「魔法学園で過ごす学生生活 ~安価コンマと共に~」の版間の差分

提供: SS-Wiki
移動: 案内検索
(魔族)
 
(1人の利用者による、間の3版が非表示)
26行: 26行:
 
:後述するザルグと結ばれた。
 
:後述するザルグと結ばれた。
  
現在(大陸歴1342年4月2週目)のステータス
+
現在(大陸歴1342年9月4週目)のステータス
: 勉強:125(ザルグ級です)
+
:勉強:140(ザルグ級です)
 
:運動:137(抜群です)
 
:運動:137(抜群です)
:基礎魔力:1014(学年でトップです)
+
:基礎魔力:1274(学年でトップです)
:火属性技術/才能:1012/60(そこそこあります) 補正+150(MAX)
+
:火属性技術/才能:1145/60(そこそこあります) 補正+150(MAX)
:水属性技術/才能:1002/63(そこそこあります) 補正+130
+
:水属性技術/才能:1109/63(そこそこあります) 補正+140
:風属性技術/才能:1228/96(???) 補正+100
+
:風属性技術/才能:2053/96(???) 補正+140
:土属性技術/才能:1014/72(才能アリ) 補正+150(MAX)
+
:土属性技術/才能:1523/72(才能アリ) 補正+150(MAX)
:スキル:反射魔法LV1 刀技術LV14 爆破魔法LV10 刻印技法LV2 予知魔法LV4 流派:我流LV1 テクニック:LV12
+
:スキル:反射魔法LV1 刀技術LV17 爆破魔法LV10 刻印技法LV2 予知魔法LV4 流派:我流LV1 テクニック:LV37 指導:LV20
 
:融合魔法:時化(水風)毒(風土) 溶岩(火土) 植物(水土) 火風(火風) 温泉(水火)
 
:融合魔法:時化(水風)毒(風土) 溶岩(火土) 植物(水土) 火風(火風) 温泉(水火)
:融合魔法2:カビ(風土水) 湯雨(火水風)増殖(風水土) 病(火風土) 酸性雨(風水土)吸収(火水土) 温度上昇(水火土)土火風(洋販風)
+
:融合魔法2:カビ(風土水) 湯雨(火水風)増殖(風水土) 病(火風土) 酸性雨(風水土)吸収(火水土) 温度上昇(水火土)土火風(溶岩風)
 +
:     殺菌(火土風) 炎症(水土火)炎環(水火風)
 
:融合魔法:闇
 
:融合魔法:闇
 
:所持品:魔法刀・ひさ丸 古い刀  具象の仮面
 
:所持品:魔法刀・ひさ丸 古い刀  具象の仮面
:刻印:風仁の大刻印(感情で魔法等の威力アップ、回復能力大幅プラス)
+
:刻印:闇仁の大刻印(感情で魔法等の威力アップ、回復能力大幅プラス、魔力の流れを察知、暗視)
:【ほぼフレーバー】魅力:92(誰もが目を引く)家事:13(ダメなこ)
+
:【ほぼフレーバー】魅力:99(魔性の女)家事:19(うーん…)
 
: 【交友関係】【A組】
 
: 【交友関係】【A組】
 
: ☆男子
 
: ☆男子
: ・クラウス=クレストリア(641)・ザルグ=クロウズ(3000)MAX&嫁・テスラ=フォンド(818)
+
: ・クラウス=クレストリア(805)・ザルグ=クロウズ(3000)MAX&嫁・テスラ=フォンド(1098)
 
: ☆女子
 
: ☆女子
: ・レイン=ベルウォール(1292)・スリア=ディレイ(1238) ・ナンナ=ポロストロイ(1244)
+
: ・レイン=ベルウォール(1392)・スリア=ディレイ(1773) ・ナンナ=ポロストロイ(1323)
 
:       【B組】
 
:       【B組】
 
: 【男子】
 
: 【男子】
 
:・ ガレス=テラステア(56) ・ドルーガ=シャレスト ・ザルギア=エラーディア
 
:・ ガレス=テラステア(56) ・ドルーガ=シャレスト ・ザルギア=エラーディア
 
: 【女子】
 
: 【女子】
: ・エル=マリステア(34)・ クーリア=ユーグ(114)・アイリス=マークロイド(405)
+
: ・エル=マリステア(34)・ クーリア=ユーグ(114)・アイリス=マークロイド(603)
 
:       【C組】
 
:       【C組】
 
: 【男子】
 
: 【男子】
 
: ・ゼルド=フィンドリング(184)・ヴェルド=アールグレイ ・リュウ=グレンドルグ(175)
 
: ・ゼルド=フィンドリング(184)・ヴェルド=アールグレイ ・リュウ=グレンドルグ(175)
 
: 【女子】
 
: 【女子】
: ・アクエリア=グレンドルグ(35)・リンナ=シルキード(328)・サラ=フェルキ(41)
+
: ・アクエリア=グレンドルグ(35)・リンナ=シルキード(508)・サラ=フェルキ(41)
 
:       【下級生からの評価】
 
:       【下級生からの評価】
: 1年生:470
+
: 2年生:541 ヨミ:113
  
 
試験で判明したが絵 63、歌 67、ダンス 73、楽器全般 98の技術がある
 
試験で判明したが絵 63、歌 67、ダンス 73、楽器全般 98の技術がある
67行: 68行:
 
:風刃の刻印を左肩に持ち、風魔法が得意。 後述するレインと婚約することとなった。
 
:風刃の刻印を左肩に持ち、風魔法が得意。 後述するレインと婚約することとなった。
 
:身長182㎝(91アーム)
 
:身長182㎝(91アーム)
:好みのタイプは大人しくて、美人でスタイルよくて、性格がいい子。あと、釣りが好きだと嬉しいとのこと
 
 
:婚約者のレインは今まではそんな対象ではなかった、結婚とか意識した相手ではないと語っているが、同時にアイツのことが好きなんだと思うとも語っている。
 
:婚約者のレインは今まではそんな対象ではなかった、結婚とか意識した相手ではないと語っているが、同時にアイツのことが好きなんだと思うとも語っている。
:ゼルドの王家簒奪計画については、クレストリア領としてはどれだけ簒奪の成功率があるかどうかだが、ベルウォール家の人間としては止める役割になったほうがいいと思うとのこと
+
:
 
;ザルグ=クロウズ
 
;ザルグ=クロウズ
 
: 黒髪の暗い男子。クロウズ家の長男。双子の妹、アリスを大切にしている。
 
: 黒髪の暗い男子。クロウズ家の長男。双子の妹、アリスを大切にしている。
99行: 99行:
 
:掛け算が好き(意味深)貧乳。身長はそこそこ(160㎝)。
 
:掛け算が好き(意味深)貧乳。身長はそこそこ(160㎝)。
 
:ゼルドの王家簒奪計画については、ディレイ家にどれだけの見返りがあるか、正直、冷遇されているのは事実なので、これを機に…と考えているらしい
 
:ゼルドの王家簒奪計画については、ディレイ家にどれだけの見返りがあるか、正直、冷遇されているのは事実なので、これを機に…と考えているらしい
:作者によるとスリアはお姉ちゃんっ子で、掛け算趣味も姉の影響らしい
 
 
;ナンナ=ポロストロイ
 
;ナンナ=ポロストロイ
 
[[ファイル:ナンナ.png|サムネイル|右|ナンナのイメージ]]
 
[[ファイル:ナンナ.png|サムネイル|右|ナンナのイメージ]]
215行: 214行:
 
:デナント卿には世話になったことがあって、彼を信頼しているようだ
 
:デナント卿には世話になったことがあって、彼を信頼しているようだ
 
;アンゼリカ=アドラー
 
;アンゼリカ=アドラー
:魔法学園の学長、アドラーの領主でもある。性別は女
+
:存在するが、生徒は見たことがないらしい。 アドラー領の領主でもある。 名前はアンゼリカ。
:存在するが、生徒は見たことがないらしい。スケジュールは普段この人が考えてるらしい。
+
:詳細は[http://ss.vip2ch.com/ss/%E9%AD%94%E6%B3%95%E5%AD%A6%E5%9C%92%E3%81%A7%E9%81%8E%E3%81%94%E3%81%99%E5%AD%A6%E7%94%9F%E7%94%9F%E6%B4%BB_%EF%BD%9E%E5%AE%89%E4%BE%A1%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%81%A8%E5%85%B1%E3%81%AB%EF%BD%9E#.E3.83.95.E3.82.A3.E3.83.8B.E3.83.BC.E3.81.AE.E9.96.A2.E4.BF.82.E8.80.85 フィニーの関係者 アンゼリカ=アドラーにて]
 
+
:
 
===騎士学校の生徒===
 
===騎士学校の生徒===
 
;ローズ=マルトリッツ
 
;ローズ=マルトリッツ
276行: 275行:
 
:補足の説明によると、一番上の兄『マルクス』2番目の兄『ガレス』3番目の兄『カルム』4番目が『マルド・ギール』の兄弟であり、今の皇族の直系の先祖はマルクスにあたるらしい
 
:補足の説明によると、一番上の兄『マルクス』2番目の兄『ガレス』3番目の兄『カルム』4番目が『マルド・ギール』の兄弟であり、今の皇族の直系の先祖はマルクスにあたるらしい
 
:同じ時代にいたデナント卿によると、とにかくモテたが押しに弱かったらしい。デナント卿が集めている皇帝の一族がばらまいた血族はマルド=ギールではなく、彼の子孫だそうだ
 
:同じ時代にいたデナント卿によると、とにかくモテたが押しに弱かったらしい。デナント卿が集めている皇帝の一族がばらまいた血族はマルド=ギールではなく、彼の子孫だそうだ
 +
;アンゼリカ=アドラー
 +
:ルナ、デナント卿、シスターエルの妹で、フィニーの叔母。光陣の大刻印を持ち、魔法学園の学長兼アドラー領の領主。デナント卿とは交流があったが、フィニーが姪であることは知らされてなかったらしい。
 +
:現在の身体はスリアの姉メリアのもの。10年前にメリアを王国の第2王子から守ろうとした際、襲撃を受け瀕死の重傷を負い、同時に殺害されてしまったメリアの身体に寄生して生き長らえていた。第2王子達襲撃者は証拠を残しておらず、アンゼリカが生きていることは伝わってたようだが、気にも留めていないらしい。
 +
:補足の説明によると、彼女は何代も前のアドラー領の領主と結婚しており、夫から学校を見守って欲しいとの遺言を受けそれを守っていた。子孫も普通にいるが、襲撃があった事を警戒して領主には据えていない
 +
 
===他生徒の関係者===
 
===他生徒の関係者===
 
;クラウスの兄
 
;クラウスの兄
306行: 310行:
 
:スリア曰くヴァルキュリア教の信徒とのこと
 
:スリア曰くヴァルキュリア教の信徒とのこと
 
:以前シャレスト家の長女と婚約があったが、結局のところ家の格差などもあり、止まっている状態
 
:以前シャレスト家の長女と婚約があったが、結局のところ家の格差などもあり、止まっている状態
:スリアには家を出ている姉もいる
+
;メリア=ディレイ
 +
:スリアの姉。刻印こそないが魔力はあり10年前は魔法学園の生徒だった。
 +
:作者によるとスリアはお姉ちゃんっ子で、掛け算趣味も姉の影響らしい。
 +
:10年前魔法学園で行方不明となりスリアは彼女を探していた。
 +
:フィニー達との調査の結果、当時第2王子に見初められていたが、彼の悪評を鑑みてそれを断ったことで、怒り狂った第2王子に殺されたことが判明した。現在身体はメリアを庇ったことで同時に襲撃を受け、瀕死となったアンゼリカ学長が借りている。
 
;ケラス
 
;ケラス
 
:公国レンスター家の北部【魔の森】の奥にある密偵の一族フウガの族長で、ナンナの父
 
:公国レンスター家の北部【魔の森】の奥にある密偵の一族フウガの族長で、ナンナの父
323行: 331行:
 
:アイリスの姉で、ガレスの兄リオンの妻。順当にいけば次期皇后
 
:アイリスの姉で、ガレスの兄リオンの妻。順当にいけば次期皇后
 
:昔きょうだい3人でマークロイドの街でかき氷を食べに行ったことがある
 
:昔きょうだい3人でマークロイドの街でかき氷を食べに行ったことがある
;アイリスリア王国国王、王子、王女
+
;アイリスリア王国国王、1番目の王子、王女
 
:アルフォ国王は病で急死した前王のいとこだが、女好きのろくでもない人間だったらしい。孫にあたるヴェルドは悪い人間と違うとは思うと答えてはいるが、29の貴族をまとめることができるほどのカリスマはなく凡庸。そのため貴族の権力がだんだんと強まって、各領地での裁量が変わってきたため、横暴な行為を繰り返す貴族が増えた。その結果危機感を抱いた貴族たち、反体制派(シルキード領、クロウズ領、フェルキ領、ザール領)を生むこととなった。
 
:アルフォ国王は病で急死した前王のいとこだが、女好きのろくでもない人間だったらしい。孫にあたるヴェルドは悪い人間と違うとは思うと答えてはいるが、29の貴族をまとめることができるほどのカリスマはなく凡庸。そのため貴族の権力がだんだんと強まって、各領地での裁量が変わってきたため、横暴な行為を繰り返す貴族が増えた。その結果危機感を抱いた貴族たち、反体制派(シルキード領、クロウズ領、フェルキ領、ザール領)を生むこととなった。
 
:1番目の王子(43)は10年前くらい前に息子(アルス王子)が事故に巻き込まれたことが原因で、病に倒れている。その死んだはずの息子が実はヴェルドらしい
 
:1番目の王子(43)は10年前くらい前に息子(アルス王子)が事故に巻き込まれたことが原因で、病に倒れている。その死んだはずの息子が実はヴェルドらしい
:2番目のアリエース王子(36)はアリス曰く最低で、野獣みたいなものらしい。ザルグには最悪、王国で一番戦力があるフィニーをクロウズ領からとってくると危惧されている。実はアルス王子の事故は彼の仕業で、ザール領領主ランドの口から、彼が王国による世界の統一を望んでいると語られ、そのために魔族を利用することを考えたことが判明した。用いた召喚魔法は不十分だったらしいが、呼びだした魔族を反体制派の領地に送り、結果、シルキード領ではリンナの兄が犠牲に、フェルキ領ではサラの両親の犠牲とアルス王子を死なせたとしてお家断絶になった。
 
 
:3番目の王女(29)はザルグ曰く悪い人ではなさそうだけれど、少なくとも王様は荷が重いらしい
 
:3番目の王女(29)はザルグ曰く悪い人ではなさそうだけれど、少なくとも王様は荷が重いらしい
 
+
:
 +
;アリエース王子
 +
:アイリスリア王国の2番目の王子
 +
:最初に彼の存在を語ったのはアリス。最低で、野獣みたいなものらしい。
 +
:ザルグには最悪、王国で一番戦力があるフィニーをクロウズ領からとってくると危惧されていた。
 +
:実はアルス王子の事故は彼の仕業であった。ザール領領主ランドの口から、彼が王国による世界の統一を望んでいると語られ、そのために魔族を利用することを考えたことが判明した。用いた召喚魔法は不十分だったらしいが、呼びだした魔族を反体制派の領地に送り、結果、シルキード領ではリンナの長兄が犠牲になり、フェルキ領ではサラの両親の犠牲とアルス王子を死なせたとしてお家断絶になった。補足の説明によると、ルナ達の召喚にはリンナの次兄も生贄にしたらしい
 +
:10年前には魔族の王と協力して、スリアの姉のメリアを殺害しており、同時にアンゼリカ学長を瀕死の重傷に負いこんでいたことも、学長の口から語られている
 +
:
 
===魔族===
 
===魔族===
 
;ギース
 
;ギース
 
:魔族の王で、フィニーの従兄。先王で父のトレズガーの唯一の息子で、父トレズガーは長男トレズガー、長女シスターエル、次男デナント卿、四女ルナのきょうだいだったらしい
 
:魔族の王で、フィニーの従兄。先王で父のトレズガーの唯一の息子で、父トレズガーは長男トレズガー、長女シスターエル、次男デナント卿、四女ルナのきょうだいだったらしい
 
:フォスターをリンナに漂着させ、記憶の操作を行うように言った。フォスターはこの凶行をこの世界の王に諭されたのだと考えている
 
:フォスターをリンナに漂着させ、記憶の操作を行うように言った。フォスターはこの凶行をこの世界の王に諭されたのだと考えている
 +
:10年前にはアリエース王子に協力し、叔母であるアンゼリカ学長を襲撃している。当時まっとうに戦えば五分五分の相手だったらしいが、アンゼリカはメリアを守りながら戦っていたため彼女に勝利している。
 
;フォスター
 
;フォスター
 
:憑依タイプの魔族で、大陸歴1327年リンナに憑依させられた。フィニー母であるルナのことは知ってるようだ。
 
:憑依タイプの魔族で、大陸歴1327年リンナに憑依させられた。フィニー母であるルナのことは知ってるようだ。
:魔族の王にリンナの記憶の操作を行うように言われたようで、リンナに風の刻印を持つザルグの記憶があるのはそのため。記憶に違和感を持たぬよう、ある程度調整もしていたらしい
+
:魔族の王ギースにリンナの記憶の操作を行うように言われたようで、リンナに風の刻印を持つザルグの記憶があるのはそのため。記憶に違和感を持たぬよう、ある程度調整もしていたらしい。ただし憑依させられたことは本人も腑に落ちていなかったようで、ギースの考えには謎が残っている。
:リンナから離れると、憑依できる身体がなければ死んでしますが、罪の意識はあり、死んでも後悔はないとのこと
+
:リンナから離れると、憑依できる身体がなければ死んでしまうが、罪の意識はあり、死んでも後悔はないとのこと
 +
:後にフィニーが研究を手伝う際、フロウに相談したことと、フォンの協力があったことで魔道具の応用で作った体を与えられている。さらにその後、フィニー達が卒業した後フロウと共に魔界に行く予定であると明かした。
 
;シスターエル
 
;シスターエル
 
:ギースの叔母。詳細は[http://ss.vip2ch.com/ss/%E9%AD%94%E6%B3%95%E5%AD%A6%E5%9C%92%E3%81%A7%E9%81%8E%E3%81%94%E3%81%99%E5%AD%A6%E7%94%9F%E7%94%9F%E6%B4%BB_%EF%BD%9E%E5%AE%89%E4%BE%A1%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%81%A8%E5%85%B1%E3%81%AB%EF%BD%9E#.E3.83.95.E3.82.A3.E3.83.8B.E3.83.BC.E3.81.AE.E9.96.A2.E4.BF.82.E8.80.85 フィニーの関係者 シスターエルにて]
 
:ギースの叔母。詳細は[http://ss.vip2ch.com/ss/%E9%AD%94%E6%B3%95%E5%AD%A6%E5%9C%92%E3%81%A7%E9%81%8E%E3%81%94%E3%81%99%E5%AD%A6%E7%94%9F%E7%94%9F%E6%B4%BB_%EF%BD%9E%E5%AE%89%E4%BE%A1%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%81%A8%E5%85%B1%E3%81%AB%EF%BD%9E#.E3.83.95.E3.82.A3.E3.83.8B.E3.83.BC.E3.81.AE.E9.96.A2.E4.BF.82.E8.80.85 フィニーの関係者 シスターエルにて]
349行: 365行:
 
:クロウズ家の執事レリアオンに憑依し、盗賊行為をしていた。フィニー達に追いつめられたが、巨大魔法の使い手で、一瞬の隙をつきこれを使って逃亡した。
 
:クロウズ家の執事レリアオンに憑依し、盗賊行為をしていた。フィニー達に追いつめられたが、巨大魔法の使い手で、一瞬の隙をつきこれを使って逃亡した。
 
:フィニー達がクロウズ家の地下を調査した際、召喚魔法の陣が見つかり、大陸歴1326年頃レリアオンを依代に召喚された一体の魔族であることが判明した。なお、この時逃亡した魔族も一体いるが、補足説明によるとそれがルナらしい
 
:フィニー達がクロウズ家の地下を調査した際、召喚魔法の陣が見つかり、大陸歴1326年頃レリアオンを依代に召喚された一体の魔族であることが判明した。なお、この時逃亡した魔族も一体いるが、補足説明によるとそれがルナらしい
 +
:後に街の裏路地にてフィニー達に捕捉されたが、その時には意識がほとんどなくなっており、憑依していたレオリアンもすでに死んでいた。そのため本人の希望もあり止めを刺された。
 +
:最期に語った内容はルナとともにこちらに召喚されたこと、ルナの妹であるローレと似たような感覚の人達に呼びだされたこと、生前のレオリアンからザルグへの謝罪についてだった。
 +
;アンゼリカ=アドラー
 +
:ギースの叔母。詳細は[http://ss.vip2ch.com/ss/%E9%AD%94%E6%B3%95%E5%AD%A6%E5%9C%92%E3%81%A7%E9%81%8E%E3%81%94%E3%81%99%E5%AD%A6%E7%94%9F%E7%94%9F%E6%B4%BB_%EF%BD%9E%E5%AE%89%E4%BE%A1%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%81%A8%E5%85%B1%E3%81%AB%EF%BD%9E#.E3.83.95.E3.82.A3.E3.83.8B.E3.83.BC.E3.81.AE.E9.96.A2.E4.BF.82.E8.80.85 フィニーの関係者 アンゼリカ・アドラーにて]
  
 
==国家==
 
==国家==

2020年7月30日 (木) 20:32時点における最新版

魔法学園で過ごす学生生活 ~安価コンマと共に~
オリジナルSS
ジャンル ファンタジー恋愛バトル安価スレ現行スレ
地の文 なし
検索ワード スレタイ
備考 NIP
まとめ えすえすゲー速報

魔法学園で過ごす学生生活 ~安価コンマと共に~SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)板にあるSSスレッド。魔法学園で日常生活を行いつつ、いろいろなことをしていくスレです。

目次

[編集] あらすじ

ある世界には魔法がありふれたものとしてありました

その世界はいわゆる異世界…と言うべき世界です

この世界で、貴方は生徒の一人として活動してもらいます

[編集] 登場人物

[編集] 主人公

フィニー初期のイメージ
ルート確定後フィニーのイメージ
フィニー=エルランド
このSSの主人公です。身長152㎝(76アーム)の小柄な黒髪系の女の子。これでも身長は伸びた。
孤児院出身だけれども帝国貴族に目をかけられ、魔法学園に入学。稀有な魔法の才能を開花させ、学園屈指の優等生に。日常生活はあんまり…だけれども…。
貴族に多くでると言われている『刻印』を持つ。それも大刻印。謎が多い主人公である。
育ての親であるシスターエルから、魔族の血を半分、皇帝の血を半分引いていることを伝えられた。また、大刻印も変化し、闇仁の大刻印になった。
後述するザルグと結ばれた。

現在(大陸歴1342年9月4週目)のステータス

勉強:140(ザルグ級です)
運動:137(抜群です)
基礎魔力:1274(学年でトップです)
火属性技術/才能:1145/60(そこそこあります) 補正+150(MAX)
水属性技術/才能:1109/63(そこそこあります) 補正+140
風属性技術/才能:2053/96(???) 補正+140
土属性技術/才能:1523/72(才能アリ) 補正+150(MAX)
スキル:反射魔法LV1 刀技術LV17 爆破魔法LV10 刻印技法LV2 予知魔法LV4 流派:我流LV1 テクニック:LV37 指導:LV20
融合魔法:時化(水風)毒(風土) 溶岩(火土) 植物(水土) 火風(火風) 温泉(水火)
融合魔法2:カビ(風土水) 湯雨(火水風)増殖(風水土) 病(火風土) 酸性雨(風水土)吸収(火水土) 温度上昇(水火土)土火風(溶岩風)
     殺菌(火土風) 炎症(水土火)炎環(水火風)
融合魔法:闇
所持品:魔法刀・ひさ丸 古い刀  具象の仮面
刻印:闇仁の大刻印(感情で魔法等の威力アップ、回復能力大幅プラス、魔力の流れを察知、暗視)
【ほぼフレーバー】魅力:99(魔性の女)家事:19(うーん…)
【交友関係】【A組】
☆男子
・クラウス=クレストリア(805)・ザルグ=クロウズ(3000)MAX&嫁・テスラ=フォンド(1098)
☆女子
・レイン=ベルウォール(1392)・スリア=ディレイ(1773) ・ナンナ=ポロストロイ(1323)
      【B組】
【男子】
・ ガレス=テラステア(56) ・ドルーガ=シャレスト ・ザルギア=エラーディア
【女子】
・エル=マリステア(34)・ クーリア=ユーグ(114)・アイリス=マークロイド(603)
       【C組】
【男子】
・ゼルド=フィンドリング(184)・ヴェルド=アールグレイ ・リュウ=グレンドルグ(175)
【女子】
・アクエリア=グレンドルグ(35)・リンナ=シルキード(508)・サラ=フェルキ(41)
      【下級生からの評価】
2年生:541 ヨミ:113

試験で判明したが絵 63、歌 67、ダンス 73、楽器全般 98の技術がある 血液魔法:LV8もある

[編集] クラスメイト

クラウス=クレストリア
赤髪のイケメンなチャラい感じの貴族。クレストリア家の次男で優秀な兄がいるからか気楽に過ごしているようだ。 
風刃の刻印を左肩に持ち、風魔法が得意。 後述するレインと婚約することとなった。
身長182㎝(91アーム)
婚約者のレインは今まではそんな対象ではなかった、結婚とか意識した相手ではないと語っているが、同時にアイツのことが好きなんだと思うとも語っている。
ザルグ=クロウズ
黒髪の暗い男子。クロウズ家の長男。双子の妹、アリスを大切にしている。
家が怪しい新興宗教に潰されかけたりしているかわいそうな少年。父親は行方不明。
左手の甲に火刃の刻印を持ち、火魔法が得意。婚約できてよかったね…。
身長179㎝(89.5アーム)
フィニーのこともあり、ゼルドの王家簒奪計画に協力を考えている
テスラ=フォンド
水色髪の男子でクラウスとは昔からの悪友。クラウスに引っ張られる形で魔法学園に入学したようだ。
クレストリア領でも有名な宿の次男。父親は王国で騎士団に努めており、兄も同じである。
紆余曲折あった結果、後述するナンナと結ばれた。
土魔法が得意で正義感が強い性格。 身長172㎝(86アーム)
ゼルドの王家簒奪計画については、騎士団にいる父や兄のことも考え、現王家を守る方になると思うとのこと
レイン=ベルウォール
レインのイメージ
銀髪ロングの美少女。大貴族のベルウォール家の嫡子で氷魔法が得意。
一見クールに見えるが優しい少女。クラスのリーダー的なポジションでもあり、何でもできたりする完璧超人。
得意な武器は斧。なぜか彼女は氷魔法が使える。そのためか、左胸の刻印も『氷』刃の大刻印である。
おっぱい大きいし身長も高いほう。身長163㎝(81.5アーム)
経歴によると、クラウス、ザルグとは旧知の仲。サラは昔友達だったらしい
ミスコンの質問タイムによると、好みの男性のタイプは頭のいい男性(勉強ができるってわけじゃなくて、賢い)、趣味は勉強や絵を描くこと、2年後は王国を素晴らしいものにするために、尽力していきたいと語っている
ゼルドの王家簒奪計画については、ベルウォール家が王家を守る存在のため悩んでいるとのこと
スリア=ディレイ
スリアのイメージ
金髪の可憐な少女。小貴族のディレイ家の次女で土魔法が得意
~ですわ、といったお嬢様口調でしゃべるけれど割とワイルドな育ち。美味しいものが大好き。
徒手空拳を得意としており、運動神経はレイン以上とも言われている。
実は、今最大の闇を持ってる子。
掛け算が好き(意味深)貧乳。身長はそこそこ(160㎝)。
ゼルドの王家簒奪計画については、ディレイ家にどれだけの見返りがあるか、正直、冷遇されているのは事実なので、これを機に…と考えているらしい
ナンナ=ポロストロイ
ナンナのイメージ
茶色がかった髪が可愛い女の子。元々商人の家の娘だったらしいが詳細不明。
ですよー?と伸ばし気味の敬語でしゃべる。サバイバルなどの野外活動が得意であり1学期の期末試験ではそれが高く評価された。
普段はメイドのような恰好をしており、紅茶を入れたりするのが物凄くうまい。
火魔法が得意。実は、家が忍の一族であり、ゼルドに雇用されている。
身長はフィニーに次ぐ低さで153㎝(76.5アーム)だが、かなりデカい。得意な武器は暗器。

[編集] B組の生徒

ガレス=テラステア
帝国の継承権3位の皇子 紫がかった髪のイケメン。継承権1位の兄と、アイリスの姉が婚約したため、アイリスとは義理のきょうだいとなる。
基本的に爽やかなだが、容赦はしない性格。フィニーとも旧知の仲。で身長は94アーム(188㎝)
フィニーと同じ、風仁の大刻印をもち、当然のごとく風魔法が得意。得意武器は槍で腕前は達人級。
アイリスと結ばれた。
ドルーガ=シャレスト
『王国大貴族シャレスト家の次男 豪快な性格』 土魔法が得意
ザルギア=エラーディア
『帝国貴族エラーディア家の嫡男 ガレスと仲がいい…というか忠誠を誓っている』火魔法が得意
エル=マリステア
王国屈指の大会社、マリステア商事の一人娘。ツンデレ系のお約束にたがわず面倒見はいい。
スレンダー(強調)な体をしている。身長79アーム(158㎝)。髪色は水色。
マリステア商事は16年前の戦いをきっかけに反映したため、ザルグに対しては少し負い目を感じている。水魔法が得意。
クーリア=ユーグ
公国貴族、ユーグ家の第二子。天真爛漫系の美少女。さらにスタイルも抜群。恋愛話に興味津々のお年頃。
家が騎士の家だけれども、魔法にも才能があったため魔法学園を選択した。剣の達人でもある。髪はピンク。淫乱とかいうな。
リュウと駆け落ちする予定。
魔法のほうでは火魔法が得意。 身長は162㎝(81アーム)。
ミスコンの質問タイムによると、好みの男性のタイプは武術が強い人、趣味は友達(エルの名が挙がっている)と遊びに行くこと、2年後は国に帰って、改めて武者修行、夢はあるけれど、秘密と語っている。アピールタイムではリュウに教わった武術?を披露している。
アイリス=マークロイド
帝国の小貴族である、マークロイド家の次女。ガレスとは義理のきょうだい。兄と姉がいるが、次期当主の兄が行方不明になり、魔法学園に探しにきた。
眼鏡っ娘であり、スタイル抜群。髪の色は茶色で、フィニーとは幼馴染。剣が得意な武器。趣味は温泉巡りと刺繍。
身長も高い。168㎝(84アーム)で風魔法が得意。
ミスコンの質問タイムによると、好みの男性のタイプは目標を持つ人で、似たような目標を持つ男性が好み、趣味は楽器の演奏に、武術の訓練、後はフィニーの観察、2年後はマークロイド領のために尽力、目標は、マークロイド煎餅を全国に売って行きたいと語っている。

[編集] C組の生徒

ゼルド=フィンドリング
公国の豪商、フィンドリング商会の長男。黒髪のイケメンであるが、強欲。
土陣の大刻印という非常に貴重な刻印を持っており、同級生内では屈指の策士…なのだけれど、なぜか妙に決めきれない。
あと、なぜかモテない。不思議!実は、王族の血が流れている。(曾祖母が、公国の姫だったが籍を外し、嫁いできた)
当然のごとく土魔法が得意。 目標は自分の国を作ること。身長は87アーム(174㎝)
自分の国を作ることが、後に王国の王家簒奪だと判明した
ヴェルド=アールグレイ
『王国の小貴族、アールグレイ家の長男です。さわやかな金髪イケメンですが、どこか影があるような…?風魔法が得意』
実は養子であり、事故で死んだと思われていた王国第一王子の子(つまり現国王の孫のアルス王子)。事故自体が彼の叔父にあたる第二王子による暗殺であり、それは反体制派であるフェルキ家を領地内でアルス王子を死なせたとして、没落させるためであった。そういう経緯もあってか、ゼルドの王家簒奪計画に賛同している。ゼルドは彼の真っすぐさを買っているとのこと(ただし攻撃もまっすぐすぎて応用が利かず、読まれることもある)。
修学旅行の時点でサラとまだ付き合ってないと語っているが、サバイバル戦では戦いたくない相手として名前を出している。アルス王子であった時にもサラとはフェルキ領で過ごしている。
リュウ=グレンドルグ
帝国貴族、グレンドルグ家の養子。かつてグレンドルグ家が拾った孤児。剣術、魔法、どちらも一流であり、才能を見込まれ養子となった。
青みがかった髪でカッコイイ雰囲気の少年だが…天然。アクエリアとは昔は仲がよかったのだが、リュウに勝てないようになってから少し仲違いしている。
ゼルドの王家簒奪計画に賛同している
水魔法が得意。身長は178㎝。
アクエリア=グレンドルグ
帝国貴族、グレンドルグの長女でリュウの義姉。オレンジっぽい髪で男勝りな女の子。
グレンドルグ家を継ぐには力が足りないとかなり気にしており、その影響か割と攻撃的。本来は優しい女の子。
グレンドルグの領地を継ぐため、ゼルドの王家簒奪計画には賛同していない
リンナ=シルキード
王国の大貴族、シルキード家の嫡子。冷静沈着で常に表情を崩さない女の子。水色のロングヘアが似合う美少女。
物事について率直に語るため、割と問題を起こしやすいタイプ。実は歌が得意でたまに学園そばの森で歌っている。
魔族に洗脳されているし、それは未だに解除されてない。
火魔法が得意で火刃の刻印を左手の甲に持つ。身長158㎝。貧乳。
反体制派だが方向性の違いでゼルドの王家簒奪計画には賛同していない
1番上の兄をクロウズ領のせいで失い、さらに2番目の兄が変死を遂げたため次期当主となった経緯がある。ザルグとは婚約関係にあったが、リンナが嫡子となったことでその話はなくなっている
サラ=フェルキ
王国の没落した家のフェルキ家の長女。向上心が強く家を再興するために日々努力しています。
あまり後先を考えないタイプであり、思い立ったら即行動!の精神。弓を習っていたが、あまり上達しなかった過去を持つ。
家族は、兄と弟。両親は没落するきっかけの事件で亡くなっている。
ヴェルドと奇跡の再会を果たしたが、本人はわかれるつもり。
水魔法が得意。身長161㎝。
ゼルドの王家簒奪計画に賛同している

[編集] 2年生の生徒

エリーゼ=アイリスア
アイリスア王国の王族の分家。明るさ満点の腹黒ガール。刻印:土刃の刻印
大陸歴1341年の文化祭では歌ったときの一生懸命さや、珍しい水着を使って場を支配しミスコンを獲得している
ミスコンの質問タイムによると、好みの男性のタイプは何かすごいことをやってのける感じの人、趣味は友達と遊ぶこと(エンドは内心エリーゼが一方的にしゃべるだけと突っ込んでいる)と、ティータイム、2年後の目標はフィニー見たいに、異名付きで呼ばれたいと語っている。
エンド=スノーリア
アイリスア王国の29の貴族のうちの1つの嫡子。好戦的だが、努力家。刻印:炎仁の大刻印
ジャン=エリアス
メルトギア公国の平民。本当の女好きだが、義理堅い。刻印:なし

[編集] 1年生の生徒

ヨミ=ボルベルグ
1年C組で、火陣の大刻印を持ってる。エリーゼの従妹
主席合格で、家柄もよく、魔導の天才でもあり、見た目もいい。ただしすごく尊大な性格で、2年生からはやべーやつと言われている

[編集] 大陸歴1340年度卒業生

ローラン=ランダルス
公国で最も大きいランダルス領の次期当主であり、剣の達人でもある
持ってる刻印は火刃の大刻印で、ザルグの上位互換らしい
性格も騎士道精神にあふれ、弱きを助け、強きも仲間にする人たらし
オリヴィエ=アズリア
帝国貴族、アズリア家の次女
水陣の大刻印と、帝国一と言われる美貌と美声を持つ。そのうえで剣の達人
大陸歴1340年の文化祭ではミスコンで優勝している

[編集] 魔法学園の教師

フォン=テレント
A組の担任
大陸歴1342年の時点で年齢は33歳、性別は男、趣味は古代魔法の研究とあと、歴史の研究
商人の家に生まれて、大学院(帝国や帝都にある、学術をより深める学校。入学は16歳からできる)まで行きそこを3年くらいで卒業、前々から興味のあった歴史や古代魔法について研究を始めた
魔法学園には入学できなかったが、私塾はそこそこあったため、魔法は使える。そこで2年修業し、あと10年くらいは魔法学園で研究している。本人が言うには好き勝手出来るいい人生
魔法刀・ひさ丸と具象の仮面は彼が開発したもので、フィニーが彼の研究を手伝ったときにお礼としてもらった。
フロウ=アールグレイ
フロウのイメージ
B組担任
大陸歴1342年の時点で年齢は35歳、性別は女、研究は刻印学を専門
貴族には婚約の話がよくあるが、破棄もよくある話で、彼女にも似たようなことがあったらしい
フィニーの刻印についてアドラーの街温泉街にて調査を行ったことがあるが、警察に通報され前科がついてしまった。のちに自分の研究室で刻印が風仁の大刻印を突き止めたが、刻印の場所を探す際、またも通報され前科を重ねてしまった。
フィニーの血を採取し、研究に使ったことがあるがそれが原因で大陸歴1341年3月に何者かの襲撃を受けている。研究結果として皇族の血が混じってることが分かり、秘密にしているが後天的な刻印の付与にも成功している
大陸歴1341年の文化祭にてミスコンにエントリーしたが、同情票が集まったようで2位になっている。

ミスコンの質問タイムによると、好みの男性のタイプはナンナと言いかけ、趣味は料理の研究とか採血、2年後については恐ろしいことだと語っている。

カーネル=マークロイド
C組担任
性別は男、戦闘授業を担当
アイリスの兄で、ロールの弟。魔法学園の教師になる以前は傭兵をしており、姉が皇帝の一族に嫁ぐときに、小貴族のマークロイド家に泊を付けるため傭兵になった。風刃の刻印を持つが昔の傭兵仲間から教わったことで火魔法のほうが得意
大陸歴1341年の夏にマークロイド領へ里帰りしてるところをフィニーとアイリスが目撃している。フィニー達の卒業後はマークロイド領で学校を開くのもいいかもしれないとのこと
デナント卿には世話になったことがあって、彼を信頼しているようだ
アンゼリカ=アドラー
存在するが、生徒は見たことがないらしい。 アドラー領の領主でもある。 名前はアンゼリカ。
詳細はフィニーの関係者 アンゼリカ=アドラーにて

[編集] 騎士学校の生徒

ローズ=マルトリッツ
マルトリッツ家の嫡子 いろいろうるさい 剣の名手
アリス=クロウズ
詳細は他生徒の関係者 アリス=クロウズにて
クロン=フォンティ
無口な女の子 フォンティ家の第3子 剣弓なんでも
ダムド
帝国の孤児 デナント卿の推薦で入学
リーフェレンド=レンスター
レンスター家の第2子 才色兼備だけど格闘得意
シュリア=メーデル
メーデル家の嫡子 つまり、次世代の公国の指導者 レイン、ガレス、ゼルドポジ
クーリアの親友
イゾウ
ジエルグから亡命してきた一族 居合切りの達人

[編集] フィニーの関係者

シスターエル
マーク・エル教会の管理者で、フィニーがいた孤児院の子どもたちの親代わりでもある。
昔傭兵していた時期があり、その時にいろいろ鍛え強くなった。しかし、その時罹った病で子どもを産めなくなった。フィニーの古い刀はその時もらったものである。
フィニーとスリアが大陸歴1340年夏教会に来た際にはそれぞれ修行を付け、それぞれアドバイを送っている。
フィニーは10年前に20代と聞いたが、スリア曰くすごく若く見え、アイリス曰く全然見た目が変わっていないらしい。
後に、実はフィニーの伯母であり、大陸歴1326年に妹であるルナから娘のフィニーをたくされたことをフィニーに明かした。ごく一部しかいない世代を重ねるても血の濃い一族の出身で、その血のためにフィニーを狙っているのが魔族と推測している。
さらに後に、自分が大陸歴500年より前から生きる魔族であることを明かし、フィニーも魔族と人間のハーフであることを教えた。大陸歴500年の回想によるとヴァルキュリア教総本山にて、デナント卿やカルム皇子とともに、ルナとマルド=ギールが魔界に行くのを見送っている
見る機会はないが、背中に闇刃の大刻印がある。ただしもう魔力はないとのこと。
デナント卿
帝国の貴族で、才覚あふれる人材の救済としてフィニーを魔法学園に、ダムドを推薦した人物。騎士学校には後見人になってる生徒が他に14人いるらしい。大陸北部の『魔の森』など環境の保全も行っており、合わせて高い評価を得ている。
見た目は40代前半だが、実年齢は50以上。魔法は使えないが、温厚な紳士な見た目に反して実はムキムキで格闘の技術レベルは20オーバー
デナント家の本来の役割は世界の平穏らしく、彼の一族は、皇帝の血筋を多く残してしまった皇族マルド・ギールの子孫をさがし、保護することで反体制派に利用されないようにもしていた。フィニーもその子孫の一人。他のマルド・ギールの血族は監視役兼自分のとこの兵にしており彼の兵の大半がそれである。兵にフィニーレベルはいないが、帝国内だと飛びぬけて練度も高く、国内でデナント卿に兵力を集め過ぎではないのかと割と問題視されている。ただし、他の領地はそんな余裕がないか、やる気がないので糾弾はされてない。
フィニーは知らないが、ゼルドの国取りにも助力をしており、騎士学校と魔法学園の交流を観戦した帰りの魔動車の中でゼルドと会っている。
ナンナの情報によると【魔の森】の自然保護のことで、最近よくフウガに来るらしい
後にシスターエルとともに大陸歴500年より前から生きる魔族であることや、彼が集めている皇帝の血族はマルド=ギールではなくカルム皇子の子孫であること、真の目的が魔族と人間の融和であることを明かした。大陸歴500年の回想ではシスターエルの弟でルナの兄であること(フィニーにとっては母方の伯父)が判明した。補足の説明によるとフィニーを推薦する前は、フィニーに14年間何も魔法が目立ったこともないため、疑いを避けるためあまり干渉しないようにしていたらしい。
ルナ
シスターエルとデナント卿の妹で、フィニーの母。大陸歴1326年に突然誘拐されたらしく、全身血まみれの身重でマーク・エル教会に現れ、シスターエルにフィニーを託し去っていった。シスターエルによると間違いなくフィニーのことを心から愛していたらしい。なお、まだ生きてるかもしれないとのこと
後にシスターエルと同じく魔族で、大陸歴500年に人間のマルド=ギールと魔界に行っていたことがシスターエルから明かされた。しかし、大陸歴1326年に全身血まみれの状態で現れ、王国が、魔族を兵器として利用すべく、人体実験を繰り返しているということや、シスターエルたちが必死で消した召喚魔法を使い続けたということを語った。この時ルナは狂気に襲われていたようだ。
ヴァルステリア
500年近く前の偉人であるが、一切記録は残っていない
主な功績としては『魔道具の争い(3国戦争)を治めた』、『魔道具の管理する施設を作り上げた』、『平和と慈愛を持った宗教。ヴァルキュリア教を作り上げた』
大陸は1人ではなく、7人の姉妹で回った
ヴァルステリアは、生涯独身であったと伝えられている
ヴァルステリアは、皇帝に言い寄られたことがある?なお、出典は売店に売っていた、ヴァルステリア様の伝説(600円)。その後の調査で相手は皇帝の一族(カルム皇子)だと判明した
帝国の小さな図書館にあった記述によると料理が下手で、帝国に一緒に来ていた妹も下手だったため、巡礼の際は苦しんだらしい。魔法の戦闘では闇魔法もつかっていた
古代魔法が消えたのは、ヴァルキュリア教が広まったのを境としているため、フォンはヴァルステリアが魔族の一員ではないかと仮説を立てている。
12月4週に生誕祭があるが、これはヴァルステリアが、大陸に降り立った日らしい
補足の説明にてヴァルステリアは、シスターエルとそのすべての妹の動きが、のちの逸話として残っていたと明かされた。フォンの仮説通り姉妹全員が魔族であったが、大陸歴500年のシスターエルから、ルナ以外の妹たちは人間として生きる道を選んだことが語られている。
マルド=ギール
ザルグになりすましていた魔族が叫んだ謎の名前
フォンの研究を手伝った時に分かった情報は、ヴァルステリアと同時代の皇族だが公的には存在を消されており、仲が良かった2番目の皇子カルム皇子の手記に名前があったということである。なお、その手記はデナント卿を通して入手したものだった
デナント卿によると女癖がひどい男で平民の女性に何人も手をだし、結果的に皇帝の血筋を多く残してしまったようだ。フィニーもその血筋で、彼もフィニーと同じく目に刻印を宿していた
後にフィニーは彼と魔族のルナの子どもで、大陸歴500年に愛するルナとともに生きるため魔界に行ったことが回想で語られた。歴史で女に手を出しまくったから追放されたと書かれているのは、この時にそう書く様に兄のカルム皇子に伝えたため。大陸歴1326年ルナがシスターエルに彼は殺されたと語っている。
補足の説明によると彼とルナは魔界では貴族的なポジションであったことと、教会にあってフィニーが使ってた楽器は、彼の私物でデナント卿が手入れしたものだということが書かれている。
カルム皇子
ヴァルステリアと同時代の皇族で古代魔法の使い手として知られていた。彼の手記によると同じく皇族のマルド=ギール仲が良かったらしい
フィニーが帝国の図書館で見つけた情報にヴァルステリアとカルム皇子の恋模様があった
デナント卿とシスターエルの会話によるとすでに故人のようだが、500年前の回想にてマルド=ギールの兄(フィニーにとっては父方の伯父)ということが判明した
補足の説明によると、一番上の兄『マルクス』2番目の兄『ガレス』3番目の兄『カルム』4番目が『マルド・ギール』の兄弟であり、今の皇族の直系の先祖はマルクスにあたるらしい
同じ時代にいたデナント卿によると、とにかくモテたが押しに弱かったらしい。デナント卿が集めている皇帝の一族がばらまいた血族はマルド=ギールではなく、彼の子孫だそうだ
アンゼリカ=アドラー
ルナ、デナント卿、シスターエルの妹で、フィニーの叔母。光陣の大刻印を持ち、魔法学園の学長兼アドラー領の領主。デナント卿とは交流があったが、フィニーが姪であることは知らされてなかったらしい。
現在の身体はスリアの姉メリアのもの。10年前にメリアを王国の第2王子から守ろうとした際、襲撃を受け瀕死の重傷を負い、同時に殺害されてしまったメリアの身体に寄生して生き長らえていた。第2王子達襲撃者は証拠を残しておらず、アンゼリカが生きていることは伝わってたようだが、気にも留めていないらしい。
補足の説明によると、彼女は何代も前のアドラー領の領主と結婚しており、夫から学校を見守って欲しいとの遺言を受けそれを守っていた。子孫も普通にいるが、襲撃があった事を警戒して領主には据えていない

[編集] 他生徒の関係者

クラウスの兄
クレストリア領の次期当主
クラウス曰くすごいやつで、武術の達人、魔法もそこそこ出来て、その上人格面もよく憧れだった。クラウスは彼の力になるべく女好きのフリをして情報収集を行っていた。
ミルス=クロウズ
ザルグの母で大陸歴1341年10月の時点で38歳、フィニーはザルグとともに婚約の挨拶をしている。体が弱いようで、フィニーがクロウズ領に来た際は寝室にいることが多い。ただし本人はひ孫が見れるくらいには生きていたいらしい。
ザルグによると宗教戦争の後、クロウズ家の建て直しを図るため、ザルグとリンナの婚姻を考えたが、リンナの兄が変死したことで次期当主となりその話は破談となった。
リンナが3歳の時出会ったザルグ?から聞いたところ、アリスとともに、新興宗教のメンバーの実験材料にされたらしいが、フィニーは両人が別人とは思えず、そのザルグのほうが別人だと疑っている。
アリス=クロウズ
ザルグの双子の妹で騎士学校の生徒。ただし本人曰く騎士になるつもりはない。武術レベルは3月の時点で剣LV12槍LV10弓LV3である。クラウス曰く会うのが楽しみなぐらい美人
引きこもりの兄に対し優秀な妹とスリアは聞いていたが、貴族の格に関わる刻印がなく、「武道の腕前を磨くのは大好き!勉強嫌い!」と語るぐらいあって、実技100点なのに対し筆記は0点である。
兄を好いているらしく、大陸歴1340年8月クロウズ領にザルグと一緒に来たフィニーとは最初良くない関係だったが、勝負を通してフィニーお姉さまと呼ぶまでに仲良くなった。ただし、ザルグが求婚したと知った際には取り乱し、結婚の延期をかけた決闘をした。結果フィニーが思いを伝えたことで認めることとなった。
レイン、スリア、クラウスとは顔見知りらしい。ただしレインが言うにはちゃんと顔を合わせるのは3年ぶりくらいとのこと
テスラの母
クレストリア領ヴェルジュの街で料理屋リイチを営業しており、3階には宿屋スペースもあり、フィニーはそこに泊まった。海鮮は一級品でテスラ曰く領主さま(クラウスの父)たちにも人気がある。
テスラの父が軍の仕事で帰ってこないことを不満に思っている様子。息子にはテスラのほかに師団長のグラーフもいる。
グラーフ=フォンド
テスラの兄で王国騎士団第17師団長

フィニーの2年生の最終試験で模擬試合をしたが、フィニーにゼロア級を使われ敗北し、テスラ曰くものすごくへこんでたらしい

ティガ=ベルウォール
現ベルウォール家の当主であり、レインの父親。フィニーは優しそうに見える言っているが、レイン曰く見た目だけ。
大陸歴1340年の夏にレインが里帰りした際には実技試験でやらかしたことで説教している。フィニーには実力を計るため、敵にならないか確認するため、戦闘訓練を行っている。64人抜きという結果を受けレインに相応しい認め、フィニーの感情で魔法の力が変わる『仁』の刻印の危険性を説明し、レインにしっかりと導くように忠告している。なお、この時フィニーの刻印が左目にあることを知らせている。
大陸歴1341年の夏にレインがフィニーと帰省した際には、すでにフィニーがマルド・ギールの血族と伝わっており2人に会おうとしなかった。この時帝国で会議をしていることになっており、レインは、おそらく普通選挙制度についての講習だと推測している。
ベルウォール家は一番発言力のある大貴族で、特に王家から厚い信頼もあり、王族存続派として4大貴族に次ぐクレストリア家も追従させるため、レインとクラウスを婚約させた。
オラク=ディレイ
スリアの兄
領主の家で出した料理はフィニー曰く絶品で、この領地の料理人は王国でも屈指の腕前と語っている。スリアもクレストリア領の海鮮料理といい勝負と言っている。
訓練場でフィニーは素晴らしい腕前と理解し刀術の参考にしていた。
スリア曰くヴァルキュリア教の信徒とのこと
以前シャレスト家の長女と婚約があったが、結局のところ家の格差などもあり、止まっている状態
メリア=ディレイ
スリアの姉。刻印こそないが魔力はあり10年前は魔法学園の生徒だった。
作者によるとスリアはお姉ちゃんっ子で、掛け算趣味も姉の影響らしい。
10年前魔法学園で行方不明となりスリアは彼女を探していた。
フィニー達との調査の結果、当時第2王子に見初められていたが、彼の悪評を鑑みてそれを断ったことで、怒り狂った第2王子に殺されたことが判明した。現在身体はメリアを庇ったことで同時に襲撃を受け、瀕死となったアンゼリカ学長が借りている。
ケラス
公国レンスター家の北部【魔の森】の奥にある密偵の一族フウガの族長で、ナンナの父
今年の夏に帰省した時は2年ぶりの再会だったらしい。初日はザルギアの父と話していて会えなかった
フウガの本来の仕事は潜入、偵察がメインとのこと
ヴィガルド、リオン、ファディウス
ガレスの父(皇帝)、兄(皇太子)、叔父(皇位継承権2位)にあたる人物で皇族
ガレス曰く身内びいきもあるかもしれないが、全員素晴らしい人間。フィニーでも、悪いうわさなんて全然聞かない
リオンはカーネルの憧れの存在であり、カーネルの姉ロールと結婚している
ザルギアの父
今年の夏にフウガ族長と話をしていた
エラーディア領は昔は綺麗な自然に恵まれたいい領土だったが、美しい自然の破壊が進んでいると問題視されてる帝国の中でも一番開発していた。去年の遠足前からエラーディア領で妙な事件が起きており、遠足中に魔法学園の生徒が何者かに襲撃された
カーネル=マークロイド
アイリスの兄。詳細は魔法学園の教師 カーネル=マークロイドにて
ロール
アイリスの姉で、ガレスの兄リオンの妻。順当にいけば次期皇后
昔きょうだい3人でマークロイドの街でかき氷を食べに行ったことがある
アイリスリア王国国王、1番目の王子、王女
アルフォ国王は病で急死した前王のいとこだが、女好きのろくでもない人間だったらしい。孫にあたるヴェルドは悪い人間と違うとは思うと答えてはいるが、29の貴族をまとめることができるほどのカリスマはなく凡庸。そのため貴族の権力がだんだんと強まって、各領地での裁量が変わってきたため、横暴な行為を繰り返す貴族が増えた。その結果危機感を抱いた貴族たち、反体制派(シルキード領、クロウズ領、フェルキ領、ザール領)を生むこととなった。
1番目の王子(43)は10年前くらい前に息子(アルス王子)が事故に巻き込まれたことが原因で、病に倒れている。その死んだはずの息子が実はヴェルドらしい
3番目の王女(29)はザルグ曰く悪い人ではなさそうだけれど、少なくとも王様は荷が重いらしい
アリエース王子
アイリスリア王国の2番目の王子
最初に彼の存在を語ったのはアリス。最低で、野獣みたいなものらしい。
ザルグには最悪、王国で一番戦力があるフィニーをクロウズ領からとってくると危惧されていた。
実はアルス王子の事故は彼の仕業であった。ザール領領主ランドの口から、彼が王国による世界の統一を望んでいると語られ、そのために魔族を利用することを考えたことが判明した。用いた召喚魔法は不十分だったらしいが、呼びだした魔族を反体制派の領地に送り、結果、シルキード領ではリンナの長兄が犠牲になり、フェルキ領ではサラの両親の犠牲とアルス王子を死なせたとしてお家断絶になった。補足の説明によると、ルナ達の召喚にはリンナの次兄も生贄にしたらしい
10年前には魔族の王と協力して、スリアの姉のメリアを殺害しており、同時にアンゼリカ学長を瀕死の重傷に負いこんでいたことも、学長の口から語られている

[編集] 魔族

ギース
魔族の王で、フィニーの従兄。先王で父のトレズガーの唯一の息子で、父トレズガーは長男トレズガー、長女シスターエル、次男デナント卿、四女ルナのきょうだいだったらしい
フォスターをリンナに漂着させ、記憶の操作を行うように言った。フォスターはこの凶行をこの世界の王に諭されたのだと考えている
10年前にはアリエース王子に協力し、叔母であるアンゼリカ学長を襲撃している。当時まっとうに戦えば五分五分の相手だったらしいが、アンゼリカはメリアを守りながら戦っていたため彼女に勝利している。
フォスター
憑依タイプの魔族で、大陸歴1327年リンナに憑依させられた。フィニー母であるルナのことは知ってるようだ。
魔族の王ギースにリンナの記憶の操作を行うように言われたようで、リンナに風の刻印を持つザルグの記憶があるのはそのため。記憶に違和感を持たぬよう、ある程度調整もしていたらしい。ただし憑依させられたことは本人も腑に落ちていなかったようで、ギースの考えには謎が残っている。
リンナから離れると、憑依できる身体がなければ死んでしまうが、罪の意識はあり、死んでも後悔はないとのこと
後にフィニーが研究を手伝う際、フロウに相談したことと、フォンの協力があったことで魔道具の応用で作った体を与えられている。さらにその後、フィニー達が卒業した後フロウと共に魔界に行く予定であると明かした。
シスターエル
ギースの叔母。詳細はフィニーの関係者 シスターエルにて
デナント卿
ギースの叔父。詳細はフィニーの関係者 デナント卿にて
ルナ
ギースの叔母。詳細はフィニーの関係者 ルナにて
ルナの部下
ザルグに化けていたところをフィニーに見つかり、マルドギールの名を叫び逃亡した
補足の説明によると、上の行動は『魔族の気配を感じたためフィニーを尾行』⇒『フィニーにやられる』⇒『魔力と声でごまかして、姿をくらます』⇒『魔族の元に帰る』という経緯だったらしい。
レリアオンに憑依している魔族
クロウズ家の執事レリアオンに憑依し、盗賊行為をしていた。フィニー達に追いつめられたが、巨大魔法の使い手で、一瞬の隙をつきこれを使って逃亡した。
フィニー達がクロウズ家の地下を調査した際、召喚魔法の陣が見つかり、大陸歴1326年頃レリアオンを依代に召喚された一体の魔族であることが判明した。なお、この時逃亡した魔族も一体いるが、補足説明によるとそれがルナらしい
後に街の裏路地にてフィニー達に捕捉されたが、その時には意識がほとんどなくなっており、憑依していたレオリアンもすでに死んでいた。そのため本人の希望もあり止めを刺された。
最期に語った内容はルナとともにこちらに召喚されたこと、ルナの妹であるローレと似たような感覚の人達に呼びだされたこと、生前のレオリアンからザルグへの謝罪についてだった。
アンゼリカ=アドラー
ギースの叔母。詳細はフィニーの関係者 アンゼリカ・アドラーにて

[編集] 国家

地図 画像クリックで拡大
アイリスア王国 
大陸南部に存在する国。多数の貴族が治めているが、腐敗した貴族の圧政が問題視されることも見受けられる。
また、16年前の宗教戦争と呼ばれる内乱もあり、情勢は少し不安定な面がある。
魔法学園もここに存在し、魔動機の開発、研究所もここにある。
王家には3人の跡継ぎ候補がいるが、3人とも問題があるといわれ、将来が不安。
現在、ゼルドが王政をひっくり返す計画をしている
王国には29の貴族があり(フェルキ家が没落する前は30)、王族貴族の発言力は王家本家>ベルウォール家>その他大貴族≧分家>中貴族>小貴族>クロウズ領の順である
テラステア帝国
大陸北部に存在する国。王国と同じように、多くの貴族によって統治されている。しかし、皇帝の一族が強い力をもつため、貴族の腐敗は問題視されていない。
芸術やファッション、音楽などの名門が多くあり、煌びやかな雰囲気である。が大陸中央の山に唯一行き来しやすいためか、賊が多発している側面もある。
魔動機の特許を管理はこの国が行っており、大陸一の宗教であるヴァルキュリア教の総本山もここである。
メルトギア公国
大陸東に存在する国。5貴族と呼ばれる大貴族(マルトリッツ、フォンティ、レンスター、ユーグ、アレキス)と、メーデル家という貴族が統治している国。ただし、統治は比較的ゆるく、商売などが活発な国でもある。
騎士学園が存在するのはここであり、この国の出身者で魔法学園に進学するものは少ない。
騎士道を重視する判明、魔法に関してはあまり関心がない。
元はメーデル領を王とした国であったが、王国、帝国を見たうえで、メルトギア公女が公国の設立に貢献した5つの貴族へ領地を与え、それぞれの意見を考えた国になった。
ジエルグ
大陸から少し離れたところにある謎の国。内情は不明だが、なかなか荒れている様子。刀といった剣に似たような武器が主軸で、侍と呼ばれる恐ろしい戦士たちが多く存在するとか…亡:命者も何人かいるが、非常に海が荒れており、国から出るだけでも危険。
内部の政治抗争に巻き込まれ、10年近く前に行方不明になった幼い王子がいる

[編集] 用語とか

刻印
魔法の才能に恵まれた人間に現れる身体的特徴。
刻印は70%以上、大刻印は80%以上の才能があると発現すると言われている。刻印も3種類存在し、刃、仁、陣の3種類がある。
刃を持っている場合は、武器の扱いに長け、斬撃の魔法が協力になる。
仁を持っている場合は、回復力が高まり、感情が魔法に影響します。
陣を持っている場合は、大局観に優れるようになり、物覚えがよくなります。
かつては、希望、勇気、力の3種類の刻印しかなかったようです。
魔動機
この世界の機械的な物。電気の代わりに魔力で動きます。大陸中央にある『ネビラル山』から採掘される魔石を加工してバッテリーなどの代わりになっている。
ただし、戦車や銃のような武器を作ることは禁止されています。また、かなり高価な物もあるため、移動には馬などが使われることも…
同性婚
ありまぁす!そういえiPS魔法とか言うもので同性でも子供ができるそうです(ありません)
魔法様式
火⇒ファイア、フレイム
水⇒ウォルタ、アクリア
風⇒ウィンド、ウイルド
土⇒グラン、グランド

【特殊】

氷⇒ブリザー、ブリザード
闇⇒ルナ
光⇒ルーチェ
武器系:ソルド⇒剣強化 ランズ⇒槍強化 サイス⇒斧強化 ボウ⇒矢を作り出す アムド⇒小手などの形になる
特性系:リン⇒丸の形に ゼオ⇒圧力 ウォルド⇒盾
形系:ジェイルロック⇒檻の形 レン⇒複製 ディス⇒何かの具現化(ソルディスで剣の具現化)フェイ⇒高速攻撃
希少魔法:リ⇒反射  レイド⇒斬撃 ブロ⇒打撃 バブリア⇒泡 ラス⇒爆発 ディア⇒消滅
融合魔法:シュア⇒嵐、時化 ズグ⇒毒関係 プラ⇒植物 マグ⇒溶岩 ガズ⇒火風 スプ(温泉)
魔法ランク
初級魔法⇒デリオ(中級)⇒ギラファ(上級)⇒ゼロア(最上級)⇒マリス(最大魔法)⇒ディヴェルド(最高位魔法)
ゼノ(特定の人間が使うとゼロア以上。それ以外であればデリオ以上ギラファ以下)

実は、魔法の才能の最大レベルで使えるランクが変わる。70以下だとギラファが、70~85だとゼロアが、86~95だとマリスが最大級となる。フィニーは才能96のためさらにもう1つ上のランクも使えるらしい。マリス級に届くのは他に水(氷)魔法の才能が95のレイン、風魔法の才能が90のガレス、土魔法の才能が93のゼルドの3人である

魅力値
あくまで見た目の美醜とかの話ではなく、見た目だけならみんな可愛かったり、イケメン。ただし、ドルーガ以外。
ものすごくざっくりだと他の子はこんな感じらしい(なお、フィニーの初期値は7/100)

【A組】

クラウス 85/100 ザルグ 60/100 テスラ 70/100
レイン 95/100 スリア 80/100 ナンナ 90/100

【B組】

ガレス 95/100 ドルーガ 55/100 ザルギア
エル 85/100 クーリア 90/100 アイリス 眼鏡なし:93/100 眼鏡アリ80/100

【C組】

ゼルド 80/100 ヴェルド 95/100 リュウ 80/100
アクエリア 65/100 リンナ 85/100 サラ 80/100
各国の警備等
各国ともに共通しているのは警察と騎士団
警察は、基本的に一般的な治安部隊で、こちらは通報などによる犯罪者の確保などに使われる
騎士団は、領地内における貴族の治安部隊
一般的には平民が困ったときは警察に頼るしかない。その上で、警察で対応できないような存在が出てくるのであれば、領主の元に連絡が行き、騎士団が動く。突然現れた謎の化け物などに対応できないのが問題点

警察の強さ(ただし平均的なもので個人差はある)

魔法が使える場合
魔力:300 得意属性:250 その他属性200
武器を使える場合
対応した武器:LV10
騎士団だとその1.5倍程度はある
学校制度
小学校:いろいろな面で見てもある程度知識がないと困る、と言う3国の考え方から、孤児院育ちでも普通に行ける。ただしガレスみたいに行っていない生徒もいる
中学校、専門学校、教会の私塾:小学校を卒業した生徒が勉強する。孤児院育ちだとだいたいは中学校、専門学校には行かない
魔法学園:大陸歴776年に王国に設立された。3年間学ぶことになるが、基本他学年との接触はない。フィニーはデナント卿の推薦で入学できた
騎士学校:大陸歴776年に公国に設立された。魔法学園とは例年仲が悪いが交流会もある。全生徒が騎士になるわけではなく、アリスは淑女のたしなみの一つとのこと
大学院:帝国や帝都にある、学術をより深める学校。入学は16歳からで、卒業までの年数は不明。フォンは3年くらいで卒業した

判明している生徒の学歴

フィニー マークロイド領小学校卒業⇒マーク・エル私塾在学3年⇒アドラー領魔法学園在学中
ザルグ クロウズ領小学校中退⇒アドラー領魔法学園在学中
ナンナ フウガ領小学園卒業⇒ユーグ領メイド等専門学校卒⇒メイド歴1年⇒アドラー領魔法学園在学中

[編集] 大陸歴年表

大陸歴元年 戦乱にあれていた大陸を3人のきょうだいが平定し、それぞれが国(アイリスア王国、テラステア帝国、メルトギア公国)を建国した。
大陸歴元~350年間 3つの国はそれぞれ大きな争いもなく、発展していく
大陸歴350年 テラステア帝国を謎の軍勢(伝承では『魔物』)が襲撃。紅蓮の魔王とまで言われた当時の帝国皇帝ボルザークは圧倒的な魔物の数に押されて戦死するも、当時の王国国王、ロドリゴ王が帝国の残存勢力と手を組み、被害を出しながらも魔物たちを撃退した。帝位はボルザーク王の姪であるバルフィンナ王女が継ぐ。なお、それ以来1000年近く魔物は現れていない
大陸歴500年 魔道具の考案に伴い、それの権利を求めて【3国戦争】と呼ばれる戦争が起きる。結果、3国ともに疲弊し泥沼化したころ、後に『女神』ヴァルステリアと呼ばれることになる女性が3国に戦争の無常さを説き、数年後戦争は収束した。同時に彼女は、魔道具の管理を含めた施設も設立したと言われる。
大陸歴500~776年間 3か国をつなげる魔導列車『エンドリア』が発案されたが、大量の魔力をどうするかといった点で計画は頓挫
大陸歴776年 王国に魔法学校と、公国に騎士学校が設立。それから600年近く各国は大きな争いはなく、比較的平和に時が流れた
大陸歴1326年 フィニーが教会の前に捨てられる。王国では総勢で異教徒討伐に挑んだことで宗教戦争と呼ばれる内乱が勃発。その新興宗教総本山がクロウズ領にあったことでクロウズ家自体が乗っ取られかけた結果、その対応に追われたクロウズ領は荒れ果て、王都を守る役割からも外されることとなる
大陸歴1330年頃 王国第一王子の子が事故死。
大陸歴1331年 フェルキ家が没落し王国の貴族の数が29に
大陸歴1340年 フィニーが魔法学園に入学

[編集] 現行スレ

[編集] 過去スレ