりの不遇っぷりに読者が付けた不名誉なあだ名。
赤城は22周目で大鳳達3人がENDを迎える中で1人だけ置いてけぼりに、加賀も初登場の18周目で春雨達に置いてかれてしまった。
一航戦とは言うが呪いの力は加賀の方が強く、29周目ではビッグセブン化した長門の進撃に間に合わず失恋してしまった。
37周目では提督から「書が」とまで言われてしまう始末。更に43周目でも「蛾蛾」と誤植されてしまっている。
同じく呪い持ちであるが5回目でENDを迎えた大和に差を付けられていたが、43周目にてついに加賀が結ばれた。ゴールを迎えた瞬間、読者達の間が感動の涙で包まれた。
この調子で赤城もゴールインしてほしいものである。
鬱小ネタ君
本編のほのぼのとは比べ物にならないほどの、あるいは本編のシリアス展開以上に重く暗い内容の小ネタを指す。
後述の小ネタの中には鬱や救いの無い内容の小ネタが安価で選ばれることがある。
その内容は多岐に渡りショタ提督達や艦娘が死亡するのは当たり前で、中には世界や本編にまで被害が拡大してしまったこともある。
特に『名取の寝取り』は未だに読者の間でも語り継がれている。ヒロインとして登場したことが無い睦月が闇堕ちしてしまっている。
この小ネタのせいで名取が話題に挙がると「名取いつも提督寝取ってるもんな」と弄られる。31周目で名取が登場した際も「寝取りの時間だ」とまで言われる始末。読者の間では名取の名前は寝取り(NTR)の代名詞として使われている。
鬱からほのぼのに移り変わった小ネタもあるがやはり少数。基本的にはBADENDしか描かれない。
ショタ提督を題材にした作品だから大丈夫だろうと思い油断しながら見ると心を抉られるので注意。
さ行
存在が負けフラグ
朝雲の連敗続きを見た読者が名付けた、もはや原形すら留めていない不名誉なあだ名。
6周目で失恋し、32周目でも出番が回って来ないという嫌な予感がする中で、読者が「このまま出番0で終わったら存在が負けフラグの称号を与えたい」と呟いたのがきっかけとなる。
そしてその指摘は見事的中。三隈の親潮との戦いに決着がつきゴールインした時こそが、朝雲が「存在が負けフラグ」と弄られる未来が確定した瞬間である。
彼女の凄い所は「失恋」と「出番0」の2つを経験した唯一の艦娘である点。上記や後述の呪いと言われている面子も、現時点では「失恋」「出番0」の両方を経験した艦娘はいない。
36周目で登場した際も案の定「大和の呪いとドイツの呪いと存在が負けフラグならぽいぬの圧勝じゃね?」と言われしまう始末。
だがそんな彼女も39周目でついにENDを迎え、「存在が負けフラグ」の称号を「勝ち組」に変えてみせた。
た行
第六駆逐隊不敗伝説
別名「六駆不敗神話」。反転コンマという運が絡む中で4人+1人全員が一発でゴールインするという異常事態に読者が付けた称号。
18周目の響からスタートしたがこの時はまだ伝説とは言われていなかった。19周目の雷も同様である。
25周目の暁から「あれ?暁型って全員1回でゴールしてるような」と指摘され始め、以後六駆の活躍が期待されることになる。
しかし28周目の電は序盤の出番が少なく「いなってる」とまで言われ出したが、出番が回って来た所で確率1%の最大値20を引くという快挙を遂げて見事結ばれる。
この時点で読者は「暁型には呪いなんて効かない」という信頼を抱いていた。
そして30周目にヴェールヌイが登場。安定して行動権を獲得し、多数決では読者の妨害で告白キャンセルされかけるも最大値10を叩き出して優雅にゴールイン。
それ以降読者からは「第六駆逐隊不敗伝説」として讃えられ語り継がれることになる。
時には「大和は暁型を見習うべき」「ドイツもな」と、上記や後述の不遇艦達にも六駆の奇跡を語りかける光景も見られるほどである。
たけぞうの呪い
別名「武蔵の呪い」。最初にリーチに辿り着くも後からENDを迎えた艦娘にショタ提督を掻っ攫われる不憫さに読者が付けた不名誉なあだ名。
15周目にて序盤からどんどん好感度を稼ぎリーチまで到達するも、「あまつる」の汚名返上とばかりに食らいついてきた天津風が追い抜かしENDまで逃げ切られ失恋してしまう。
それを見た読者が「超慢心級戦艦たけぞう」と呟き、最終的に姉のあだ名に則って「たけぞうの呪い」としてネタにされることとなった。
その後も先にリーチになるも後から来た追手に逃げ切られ失恋した艦娘に対してもよく使われる。彼女の名誉挽回の時はいつ来るのか。
ドイツの呪い
ドイツ艦がいつまで経っても誰1人結ばれないことに憤慨した読者が付けた不名誉なあだ名。
ドイツ艦自体は4周目の呂500が最初であるが、この時はまだネタにはされていなかった。本格的に呪いが牙をむいたのは24周目。
ドイツ艦3人に不知火1人という圧倒的戦力の中、「またぬいりそう」「すでに落ち度」と言われていた不知火が爆走し単独ENDを迎えてしまう。
先にリーチに到達していたZ3は「たけぞうの呪い」がクリティカルヒットし、不知火に逃げ切られ失恋してしまう。
その後もビスマルク達が何度もヒロインとして名乗り出るも連敗し続ける。そして読者は「これドイツの呪いじゃね?」と弄り始めた。
ドイツ艦が結ばれるのは無理なのかと諦めムードが蔓延していた時、ついに40周目でビスマルクが正妻の座を勝ち取ることに成功した。
この流れに乗って他のドイツ艦も呪いを断ち切ってENDを迎えてほしいものである。
や行
大和の呪い
登場回数こそ多いものの中々結ばれない大和に対して読者から付けられた不名誉なあだ名。
7周目、17周目、20周目、25周目と4回に渡り登場するが、何故かいつまで経っても結ばれない。
17周目に至っては出番が少なく最後尾でお茶を啜るほど諦めていたが、急にコミュ数が増えてリーチになった所で北上と妙高がゴールインしたことでザラキーマを受けるという哀れ過ぎる結末に。
その為大和が登場した時はもちろん出番が少ない艦娘に対しても「大和の呪いかな?」「おのれ大和」などと言われる始末。
そんな大和も36周目でついにENDを迎え、長い間苦しめられた呪いから解放された。
由良の呪い
シリーズ初の失恋2回目(2連続失恋)をしてしまった由良に対して読者から付けられた不名誉なあだ名。
同じように呪いネタで弄られ続けてきた大和・一航戦・ドイツ艦、「存在が負けフラグ」もとい朝雲も含めてシリーズ通して2回失恋する艦娘は出なかったが、43周目でついに出てしまった。
初登場の20周目では提督が艦娘を嫌悪しており、2度目の登場を果たした43周目では艦娘が提督を嫌悪しているという、由良の立場がそれぞれ真逆の周回であるにも関わらず、どちらも失恋してしまっている。
原作でも割と控えめな印象を受ける彼女だが、その性格が災いしているとでも言うのだろうか。
恐らく呪いのレベルとしては最強クラス。今後彼女が再登場を果たした周回でも同じように失恋を迎えてしまうのか、それとも・・・。

[編集] 小ネタ

本編とは別に、安価により選ばれた小ネタが描かれる場合がある。基本的にパラレルワールドとなっているので、ジャンルがより多彩になっている。
本編同様のほのぼのや本編の後日談・補完もあれば、ショタ提督と艦娘がエッチなことをするエロ系、救いが無く登場人物が死ぬような鬱系(先述の通り読者からは鬱小ネタ君と呼ばれている)、涙を誘う感動系、挙句の果てにはカニバリズムのようなグロ系、エロ系から派生したNTR系と、万人受けする小ネタから人を選ぶ小ネタまで幅広く網羅している。

以下、過去スレで描かれた小ネタ。(※)は題名が不明の小ネタで、リクエストされた安価の文章をそのまま記述している。

該当スレ 題名 レス番号 ジャンル 舞台となる周回 概要
1スレ目 足柄、出番の少なさにやさぐれる >>163 ほのぼの 1周目 あしがっている状態の足柄が愚痴っている
1スレ目 名取、勇気を出します! >>248 ほのぼの 1周目 恥ずかしがり屋の名取が頑張って1周目提督に話しかける
1スレ目 暴走足柄さん ショタ提督の純潔、散る…… >>250 エロ 1周目 明石が作った媚薬を飲んで暴走した足柄が1周目提督を逆レイプする
1スレ目 春雨秘蔵のスープ >>364 ほのぼの? 1周目 春雨が自分で出汁(意味深)を取ったスープを1周目提督に飲ませる
1スレ目 ドジっ子じゃありませんよぉ! >>484 ほのぼの 2周目 ドジっ子ながらも健気に頑張る五月雨
1スレ目 カラオケ対決!勝つのは誰だ!? >>489 ほのぼの 1・2周目 カラオケ店い来た1周目・2周目メンバーが点数を競い合う
1スレ目 劇的!ビフォーアフター ~ショタ提督の女装~ >>605 ほのぼの 1・2周目 1周目提督と2周目提督がヒロインに女装させられる
1スレ目 五月雨、ショタ提督を食べる(性的な意味で) >>615 エロ 2周目 >>562のコンマ判定が成功した場合の2周目提督と五月雨
1スレ目 大人になったショタ提督 2周目編 >>719 ほのぼの 2周目 ヒロインが年相応の外見となった2周目提督が現れる夢を見る
1スレ目 忠犬朝潮!司令官に尽くします! >>724 ほのぼの 2周目 朝潮が2周目提督に対してやりすぎな世話を焼く
1スレ目 淫乱ピンク春雨ちゃん >>737 エロ 1周目 ムラムラしすぎて耐えられなくなった春雨が1周目提督を逆レイプする
1スレ目 教えて香取先生!自家発電ってなぁに? >>831 エロ 2周目 香取が2周目提督に自家発電(意味深)の意味を実演しながら教える
1スレ目 濃厚春雨スープ、召し上がれ♪ >>840 エロ 1周目 『春雨秘蔵のスープ』の後日談。春雨が1周目提督にまたがり直でスープ(意味深)を飲ませる
1スレ目 元帥の過去 >>990 補完 2周目 2周目提督を鎮守府に派遣した元帥の過去を知る艦娘に話を聞く
2スレ目 秋月、(司令の主砲に)出撃致します! >>38 エロ 1周目 秋月が寝ている1周目提督の主砲を食べる(性的な意味で)
2スレ目 朝潮大暴走!提督の純潔、散る…… >>47 エロ 2周目 朝潮が明石が作った媚薬を飲んで2周目提督を逆レイプする
2スレ目 秋月、司令の初めてをいただいます! >>179 エロ 1周目 『秋月、(司令の主砲に)出撃致します!』の続き。秋月が眠っている1周目提督を襲う
2スレ目 提督の初体験 朝潮・瑞鶴編 >>184 エロ 2周目 2周目の後日談。2周目提督と朝潮・瑞鶴が3Pする
2スレ目 あったかもしれない世界 File.舞風 >>306 エロ 2周目 舞風がENDを迎えていたらというIF。2周目提督と舞風がエッチする
2スレ目 皆でLet's マリオパーティ! >>403 ほのぼの 3周目 3周目提督が望月・初雪・如月とマリオパーティをプレイする
2スレ目 1周目提督監禁事件 調教へのカウントダウン >>489 エロ 1周目 1周目提督が病んだヒロインに監禁される
2スレ目 提督の生い立ち 3周目編 >>597 補完 3周目 3周目提督が鎮守府に着任するまでの人生が語られる
2スレ目 魅惑のバレンタインデー >>728 ほのぼの 1~3周目 各周のヒロインが各周のショタ提督にチョコレートを渡す
2スレ目 1周目提督大暴走! 訪れる性の目覚め(強制) >>751 微エロ 1周目 明石が作った媚薬を1周目提督が飲んで暴走する
2スレ目 提督の初体験 鈴谷編 >>759 エロ 1周目 1周目の後日談。1周目から5年後、1周目提督と鈴谷がエッチする
2スレ目 とある鎮守府の復讐鬼達 >>891 補完? 3周目 ヒロインが3周目提督を襲ったレ級に焼き土下座をさせる
2スレ目 第1回 提督対策会議 >>989 ほのぼの 4周目 ヒロインが4周目提督とどうやって親密になるかを話し合う
3スレ目 3周目提督のゲーセン体験記 >>22 ほのぼの 3周目 3周目提督が島風に誘われてゲーセンに行く
3スレ目 提督大集合 1~3周目編 >>111 ほのぼの 1~3周目 1~3周目提督が雑談する。これ以降本編でもショタ提督同士が話し合う展開が多くなる
3スレ目 入浴シーン……だが男と人外だ >>207 ほのぼの 4周目 4周目提督と蟹が一緒に入浴する
3スレ目 提督の初体験 川内編 >>343 エロ 4周目 4周目の後日談。4周目提督と川内がエッチする
3スレ目 間宮さんの隠し味(意味深) >>426 エロ 5周目 間宮が5周目提督の料理に媚薬を混ぜてエッチする
3スレ目 猫カフェに行こう! >>523 ほのぼの 5周目 5周目提督と多摩が猫カフェに行く
3スレ目 策に溺れる如月ちゃん >>640 エロ 3周目 3周目の後日談。如月が3周目提督を誘惑したら逆に返り討ちにされてしまう
3スレ目 提督の主砲のお手入れ 4周目編 >>907 エロ 4周目 朧が4周目提督の主砲を口でお手入れ(意味深)する
3スレ目 名取の寝取り >>963 NTR 3周目 名取が島風・如月から3周目提督を寝取る。後述の後日談を含めて本編8周目と間接的に繋がっている
3スレ目 ドンマイむっちゃん! >>977 ほのぼの 2・4・5周目 球磨・間宮・多摩に置いてかれた陸奥が舞風・朧と愚痴る
4スレ目 夢で覗くもしもの世界 足柄編 >>15 ほのぼの 1周目 足柄が自分が1周目提督と結ばれた夢を見る
4スレ目 名取の寝取り ~AFTER STORY~ >>106 3周目 『名取の寝取り』の後日談。名取が3周目提督を寝取った数年後、島風は失声症になり如月は自殺する
4スレ目 秋雨コンビの提督強奪大作戦! >>119 NTR 1周目 秋月・春雨が鈴谷から1周目提督を寝取る
4スレ目 秋雨コンビの提督強奪大作戦! ~AFTER STORY~ >>210 1周目 『秋雨コンビの提督強奪大作戦!』の後日談。数ヶ月後、復讐の為に鈴谷は明石に作ってもらった爆弾で自分諸共秋月・春雨を沈める
4スレ目 未来からの来訪者 3周目編 前編 >>223 ほのぼの 3周目 3周目の後日談。3周目提督と島風・如月の子供のしまかぜ・きさらぎがタイムマシンで未来からやって来る。
4スレ目 明石作:提督専用艤装(レプリカ) >>299 ほのぼの 6周目 明石が6周目提督に徹夜でレプリカの艤装を作ってあげる
4スレ目 未来からの来訪者 3周目編 後編 >>308 ほのぼの 3周目 『未来からの来訪者 3周目編 前編』の続き。大人になった3周目提督・島風・如月が登場する
4スレ目 ろーちゃんとローション風呂 >>443 エロ 4周目 4周目提督と呂500がローション風呂に入ってエッチする
4スレ目 4周目鎮守府の悲劇 絶望の水底 >>621 4周目 艦娘に酷い目に遭わされる夢を見て絶望した4周目提督が投身自殺する
4スレ目 夢が叶って良かったね、提督! >>636 ほのぼの 6周目 『明石作:提督専用艤装(レプリカ)』の後日談。6周目提督が明石に水上歩行機を作ってもらう
4スレ目 提督達のはっぱ隊! >>912 ほのぼの 1~7周目 7周目までのショタ提督達がはっぱ隊の「YATTA!」を踊る
4スレ目 提督の初体験 榛名編 ~結婚初夜~ >>986 エロ 6周目 6周目の後日談。6周目から8年後、結婚式を挙げた6周目提督と榛名がエッチする
5スレ目 提督トレード物語 3・7周目編 >>232 ほのぼの 3・7周目 3周目提督と7周目提督が頭をぶつけて精神が入れ替わる
5スレ目 4周目鎮守府の悲劇 もう1つの物語 >>360 感動 4周目 『4周目鎮守府の悲劇 絶望の水底』の分岐。4周目提督が飛び降りる前に川内が間に合い自殺を止める
5スレ目 名取の寝取り ~DEAD~ >>497 3周目 『名取の寝取り ~AFTER STORY~』の後日談。如月の後を追った睦月が深海棲艦化して鎮守府を壊滅し、その場にいた艦娘も轟沈させる
5スレ目 一晩だけ実った想い >>696 エロ/しんみり 6周目 『提督の初体験 榛名編 ~結婚初夜~』の分岐。失恋しても諦めきれない朝雲が6周目提督に1度だけ抱いてもらう
5スレ目 冷たい提督、温かい伊19 >>992 しんみり 9周目 9周目提督と伊19が一緒に寝る
6スレ目 がんばれながもん ハグハグ道中 鎮守府天狗り返しの巻 >>100 ほのぼの 7周目 長門が7周目提督を優しく抱きしめる為に特訓する
6スレ目 提督の初体験 白露編 >>305 エロ 7周目 7周目の後日談。7周目提督と白露がエッチする
6スレ目 ぬいぬいにもバレたドジっ子提督 >>391 ほのぼの 9周目 9周目提督のドジで不知火に自分が幽霊だということがバレてしまう
6スレ目 ストーk……ステルス不知火 >>480 ほのぼの 9周目 明石に透明マントを作ってもらった不知火が9周目提督の生活を覗き見る
6スレ目 忘却と孤独の彼方へ >>650 9周目 皆から忘れ去られた不知火が人知れず轟沈する
6スレ目 2人だけの時間 朝潮編 >>694 エロ 2周目 『提督の初体験 朝潮・瑞鶴編』の後日談。2周目提督と朝潮が2人だけでエッチする
6スレ目 不知火天津風ご乱心!飯テロの悲劇(笑) >>770 ほのぼの? 9・10周目 出番が無かったことに怒った不知火と天津風がヤケクソでシュールストレミングを開ける
6スレ目 THE TEITOKU M@STER! >>841 ほのぼの 1~11周目 11周目までのショタ提督達がアイドルマスターの「GO MY WAY!!」を踊る
6スレ目 駆逐ム級の最期 >>916 3周目 『名取の寝取り ~DEAD~』の後日談。あれから20年後、睦月は全ての元凶の名取を殺害するも核爆弾で死亡する。3周目提督も巻き込まれる
7スレ目 小さな願いと絶望と >>39 1周目 『秋雨コンビの提督強奪大作戦! ~AFTER STORY~』の後日談。深海棲艦として復活した鈴谷が鎮守府ごと艦娘を滅ぼし、1周目提督と共に海に沈む
7スレ目 寝取りの舞風 >>156 NTR 2周目 舞風が朝潮・瑞鶴から2周目提督を寝取る
7スレ目 星の光と夜の海 >>419 しんみり 4周目 川内が4周目提督をおんぶしながら夜の海を散歩する
7スレ目 提督の初体験 夕張編 >>490 エロ 11周目 11周目の後日談。11周目提督と夕張がエッチする
7スレ目 提督の初体験 龍驤編 >>601 エロ 9周目 9周目の後日談。9周目提督と龍驤が魂が入れ替わった状態でエッチする
7スレ目 寝取りの舞風 ~ANOTHER STORY~ 繋がる想いと通じる気持ち >>721 ほのぼの 2周目 『寝取りの舞風』の後日談。2周目提督を寝取られた朝潮・瑞鶴が負けじと証拠を集め舞風から寝取り返した後に和解する
7スレ目 名取の寝取り 地獄編 >>834 3周目 核爆弾で死亡した3周目提督・名取・睦月が地獄に落とされ永遠の苦しみを味わう
7スレ目 間宮さんと授乳プレイ >>925 エロ 5周目 5周目提督が間宮の胸にむしゃぶりつく
7スレ目 ヒロイン達の勉強会 カメラの使い方 >>986 ほのぼの 12周目 ヒロインがカメラについて学び合う
8スレ目 男の娘提督のエリート塩大福 >>38 ほのぼの? 12周目 秋月達が12周目提督のエリート塩大福を作る
8スレ目 死後の世界で通じる想い >>73 感動 3周目 脳腫瘍により亡くなってしまった3周目提督と『名取の寝取り』で自殺した如月が天国で結ばれる
8スレ目 ヤンデレ艦娘「ショタ提督を独占したい」 2周目編>>157/3周目編>>167/4周目編>>235 修羅場 2~4周目 2~4周目のヒロインが各ショタ提督を独占しようとしたり共有したりストーキングしたりする
8スレ目 間宮さんと搾乳プレイ >>247 エロ 5周目 『間宮さんと授乳プレイ』の続き。今度は5周目提督が胸でミルク(意味深)を搾られる
8スレ目 レ級の3周目提督調教計画 >>312 エロ/鬱 3周目 3周目提督がレ級に連れ去られ、種馬要因として育てられ利用される
8スレ目 提督誘拐事件 >>446 ほのぼの 1~12周目 ショタ提督達が誘拐され、それをヒロイン達が救い出す
8スレ目 もう1つの8周目 >>600 感動 8周目 8周目提督が異世界ではなく本当に過去に遡ることが出来ていたらというIF
8スレ目 W秋月の対談 >>697 ほのぼの 1・12周目 1周目と12周目の秋月同士が語り合う
8スレ目 4周目ダイジェスト SIDE:蟹 >>781 しんみり/補完 4周目 朧が飼っている蟹目線で見た4周目
8スレ目 初めての同人誌 >>881 ほのぼの/エロ 13周目 13周目提督が秋雲の同人誌をつい読んでしまう
8スレ目 提督の初体験 秋月編 >>974 エロ 12周目 12周目の後日談。12周目提督と秋月がエッチする
8スレ目 歴代提督雑談会 >>998 ほのぼの 1~13周目 13周目までのショタ提督達が雑談する
9スレ目 ケッコンご報告!祖父母の想い >>167 感動/補完 4周目 4周目の後日談。4周目提督が川内と共に祖父母に会いに行く
9スレ目 間宮さんLet's play! >>175 エロ 5周目 『間宮さんと搾乳プレイ』の続き。5周目提督と間宮がエッチする
9スレ目 恐怖の妙高 中破の呪い >>270 ほのぼの 11周目 11周目提督が中破姿の妙高に追いかけられる夢を見る
9スレ目 改二の秘密 >>382 エロ 12周目 改二に改造する為に時雨と夕立が12周目提督とエッチする
9スレ目 妖精とかくれんぼ! >>473 ほのぼの 1周目 1周目提督が妖精とかくれんぼで遊ぶ
9スレ目 提督&秋月の大阪日帰りグルメ旅 >>641 ほのぼの 12周目 12周目提督と秋月が大阪に行って食べ歩きする
9スレ目 速さ+色気=誘惑 >>660 ほのぼの? 3周目 『策に溺れる如月ちゃん』の前日談。3周目提督に手を出してもらう為に島風と如月が誘惑する
9スレ目 秘密の修行 春雨の思惑 >>739 エロ 13周目 炎を吐けるようになった13周目提督に春雨が特別な修行だと騙してエッチする
9スレ目 寝取りの舞風 蒼い雨と光の雫 >>837 しんみり 2周目 『寝取りの舞風 ~ANOTHER STORY~ 繋がる想いと通じる気持ち』の後日談。1人だけ取り残されて寂しくなった五月雨が2周目提督の養子になる
9スレ目 因果への反逆者 >>972 8周目 8周目提督が何度も過去に遡るがどうしても浜風達を救えず最後には発狂する
10スレ目 歴代ヒロイン達の料理対決! >>17 ほのぼの 1~13周目 13周目までのヒロインが料理の腕前を競い合う
10スレ目 マッチョ提督の逆襲 >>282 ほのぼの? 7周目 筋トレを重ねて鋼の肉体になった7周目提督改めマッチョ提督が長門に逆襲する
10スレ目 ショタ提督を見守る会 深海棲艦支部 >>350 ほのぼの 1~10周目 小さな男の子大好きな深海棲艦が10周目までの鎮守府に出向いて各ショタ提督達を眺める
10スレ目 罪の連鎖の収束点 >>466 鬱/微グロ 14周目 翔鶴との結婚式当日に14周目提督がナイフで刺されて死亡する
10スレ目 ヤンデレヤマトの監禁便 >>593 エロ 7周目 病んだ大和が7周目提督を地下深くの部屋に監禁する
10スレ目 提督と秋月の結婚初夜 >>676 エロ 12周目 12周目の後日談。8年後の結婚初夜、12周目提督と秋月がエッチする
10スレ目 禁断、背徳、そして愛 >>750 エロ 2周目 『寝取りの舞風 蒼い雨と光の雫』の後日談。養子では我慢出来なくなった五月雨が朝潮に背中を押されて2周目提督とエッチする
10スレ目 那珂ライブ!4周目編 >>832 ほのぼの 4周目 4周目提督と川内が那珂のライブを一緒に見る
10スレ目 提督の初体験 青葉編 >>980 エロ 13周目 13周目の後日談。13周目提督と青葉がエッチする
11スレ目 あべこべ2周目提督 >>249 ほのぼの 2周目 夕張が作った性格逆転ドリンクを飲んだ2周目提督が幼児退行してしまう
11スレ目 レ級の本当の気持ち >>601 しんみり 3周目 『レ級の3周目提督調教計画』の分岐。もしレ級が3周目提督に愛情を抱いたらというIF
11スレ目 鎮守府対抗カラオケ大会 >>781 ほのぼの 1~15周目 15周目までのヒロインがカラオケで得点を競い合う
12スレ目 ハーレム2周目提督のその後 >>121 ほのぼの 2周目 『禁断、背徳、そして愛』の後日談。ハーレムを築いた2周目提督はヒロイン4人と子供4人に恵まれながら暮らしている
12スレ目 皆で一緒に初詣♪ 7周目編>>131/15周目編>>190/2周目編>>198 ほのぼの 2・7・15周目 2・7・15周目の各ショタ提督や各ヒロインが初詣に行く
12スレ目 4周目提督と川内の忍者修行 >>330 ほのぼの 4周目 川内と共に4周目提督が忍者になる為の修行をする
12スレ目 提督達の家出ドッキリ >>694 ほのぼの 1~16周目 16周目までの各ショタ提督達がヒロインに内緒で旅行に行って家出したように見せかける
13スレ目 ヤンデレ朝潮ちゃん 司令官は私のもの♪ >>190 エロ 2周目 病んだ朝潮が2周目提督を逆レイプして虜にする
13スレ目 改二の魅力に誘われて >>480 修羅場 14周目 翔鶴から小言ばかり言われて嫌気が差した14周目提督が、改二で凛々しくなった加古に浮気しそうになる
14スレ目 11周目提督と夕張の蕎麦打ち体験 >>144 ほのぼの 11周目 11周目提督と夕張が蕎麦打ち体験に出かける
14スレ目 球磨多摩姉妹と魚釣り >>540 ほのぼの 5周目 5周目提督と球磨・多摩が川に魚釣りに出かける
14スレ目 青葉と13周目提督の新婚旅行 >>994 ほのぼの 13周目 13周目提督と青葉が新婚旅行で沖縄に行く
15スレ目 時空を超えるマッチョ提督 >>456 ほのぼの 7周目 明石と夕張が作ったもしもボックスでマッチョ提督と白露・長門が異世界に行く
16スレ目 女の快楽に飲み込まれる18周目提督 >>134 エロ 18周目 春雨に変身した18周目提督と春雨がレズセックスする
16スレ目 1番搾りの間宮ミルク >>495 エロ 5周目 夕張に作ってもらった薬で母乳が出るようになった間宮を見た5周目提督が特製ミルクを飲み干す
16スレ目 提督の初体験 五月雨編 >>731 エロ 20周目 20周目の後日談。20周目提督と五月雨がエッチする
16スレ目 12周目提督と秋月の秋祭り >>755 ほのぼの 12周目 12周目提督と秋月が秋祭りに出かける
16スレ目 18周目提督たべられる!! >>811 グロ 18周目 七面鳥に変身した18周目提督が加賀に食べられる
17スレ目 野獣になった加賀さん >>163 エロ 18周目 ムラムラを抑えられなくなった加賀が18周目提督を逆レイプする
17スレ目 秋の魅力に包まれて…… >>465 ほのぼの 18周目 18周目提督と春雨が焼き芋を食べたりリスと遊んだりする
17スレ目 昏睡レイプ!性欲に塗れた16周目提督 >>729 エロ 16周目 ムラムラが限界まできた16周目提督が未来の道具を利用してヒロインを襲う
18スレ目 2人と1人の愛の証 >>471 エロ 5周目 5周目の後日談。数年後、5周目提督は子供を欲しがる球磨と多摩の為にエッチする
19スレ目 再び繋がる親子の輪 >>255 感動/補完 4周目 『ケッコンご報告!祖父母の想い』の後日談。川内と共に実家に帰った4周目提督は、自分を虐待した母親の辛さや苦しさを全て受け止めて和解する
19スレ目 密着!カップル2人の初詣! >>959 ほのぼの 20周目 20周目提督と五月雨が初詣に行く
20スレ目 かまくらが持つ温かさ >>470 ほのぼの 4周目 4周目提督と川内が仲良くかまくらを作る
21スレ目 嵐と提督 日常の1コマ >>145 ほのぼの 26周目 めんどくさがりだけど嵐の為に26周目提督はやる気を出し、それを嵐はいつも傍で支えている
21スレ目 提督の初体験 瑞鳳編 >>909 エロ 21周目 21周目の後日談。21周目提督と瑞鳳がエッチする
22スレ目 14周目提督と翔鶴の子育て日記 >>254 ほのぼの 14周目 14周目の後日談。翔鶴が14周目提督の子供であるしょうかくを出産し、2人で育てていく
22スレ目 2つの五月雨に包まれて >>675 しんみり 20周目 しとしと降る雨を眺めて20周目提督と五月雨が物思いにふける
23スレ目 ヴェールヌイの逆ハーレム体験 >>601 ほのぼの 30周目 30周目提督が異世界の自分を大量に呼び出し、ヴェールヌイは大好きな人に囲まれドキドキしながら過ごす
24スレ目 27周目エピローグ・後日談 >>551 ほのぼの/補完 27周目 27周目の後日談。27周目提督が吹雪を連れて実家に帰る
24スレ目 提督兄弟と親子の絆 >>769 感動/補完 28・29周目 28周目・29周目提督の両親が提督兄弟やヒロインの説得により和解する
25スレ目 提督「もしもテレビ?」 >>431 番外編 1~33周目 どこか遠い別世界の提督や艦娘が、夕張の作ったもしもテレビで本編の出来事を見る
25スレ目 次元を越えて繋がる想い >>508 感動/補完 8周目 8周目提督がヒロインや16周目・30周目提督の力を借りて『名取の寝取り』世界に残された明石・夕張と再会を果たす
25スレ目 もう1つの8周目 エピローグ >>536 感動 8周目 『もう1つの8周目』の後日談。過去を変えることに成功した8周目提督が明石・夕張と再会を果たす
27スレ目 未来からの来訪者 27周目編 >>92 ほのぼの 27周目 27周目提督と吹雪の子供で、父親の超能力を受け継いだふぶきが未来から遊びにやって来る
27スレ目 大スクープ!見守る会のお宝映像大放出! >>831 補完 主に21・36周目 ショタ提督を見守る会がどのように結成されたのか、メンバーはどうして増えたかをヲ級とレ級が語る
28スレ目 ショタ憲兵の活動記録 >>76 ほのぼの 2・7・11・12・14・23・32周目 ショタ憲兵が各ショタ提督達のクレームや相談を聞く
29スレ目 ツンデレ27周目提督の日常 >>203 ほのぼの 27周目 吹雪や他の艦娘から弄られてばかりの27周目提督はいつも顔を赤くして過ごしている
31スレ目 見守る会の子育て奮闘日記 >>245 補完 21周目 『大スクープ!見守る会のお宝映像大放出!』の後日談。見守る会が作った映画で21周目提督の生まれ育ちが語られる
32スレ目 ショタコン艦娘の集まり(※) >>990 ほのぼの 1・2・4・5・6・7・10・12・13・19・32周目 各周のショタコン艦娘達がショタ提督について語り合う
32スレ目 失恋艦のくだ巻き酒場(※) >>993 しんみり 2・4・6・14・15・16・17・20・21・23・24・28・29・30・38・40・42・43・45周目 各周で失恋した艦娘達が酒を飲みながら愚痴を言い合う
32スレ目 出番が多い提督と少ない提督(※) >>998 ほのぼの 1・3・4・5・6・7・9・10・12・15・16・17・27・30・42周目 各周の出番が多いショタ提督と出番が少ないショタ提督が語り合う
33スレ目 儚く散り逝く夢物語 >>57 40周目 40周目提督がビスマルク達を目覚めさせることが出来ず発狂し、最後は提督やビスマルク達が死亡する
33スレ目 普通のショタになった42周目提督(※) >>131 ほのぼの? 42周目 42周目提督が1日だけ普通の男の子を演じて潮と羽黒をドン引きさせる
33スレ目 40週目を救済する42(※) >>176 ギャグ 42周目(舞台は40周目) 42周目提督が『儚く散り逝く夢物語』世界へ出向き、死亡するはずだった40周目提督やビスマルク達をギャグで救う
33スレ目 コネ提督のその後(※) >>218 補完 36周目 36周目提督に命を救われた後のコネ提督がどのように暮らしているかが語られる
33スレ目 パイ子、ボクカワウソの着ぐるみを着て提督に話しかける(※) >>293 ほのぼの 34周目 ウォースパイトがボクカワウソの着ぐるみを着て34周目提督を驚かせる
34スレ目 同一艦の集い >>40 ほのぼの/しんみり 1・2・3・4・6・7・9・10・11・12・13・14・15・16・17・18・19・20・21・22・23・24・25・26・28・29・31・32・33・34・35・36・37・38・39・40・41・43・44・45・46周目 複数回登場したヒロイン達が楽しく会話したり愚痴を言う
34スレ目 お父さんの幸せ >>315 感動/鬱? 47周目 47周目提督が嫁と結婚しないようにする為、息子と娘がタイムマシンで過去に遡って歴史を変える。しかし過去改変の影響で息子と娘の存在が消えてしまう
34スレ目 六駆によるショタ提督との接し方講座 受講生ドイツ艦(※) >>994 ほのぼの 4・18・19・24・25・28・29・30・33・35・36周目 第六駆逐隊がドイツ艦にショタ提督と結ばれる方法をレクチャーする
34スレ目 ショタ提督について語るスレ の日常(※) >>998 ほのぼの 2・3・4・6・7・11・13・29・37・41・42・43・44・45・47・48周目 各周のヒロイン達が各ショタ提督についてネットで語り合う
小ネタ専用スレ(R-18のみ) 提督の初体験 吹雪編 >>2 エロ 27周目 27周目提督が恥ずかしさに耐えながら吹雪とエッチする
小ネタ専用スレ(R-18のみ) 青葉の突撃インタビュー!大人の時間♪ >>27 エロ 13周目 13周目提督と青葉が自分達の営みを録画・実況しながらエッチする
小ネタ専用スレ(R-18のみ) 変態だらけの鎮守府 33周目編>>44/27周目編>>47/8周目編>>51/10周目編>>59 エロ 8・10・27・33周目 各周のヒロインが各周のショタ提督の下着や私物を使ってオナニーする
小ネタ専用スレ(R-18のみ) 欲望と絶望の先へ >>72 鬱/グロ 35周目 妻と中々会えずに溜まっていた時にヒロインから誘惑された35周目提督は、その誘いに乗ってしまい五股する。そしてヒロイン同士で潰し合い妻も加わって最後は全員Nice boat.
小ネタ専用スレ(R-18のみ) 鬱ブレイカー42周目提督 小ネタ世界で大暴れ(笑) >>146 ギャグ 42周目(舞台は1・3・4・8・9・14・35周目) 42周目提督が今までの鬱小ネタ世界を飛び回りギャグで破壊していく
小ネタ専用スレ(R-18のみ) 提督の初体験 舞風編 >>187 エロ 23周目 23周目の後日談。23周目提督と舞風がエッチする
小ネタ専用スレ(R-18のみ) 地獄?何それ美味しいの? >>213 ギャグ 42周目 42周目提督が『名取の寝取り 地獄編』に登場した地獄で大暴れする

[編集] 現行スレ

[編集] 過去スレ