軍人たちの艦隊コレクション

提供: SS-Wiki
移動: 案内検索
軍人たちの艦隊コレクション
二次創作SS
原作 艦隊これくしょん
ジャンル ファンタジー現行スレ
地の文 一部アリ
検索ワード スレタイ
備考 NIP
まとめ なし

軍人たちの艦隊コレクションSS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)板にあるSSスレッド

目次

あらすじ

「艦隊これくしょん」の設定を流用したオリジナル

登場人物

-帝国海軍-

君嶋大悟(キミシマ ダイゴ)

階級:一等水兵/特務少尉

深海棲艦に遭遇し、運よく生還した元水兵
戦闘の影響で数十年の眠りに付き、疑似的なタイムスリップを果たす
未知の生物の細胞をその身に取り込むが、身体的な変化は見られない
海軍の現状を知り、それを変える決心をする


室林英正(ムロバヤシ ヒデタダ)

階級:大佐

海軍軍令部付の海軍大佐
目を覚ました君嶋と初めて会った人物
書類上では、彼は君嶋の直属の上司となっている
様々な面で君嶋をサポートするが、その真意は不明


本条誠(ホンジョウ マコト)

階級:大尉

横須賀鎮守府付きの海軍大尉
若くして大尉まで上り詰めた札付きのエリート
エリート教育の弊害か、防衛隊の事を下に見る傾向が強い


美津島十三(ミツシマ ジュウゾウ)

階級:大将

横須賀鎮守府の最高司令官
艦娘計画の初期から携わった数少ない人間で、現役を続けているただ1人の将校
過去には教壇に立ったこともあり、室林や五十嵐はかつての教え子たちである
現在の体制を形作った1人であるが、それを悔いている面もある


-帝国防衛隊海軍部-

日下部雄一(クサカベ ユウイチ)

階級:一等水兵

入隊数年目の若手、機械音痴
独特の軽い口調と親しみやすい性格で友好は広い
しかし、触った機械をよく壊すので、技術部からの評判は悪い
銃器の扱いだけは人並み外れて優秀


野田公彦(ノダ キミヒコ)

階級:上等水兵

日下部と同期の一般兵
同期の中では優秀で、階級も一番上
どちらかと言えば偏見はしない方だが、新海軍へは懐疑的な眼差しを持つ
人には語らないが、過去に苦い経験がある


仙田史郎(センダ シロウ)

階級:一等水兵

横須賀防衛隊きっての変わり者コンビの1人
趣味が趣味なだけに、周りにはあまり理解されない
艦娘に恋慕を抱いてるように思われるが、実際は父性的な意味合いも強い
使っているカメラは機械式の一眼レフ


一之瀬伸一(イチノセ シンイチ)

階級:一等水兵

横須賀防衛隊きっての変わり者コンビの1人
基本的には仙田と一緒に行動している
仙田の良き理解者であるが、何よりその写真の腕を評価している
写真も腕も目を見張るものがあるが、本人は現像がメインだと考えている


井上正司(イノウエ ショウジ)

階級:上等水兵

呉からやってきた三人組の1人
艦上では操舵手を務める
3人の中ではリーダー的存在
横須賀へは大久保に乗せられて行くことに


大久保正弘(オオクボ マサヒロ)

階級:一等水兵

呉からやってきた三人組の1人
艦上では観測手を務める
性格が似ているのか、井上と言い争うことも多い
横須賀行きの言い出しっぺでもある


小林正一朗(コバヤシ ショウイチロウ)

階級:一等水兵

呉からやってきた三人組の1人
艦上では通信手を務める
井上と大久保の調整役でもある
どちらかと言えば、他の2人についてきた側


森辰巳(モリ タツミ)

階級:上等技術兵

技術部の新人、主に整備を担当している
普段はパッしない方だが、船にかける情熱はピカイチ
技術部部長の宗方が引くほどの無駄知識と熱意を持っている
エンジンに求めるものは何よりもパワー


五十嵐慎哉(イガラシ シンヤ)

階級:中佐

防衛隊横須賀基地を任されている中佐
強面の割に紅茶が趣味だが、そのことで部下にからかわれている
特製ブレンドの完成度はまだ半分程度らしい
室林の行動に不信感を抱いていはいるが、それを止めようとはしない


大門浩(ダイモン ヒロシ)

階級:技術兵長

技術部の中堅、実質的な技術部長の右腕
技術部内の調整役で、彼なしでは組織の調和は保たれない
良く日下部が壊した機械の修理に関わるので、彼とは昵懇の仲
悩みは、周りの人間の癖が強すぎること


宗方蓮二(ムナカタ レンジ)

階級:技術兵曹長

横須賀防衛隊基地の技術部長、実質的な現場のトップ
最古参の内の1人で、工場内にその名を知らない者はいない
君嶋の考え方が気に入らず、最初から食って掛かる
何か、特別に気に食わないことがあるらしいが……

 

現行スレ

過去スレ